大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「好きだから」っていう動機が一番すごい!

   

「キミのためなら死ねる」

『愛と誠』という漫画の脇役である岩清水くんの名セリフです。

(あぁ、年がばれますかしらん。)

 

主人公の女の子が好きで好きでたまらない岩清水くん。
しかし、彼女は別の男の子が好きで・・・
そんな切ない思いが、このセリフになります。

 

結局、岩清水くんはフラれます。
それでも、彼は、「死んでもいい」と思うくらい、
主人公の女の子が好き。

もちろん、高校生という年頃もあるでしょうが、

人間にとって、「好き」というパワーは
何よりも強く、激しく、真っ直ぐなパワーなのですね。

 

 

人間は好きなことにしか、一所懸命になれない。

一所懸命できることでしか、成功しない。幸せになれない。

よしんば、多少うまく行ったとしても、
一生くすぶり続ける思いを抱いて生きるなら、

とにかく、好きでたまらないことを必死にやる人生の方がいい。

そんなことを、進路に悩む若者たちに、よく話します。

 

「死ねる」と思うくらい、好きなこと、好きな人に
出会える人は、実はなかなかいません。

 

だからこそ、
せっかく見つけた好きなことなら、

目を離さないように。

見失わないように。

 

大切にして行って欲しい。

大切にしていきたい。

 

 

好きなことを続けようとすると、
時々思いもかけない障害にぶち当たることがあります。

 

反対する人や、やめさせようとする人が現れたり、

時間的、経済的理由から、継続することが難しくなったり・・・

 

そうした困難に出会うほど、
いかに、自分がそのことを好きであるかを確認できる。

たとえ、一時的に離れなければいけないことになったとしても、
そのおかげで、ますます好きという思いが募る。

そうやって、
「好き」という気持ちそのものが、試されるのかもしれません。

 

 

 

 

あなたは何が好きですか?

 

32112347_s

 

 

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「この辺でちゃんと仕事に就こうかなと思ってるんですけど・・・」

「MISUMIさん、俺、この辺でちゃんと仕事に就こうかなと思ってるんですけど・・ …

「どうやったらできるか」じゃなくて、「どうやったらなれるか」。

「どうやったらできるか」が知りたいのは、 真面目に学ぶ気のある人のお話です。 た …

大きな波を引き寄せる

音楽の仕事には、大きな波のようなものがあって、 来るときには、ど〜〜っと来て、 …

【自己評価を上げるためのチャレンジ】

「あなた、ホントにきれいよね〜」 「キミって、カッコいいね。」   そ …

学習や休養のためのスケジュールを優先的にブロックする

仕事が忙しくなって自由な時間がなくなってくると、 自分が本来取り組みたかったはず …

「あの頃は不便だったのよ」自慢

兄弟や友人に音楽通がいる人ならともかく、 昭和の時代に、 たったひとりで音楽を学 …

「自分」というジャンルを極める

「らしくあれ」。 女子高生時代、創立者のありがたきおことばとして、 朝礼などで、 …

パフォーマーなら「好かれたい」自分を恥じない!

人前で歌う、演奏する、演じる、など、 パフォーマンスをする人は、いわゆる人気商売 …

no image
「情報」は量より質!

私はボイトレや声、カラダに関する本など、 気になるものを定期的にどかっと大人買い …

ねつ造できない感動が、人の心を動かす。

How じゃなく、Why。 このブログでも幾度となく取り上げてきているこの命題は …