大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

この子、「化ける」かもしれません。

      2016/10/27

歌が本格的にお仕事になる前、
CMや映画などの音楽プロデューサーのアシスタントをしていた頃のことです。

山川直人監督の『SO WHAT』という映画で、
若者たちの演奏シーンの指導を担当するように言われました。

 

お仕事の内容など、書き始めたら、やたら長くなっちゃったので、
詳しくはメルマガでご紹介するとして、

 

その時の準主役に、この映画でデビューした東幹久くんがいました。

 

ドラマーの役だった彼は、
プライベートでもドラムの先生について、練習に励み、

また、リハーサル中も撮影中も、
誰よりも熱心に、誰よりもこだわって、
そして、誰よりも悔しがりながらドラムを叩いていました。

そのときの真剣で燃えるような顔つきが実に印象的です。

同行していたスタッフさんが言いました。

「東は、渋谷の不良だったんですよ。すごく光ってて、スカウトして・・・。
なんか、化けるんじゃないかって思ってるんです」

 

「化ける」とは、俳優や芸能人などが、
思いがけなく上達したり、有名になったりすること。

 

な〜んか冴えない子だったのに、突然、光り出した。

地味な子だったのに、急にまわりを圧倒するほど綺麗になった。

誰もライバル視していなかったのに、
急激にカッコよくなって、人の目を釘付けにするようになった。。。

 

芸能人でもミュージシャンでも、デビュー当時はルーキー感満載。

今ひとつ垢抜けなかったり、
歌も演奏もそこそこだったり。

 

それが、
例えば重要な役がついたり、
ファンがたくさんついて、追いかけられるようになったりして、
本人の意識や状況が変わってくると、いきなり、どかんと化ける

 

事務所の人たちは、毎日のように、血眼になって、
可能性のある子たちを探しているわけですが、

 

容姿端麗、歌唱力抜群、パフォーマンス超華麗という歌手だったのに、
結局あまり活躍できないまま、消えてしまったという例も、
それはもう無数にあるわけで。

 

今、どうかということよりも、
化けるか化けないか・・・

やはり「運」の要素は否定できないし、見極めは実に難しいところでしょう。

 

 

私自身も、「化けちゃった」若者に、何度か遭遇しています。

 

 

あくまでも私の感覚的なところで言えば・・・

事務所のあるなし、デビューした、しないに関わらず、
突然、どかんと光り出した、そんな子たちは、
無視できない「エネルギーの源」のようなものを持っている。

 

まだその源からはエネルギーが出ていないのだけど、
もちろん、光も発していないのだけど、

その源の存在を感じられる、なにか、まっすぐな、
目をそらせない、静かなパワーのようなものがある。

 

その源を輝きに変えられるかどうかは、
その人自身や周囲、そして運にかかっているのかもしれません。

 

 

東幹久くんは、その後、「大化け」して、すっかり有名人になりました。

 

私は撮影以来、一度もお目にかかっていませんが、
あの時の彼の鋭い目は、今でもひっかかります。

51371417_s

 

 

明日(25日)13時頃、久々に発行する予定のメルマガno.119では、
ここでは書けない映画撮影現場でのお話しちゃおうと思います。

バックナンバーも読めますので、よろしければ是非こちらから登録してくださいね。

 - 夢を叶える, 音楽業界・お金の話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「憧れのあの人は持っているのに、私は持っていないものリスト」

音楽に目覚め、 「いつかビートルズになる!」と頭の悪いことを真剣に夢見ていた中学 …

とにかく歌う。毎日歌う。それを続ける。

生まれて初めて包丁を持つときは誰だって、 なんのことはない作業、 例えば、単に「 …

「バンマス・マニュアル」〜ライブ編〜

メンバーがあつまったら、さっさとライブを決める。 いや、なんなら、メンバーは集ま …

ウサギとカメはどっちがすごい?

私の生涯の夢のひとつに、 「徒競走で旗の下に座りたい」というのがあります。 笑え …

「ひどいことを言われた」と感じたときこそがチャンス

20代の前半で、当時10才前後先輩だったプロフェッショナルの先輩たちに、 それは …

「ギャラ、おいくらですか?」

「ちなみに、MISUMIさん、おいくらですか?」 プロとして仕事をするようになっ …

文化は「オタク」と「変態」、そして「ドM」がつくる

忙しがる人は好きじゃないのですが、 最近、自分もそんな、自分が好きじゃない類の人 …

「本気で好き」ということ。

「歌が好きなんです。 本気でシンガーになりたいんです。」 そんなことばを聞くたび …

”想い”を形にする

ゆりかもめに揺られてお台場をながめるとき、 いつも、いつも、心によぎる思いがあり …

絶望的に長い年月、積み重ねる「少しずつ」

こどもの頃好きだった忍者漫画で、 忍者の家に生まれたこどもは、ごく小さな頃から、 …