大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「もっとうまくなってから」と言う『完璧主義のぐず』

      2015/12/20

バンド、どうして組まないの?

「もうちょっと、うまくなってからメンバー探そうと思って・・・」

ライブ、なんでやらないの?

「もっといい曲できてからやるつもりで・・・」
学生たちの、そんな答えを聞くたびに、私が言うセリフは決まっています。
「バンド組めるくらい、充分うまくなったとか、
ライブやレコーディングできるくらい、いい曲書けたとか、
そんな日は一生来ないのよ〜!」

「完璧主義のぐず」ということばを、どこかで読んだことがあります。

もっとうまく、完璧にやり遂げなくちゃ、
と思うばかりに、タイミングを失ってしまうタイプの「ぐず」。

慎重にやることや、完璧を目差すことがいけないと言っているのではありません。
もちろん、ひとつのことを徹底的に追求することは大切です。

でもね。
人生には「見えない締め切り」があります。

例えば、学生時代にしか使えない時間がある。
できないことがある。
仕事の片手間に、練習して、バンドくんで、曲書いて、ライブやって・・・
それがどんなに大変なことか、働きはじめてみないとわかりません。
音楽好きの仲間に囲まれている学生時代と違って、
(音楽を仕事にできるならいざしらず)
社会に出てから、ぴったり来る音楽仲間を見つけるのは、
本当に大変です。

時間を持てあましている学生時代と違って、仕事を持ったら、
そう簡単に、リハーサルやライブのためのスケジュールも取れなくなります。
モチベーションが著しく下がるメンバーもいるでしょう。
プロのミュージシャンになれば、お金になる仕事を優先させたくもなるでしょう。

思う存分練習して、バンドやって、ライブやって、
そんな楽しさを満喫できる時間は、ビックリするほど短いものです。

バンドを組もうと、メンバーを探す。

メンバー全員のスケジュールをあわせ、
候補曲を選んで、資料を配って、
スタジオを押さえて、リハーサルをする。

実際はじめてみると、これだけやるのに、
運がよくても1ヶ月近く経過するでしょう。

さらに、よほど運がよくない限り、
遅かれ早かれ、メンバーの誰それがイケてないとか、
誰それがやる気がないとか、いういざこざがはじまります。
(残念ながら、それも、バンド活動の一部です)

そこでまたメンバーを入れ替え、
スケジュールを合わせ・・・

さぁ、ライブをやろう!というところまで持っていくのには、
かなりな時間とエネルギーを費やすことになります。

『青春記念ライブ』として、
一生一回きりのライブをやりたいのなら、それでもいいでしょう。

しかし、多くの学生たちにとって、
『はじめてのライブ』がゴールではないはずです。

ライブをして、お客さんの反応を肌で感じて、
アレンジを修正をしたり、楽曲を入れ替えたり、
衣装やメイクを工夫したり、
またメンバーを変えたり・・・
そうやって、次のライブ、その次のライブへと繋げながら、
お客さんを増やすことが目的のはずです!

気がつけば1年や2年はあっという間に経ってしまうんです。

ね?はじめる前に足踏みしている場合じゃないでしょう?

まず、はじめること。
それが一番大事です!
では、具体的にどうすると、最短でライブが実現できるか?

・・・気づけば、またしても、結構、熱く語ってしまっているので、
その辺は、また明日以降、熱く語りたいと思います!(^^)

13925079_s

 - 夢を叶える

  関連記事

憧れを現実に変える力

中学に入学して、 生まれて初めて部活動というものをはじめた時、 同じ部活の高校生 …

オーディションに失敗したくらいで、いちいち落ち込んでる暇なんかないのだ。

長年業界におりますが、 いわゆる「オーディション」を受けたのは2回だけ。 2度と …

「すごいヤツ」は行動する。

「シンガーソングライターとして世の中に出ていきたいなら、 今どき、自分の録音環境 …

「あなたの勲章なんかに他人は興味ないんですよ」

かつて著者の勉強をするために、 『プロフィール講座』というセミナーに通ったことが …

心のノイズを打ち消して、ただがむしゃらに進むのだ

こんなこと、やってみたい! こんなこと、やったらどうだろう!?   そ …

「変」なのか?才能なのか?

先日、とある会社にお勤めの、 才能あふれる、知的な若者とごはんしていた時のこと。 …

パッションこそが推進力

「ボーカル、どうしてやりたいの?」 かつて教えていた音楽学校で、こんな質問をした …

未来を切り開くのは、ひらめき、学び、そして自信。

ひらめきは突然やってきます。 「あ!今、これ、やっといた方がいいわ。」 「おぉお …

アーティストたちの「本気度」

プロのアーティストや、その卵たちにとって、 もっとも大切なことは「結果を出すこと …

この子、「化ける」かもしれません。

歌が本格的にお仕事になる前、 CMや映画などの音楽プロデューサーのアシスタントを …