大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「会いたい」というエネルギー

   

卒業式で「じゃ、またね」と別れて、
それきり一度も会っていない友達、何人くらいいますか?

 

毎日、学校で、なんの積極的な努力をしなくても、
顔を合わせることが自然であった同い年の仲間たち。

 

しかし、ひとたび、学校という「場」を離れると、
連絡を取ったり、スケジュールを合わせたり、待ち合わせをしたり・・・

ただ「顔をあわせる」、「おしゃべりをする」ということが、
どれほどエネルギーのいることなのか、はじめて気づきます。

 

そうしたエネルギーをつかうことと、
その「誰か」と会うことによって自分が得られる「何か」を天秤にかけ、
会うことで得られるバランスが勝ったときに、
人は、その「誰か」と積極的に会う機会をつくるものです。

 

「何か」はいわゆる物質的な「メリット」とは限りません。

一緒にいることで、幸せな気分になったり、
おしゃべりしてスッキリしたり、
なんだか元気をもらったり。。。

それらも充分、相手からもらう「何か」です。

 

 

「またね」と言ったきり会えない「誰か」は、
自分にそんな「何か」を見出していないのかもしれないし、

自分自身が、その「誰か」に「何か」を見出せないのかもしれない。

 

人間関係は、広い意味で、Give and Take です。

 

 

そうやって、10年、20年経って、一度も会っていない誰かを思うほどに、

ずっとずっと、会い続けてくれる友たちや、

たった今、そばにいて、
自分に会うための努力をし続けてくれる人たちに、
心からの感謝の念を抱きます。

 

人生でどれだけの多くの人たちと出会っても、
大切にできる人数は限られています。

友と呼べる人の数は、おそらくそう簡単には増えないでしょう。

 

ブログを通じて、私の文章を読んでくれるみなさんも同じです。

これだけの情報があふれている世の中で、
毎日のように私のブログにアクセスし、
文章を読む時間をつくってくれ、
そして「いいね」をクリックしてくれる。

ときには、コメントまで残してくれる。

 

こんなにありがたいことはありません。

 

こんな私や、
私が書き綴る世界のために、
エネルギーをつかってくれる人たちが、
これほどたくさんいることは、本当に心の支えです。

そんな人たちに、少しでも、たくさんの「何か」を
与えられる存在でいたいと、心から思うのです。

いつもありがとう。

 

6857933_s

 

 - Life

Comment

  1. yuki より:

    漂流中に偶然この記事に流れ着きました。

    10年20年たっても趣味のような舞台に足を運び、こちらからも運ぶ……そんな友人がひとりいることが改めてとてもありがたいことだと思い不覚にもうるっときました。

    他の記事も少しずつ読ませていただきます。

  2. otsukimisumi より:

    >yukiさん
    ありがとうございます。
    こうしたコメントをいただくこと、とても嬉しく思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「なに、夢みたいなこと言ってるの!?」

何年か前。 知人の家に幾人かの人と集い、 他愛もない話をしていたときのこと。 誰 …

夢中になれる音楽は「一生の宝」

少し前のこと、バンド仲間で、キーボーディストの友人に、 「若い頃、影響を受けた音 …

人生のベストタイミングは「やりたい」「やらなくちゃ」と、ひらめいた時

“Never too late”は私の信条のひとつでもあ …

おとなってのは「なんか」言うもんなんです。

自分がなかなかにナイス・エイジなおとなになって、しみじみ、 おとなってのは「なん …

「自分の名前」と、今一度向き合う。

作詞者は曲のタイトルを。 編集者は、本のタイトルを。 起業家は会社名を。 そして …

「らしくない」を排除すれば、「らしい」が見つかる

情報がどんどん入って来るこの時代に、 自分のアイデンティティ、つまり個性を見出す …

自分自身を幸せにすることなんて、 本当はめちゃくちゃシンプルなことなんだ。

ロンドンに長期滞在したい、という思いは、 もう何年も前からあります。 最低でも半 …

イケてないプレイヤーは弾きすぎる。

イケてないプレイヤーは弾きすぎる。 よく言われることばです。 例えば、 ソロを弾 …

ひっぱたかれても納得できないことはやらない!

  まだ幼稚園に通っていた頃。 つまりとんでもなく昔のお話ですが。 & …

オレの方がすごい?「優越感シンドローム」

ある程度キャリアのあるプロフェッショナルなら、 誰しも、自分自身の仕事や能力にプ …