大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

プロを目指す人のためのボイス&ボーカルトレーナーという仕事

      2015/05/08

プロを目指す人のボイストレーナー、ボーカルトレーナーという仕事は、
山岳ガイドのような仕事です。

道行く人を呼び止めて、「ガイドしましょうか?」なんて持ちかけない。
ガイドを必要な人が、必要な時にやってくるのを、ただ黙って、じっと待つ。
そうやって耐えるのも仕事のうちです。

もちろん、「谷川岳登りたいんですけど・・・」という人に、
「いやいや、やっぱ富士山のが派手でいいじゃないんですか〜?」
なんて言わないし、まして、
「だったらロープウェイでちょろっと登れる山の方が楽でいいじゃないですか?
空き時間で温泉楽しめますし〜♪」
なんてことも言いません。

自分のゴールは自分で見つける。
旅のスタイルも自分が決める。
結局トレーナーという仕事の本質は、そうやって自分の意志で進もうとする人の、
道しるべになったり、背中を押したりすることなのです。

登山にはそれなりの覚悟や準備が必要で、
ゴールを見極めずに、闇雲に歩き回れば、どんな事故に巻き込まれるかわからない。
気楽に「ちょっと登ってかな〜い?」ってなわけにはいきません。

もちろん、悲観的なことも言いません。
どんなに準備に時間がかかっても、諦めなければ、一所懸命登り続ければ、
いつかゴールにたどり着ける。
そんな希望はボーカリストのみならず、人生に必要なことだと信じているからです。

別の言い方をすれば、
トレーナーが自分のゴールを決めてくれるとか、
車に乗せて、見たこともない素敵な場所へ連れて行ってくれる、
なんて幻想を抱いてはだめなんです。
旅行会社のツアコンを探しているような人は、プロは向かないってことですね。

「本気で登る気あるんですか?」
「今のあなたのままじゃ無理です!」
・・・なんてことを平気で言うのも山岳ガイドの仕事のうち。愛情のうちです。

新年度がスタートするので。
心を引き締めるべく書きました。

山岳ガイドなんで、自分にも確固たる自信と体力が必要だと自負するためにも。

So?
Are you ready,boys and girls?

22783955_s

 

 - ボイストレーナーという仕事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ボイトレ七つ道具、公開(^^)

最近、講演やセミナーをするときだけでなく、通常のボイトレをするときにも、 声のし …

「無神経」も「曖昧」もダメなんです。

「MISUMIってさぁ、お勉強は出来るけど、頭悪いじゃない? あ・・・ごめんね。 …

「先生」と呼ばれたら、自分の胸に問うべき質問。

人には誰にも、その人特有の成長のスピードというものがあります。   小 …

勇気を出して、「酷いことを言う人」になる。

言ってあげた方がその人のためとわかっているけれど、 言えば必ず、相手はショックを …

「そこに愛はあるか?」

同じ音楽家の先輩として、 生徒たちを指導しながら、自分自身の過去を追体験すること …

「自分だったらどうか」という視点で考える

ボーカルやボイトレを教えているアーティスト、その卵たち、 そして、音大の学生たち …

「教える者」のゴール

生まれて初めて「新入生」に会ったときのことを今でもハッキリと覚えています。 &n …

「いい声が出ない」には、いつだって理由がある。

歌うというのは、カラダの中と外を繋げる作業。 少しスピリチュアルな言い方をすれば …

「やる気」の不在

おとなになると、人は、 時に義務感で、 時に人間関係を壊したくなくて、 時に損得 …

音楽には、優劣も卑賤も上下も、な〜んにもない!

ものすごく当たり前のことなんだけど、時々、ちゃんと確認しておきたいこと。 &nb …