大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「好きだから」っていう動機が一番すごい!

   

「キミのためなら死ねる」

『愛と誠』という漫画の脇役である岩清水くんの名セリフです。

(あぁ、年がばれますかしらん。)

 

主人公の女の子が好きで好きでたまらない岩清水くん。
しかし、彼女は別の男の子が好きで・・・
そんな切ない思いが、このセリフになります。

 

結局、岩清水くんはフラれます。
それでも、彼は、「死んでもいい」と思うくらい、
主人公の女の子が好き。

もちろん、高校生という年頃もあるでしょうが、

人間にとって、「好き」というパワーは
何よりも強く、激しく、真っ直ぐなパワーなのですね。

 

 

人間は好きなことにしか、一所懸命になれない。

一所懸命できることでしか、成功しない。幸せになれない。

よしんば、多少うまく行ったとしても、
一生くすぶり続ける思いを抱いて生きるなら、

とにかく、好きでたまらないことを必死にやる人生の方がいい。

そんなことを、進路に悩む若者たちに、よく話します。

 

「死ねる」と思うくらい、好きなこと、好きな人に
出会える人は、実はなかなかいません。

 

だからこそ、
せっかく見つけた好きなことなら、

目を離さないように。

見失わないように。

 

大切にして行って欲しい。

大切にしていきたい。

 

 

好きなことを続けようとすると、
時々思いもかけない障害にぶち当たることがあります。

 

反対する人や、やめさせようとする人が現れたり、

時間的、経済的理由から、継続することが難しくなったり・・・

 

そうした困難に出会うほど、
いかに、自分がそのことを好きであるかを確認できる。

たとえ、一時的に離れなければいけないことになったとしても、
そのおかげで、ますます好きという思いが募る。

そうやって、
「好き」という気持ちそのものが、試されるのかもしれません。

 

 

 

 

あなたは何が好きですか?

 

32112347_s

 

 

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

なにをハンディとするか、 なにをチャンスと考えるか。

「やっぱなぁ〜。東北人は、生まれながらにハンデ背負ってんだなぁ〜」 カツゼツとビ …

「人生のピーク」なんて、死ぬまでわからない

世界的に活躍し、海外の大きなホールでコンサートなども行ったことのある、 ミュージ …

未来を切り開くのは、ひらめき、学び、そして自信。

ひらめきは突然やってきます。 「あ!今、これ、やっといた方がいいわ。」 「おぉお …

no image
書くことについて、思いきり語ってしまった。

昨年秋から「ことばの断捨離」と位置づけて、 ブログを綴っているわけですが、 書く …

どうせ見えない未来なら、明るい側面だけを期待して生きる。

「MISUMI、そんなことしてて、将来どうするつもりなの?」 思春期の頃から、ア …

旅の準備がさくさく進む「持ち物リスト」

「週末から『びぃた(旅)』なんだよね」 「オレなんか、8月は10日間『出っぱなし …

「らしくない」を排除すれば、「らしい」が見つかる

情報がどんどん入って来るこの時代に、 自分のアイデンティティ、つまり個性を見出す …

「謙遜しない」という生き方

「私はただのシロウトなので」 「下手のよこずきで」 音楽やっているんですか?と聞 …

「あなたの勲章なんかに他人は興味ないんですよ」

かつて著者の勉強をするために、 『プロフィール講座』というセミナーに通ったことが …

ミュージシャンのランク付け

ランク付けをしたがるのは人間という動物の本能と言います。   「天は人 …