大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「やりたい」と「やる気がある」は月とスッポンほど違うんだ。

   

先日、著名なアーティストの方と、
その方のお子さんが、
「音楽に興味があると言っているんだけど・・・」というお話をしていて、

「あいつが『やりたい』というのは百も承知です。
でもね、『やる気』が伝わってこない。
それじゃ、やっぱり援助しようという気持ちにはなれないんですよ。」

 

さすが一流の方は、おっしゃることが違うと、
しみじみ感動したものです。

 

世の中に、「歌手になりたい」、「ミュージシャンになりたい」、
なんて人は、もう、おそらく、石を投げたら当たるくらいいます。

そんな人たちのほとんどがなにをしているかといえば、

 

毎日、テレビを見て、ネットを見て、
「あぁ、私も歌手になりたいわ〜」と思う。

ときどき、カラオケにでも行って、
一所懸命歌って、
「あぁ、やっぱり、私、歌手になりたいんだわ〜」と確認する。

それで終わりです。

まぁ、「歌手になりたい」と言う人の8割くらいがそんな感じです。

 

ミュージシャンも同じです。

「ミュージシャンってカッコいいなぁ」

「ミュージシャンになりたいなぁ。」

そんな風に思う人の8割くらいは、
音楽聴いて、
いい気分になって、
楽器持つマネして、エア・ヴォーカルとかして、
「あぁ、ミュージシャンに・・・」と思っている。

 

残りの2割が、学校行くなり、ライブやるなりして、
何かしらの行動に出るとはいえ、

まぁ、その中のまた2割くらいしか、
人に伝わる、本当の「やる気」を示せる人はいないものです。

 

「やりたい」と「やる気がある」は、もう、全然、別物です。

 

たとえば、「車が欲しいなぁ」と思う。

 

雑誌を眺める。
ネットを眺める。

あぁ、この車を持ってたらどんなに素敵だろうなぁと想像する。

時々、お店に行って、試乗したりする。
写真まで撮ったりする。
なにかが欲しいと思えば、誰だって、そのくらいのことはします。

ところがね、
実際に買う気のある人は、もう一歩前に進みます。

値段を調べる。
自分の財政状況と相談する。
車庫を確保できるかどうか、周辺を調べる。
どこのお店で買うのが一番効率がいいか、調べる・・・・・。

そして、書類つくってもらって、
印鑑押して、買うんです。

 

つまり、「やる気」があれば、人は行動するんです。

どうやったら、それが可能になるかを、必死に必死に考える。
そして、必死に必死に、行動する。

多少的が外れていようが、ちょっと傍目にうざかろうが関係ない。

人には熱意しか伝わらないんです。

 

「こどもの頃から私は本当に歌手になりたくて、
でも、親に反対されて、なれなかったんです。」

「ライブやりたいんですけど、どうやってやったらいいか、わからないんです。」

「プロになりたいんですけど、練習が続かないんです。」

 

 

誰がなんと言おうとも、
どれだけ人に邪魔されようとも、
やる気さえあれば、不可能なことなんかなんにもない。

言い訳も、
自己憐憫も、
人のせいにするのも、
そろそろやめなくちゃいけない時期。

 

こんな時代。(いやいや、実は時代さえ関係ない)

本気で挑みかかれば、
情報はどんどん自分のアンテナに向かって集まってくる。

集まってこない情報は、
自分から行って、拾い集める。

がんばれないことは向いてない。

あきらめられるなら、最初からやめた方がいい。

 

人は、本気でやりたいと思ったことは、
絶対やれるように、工夫と努力と忍耐を重ねるものです。

そういう覚悟を「やる気」と言うのです。

大人になると、誰も教えてくれない、
だけど、人生の大事なこと。

 

自分はそれを、ただ「やりたい」のか、それとも、「やる気」なのか?

 

もう一回、自分の胸に問いただしてみたい、
大事な大事なことばです。

15264032 - blonde girl playing electric guitar

コアでマニアックなネタをお届けする、ヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』
購読はこちらから。

 

 

 - 夢を叶える

  関連記事

「学び」とは、夢を叶えるためにあるのだ。

「先生はさぁ、こどもの頃、何になりたかった? パイロット〜?それとも、プロ野球選 …

この子、「化ける」かもしれません。

歌が本格的にお仕事になる前、 CMや映画などの音楽プロデューサーのアシスタントを …

悪口や嘲笑で人生を無駄遣いするな。

あなたのまわりには、「こいつ、すごいなー」と思える人、 何人くらいいるでしょうか …

「たった5分」に情熱を傾けるのは不毛ですか?

高校時代のお話です。 文化祭前に来る日も来る日も練習に明け暮れる私に、 同級生の …

「打たれ強い人」になる唯一の方法

世の中には先天的に打たれ強い人というのがいるものです。   ガラスのハ …

完成しない作品は、「作品」ではない

ずいぶん昔。 ユーミンがとあるラジオ番組で、 「美大で日本画を専攻していた」とい …

「いい仲間」いますか?

近年の私しか知らない人には全く信じてもらえないようですが、 かつての私の自信のな …

「無理」って言うな!

「限界」は自分が設定するもの。   これが、かれこれ、半世紀ほど人間を …

「売れ線狙い」は劣化コピーを生む。

「これ、今、売れてるから、この路線で行こう!」 そんな風に言うおじさまたちが、一 …

テリトリーを広げよ。

学校に通うため上京してきた子たちにとって、 しばらくの間は、東京=自分の通う学校 …