大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「空気読め」とか、違くないか?

   

生まれて初めてアルバイト情報雑誌を買って、
バイトを探した時は、
一体みんな、何を基準に
バイト先を決めているんだろうと、
途方に暮れたものです。

「やっぱり条件でしょ。
時給と、週何回、何時間、とかだよね。」

大学に入学したばかりで、
学校もバンドもデートも忙しかった私は、
最低限のお小遣いが稼げればいいやと、
「週2回、5時間から可。時間応相談。」という条件に引かれて、
新宿の有名デパートに入っていた、
老舗のFレストランでウェイトレスのアルバイトをはじめました。

生まれて初めての、
飲食関係でのバイトは、何もかもが新鮮でした。

さすがFレストラン。
バイトにもきちんと教育時間を取ってくれて、
ナイフやフォークをシルバーと呼ぶということから、
配膳用のトレー=トレンチの持ち方、
オーダーの手順から、ちょっとした隠語まで、
丁寧に教えてくれました。

楽屋裏のようなスタッフの休憩室や、
キッチンの中をのぞくのも楽しくて、
まぁ、私なりに、毎回楽しくバイトをさせてもらっていました。

大学の授業が早く終わる平日の午後、
そして、土曜日に5時間。
あまりお客さんが来なくて静かな平日は、
お店の中の汚れたところを見つけてはせっせと掃除しました。
土曜日は一転、戦場のようになるホールで、
時間いっぱい、一所懸命働きました。

思い返しても、なかなかいい仕事をする、
よきアルバイトだったと思います。

とある土曜日、
約束の15時に上がろうとしたら、
ボーイ長にいきなり呼び止められました。

「キミさ、土日、もうちょっとちゃんと働く気ないの?」

え?あ、すみません。
いろいろ予定があるので。

「必要ない時にばっかり自分の都合で来て、
忙しい時に知らん顔して帰られてもね。
そんなことやってたら、
社会の役に立てないおとなになっちゃうよ。」

正直、びっくりしました。
あんた、何言ってんのよ?です。

こちらは、出された条件通り、一所懸命働いています。
サボっているどころか、
仕事がなくても、仕事を探してがんばっている。
「空気読めよ」みたいな、ボーイ長の言いぐさが、
まったく納得できませんでした。

「そちらが出している条件と、
こちらの都合が合うから、働かせてもらうことにしました。
ということは、今のシフトでしか入れないなら、
私は役に立たないということなんですね?」

生意気なティーンエイジャーだった私は、
ボーイ長の目を見て、そう言いました。
ボーイ長の顔色が変わりました。

「そういうことだね」

「わかりました。やめさせていただきます。」と、
その場でバイトをやめた私には、
今思い返しても、非はなかったと思います。

いや、あったとすれば、
おとなの都合に合わせられなかったこと。
空気が読めなかったこと。

知るかい、です。

こどもの頃から、
どんなに些細なこともきちんと文書化すること、
どんな文書も、きちんと最初から最後まで読むこと、
盲判はけして押さないことを
父に徹底的に仕込まれました。

契約に厳しい建築関係の仕事をしていた父は、
おそらく、何度も痛い目ににあったのでしょう。
「文書化されたものがすべて」という思想は、
今も私の中に脈々と受け継がれています。

書いてあることがすべて。
つまり、書かれていないことは、条件にはないんです。
「空気読め」などというのは、条件を出す側の怠慢。
「全てを語らないことで効果的なウソをつく」という手法です。

だから、どんなに細かいことも、
相手に期待することは明文化する必要があるし、
文書化されていないことを相手に期待して、
相手がその通りに動いてくれなかったとしたら、
それは、こちらの責任なのです。

あの時のボーイ長の呆れたような顔は、
今も脳裏に焼き付いています。

残念ながら、私、
立派に社会のお役に立てるお仕事をさせてもらってますよ。

 

◆一生に一度、集中的に学ぶだけで、”自分で自分に教えること”を可能にするMTL 12。毎週日曜日10時〜Youtubeにて公開中。
毎週月曜発行中!声に関するマニアックな情報やインサイドストーリーをお届けする無料メルマガ『声出していこうっ』。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, Life, My History , , , , , ,

  関連記事

残念な人

ずいぶん前にちょっとだけ一緒にやったことのある、 かなり腕のいいドラマーがいまし …

テクノロジーは「交通手段」のように 付き合う。

歌を志した21〜22才くらいから、 周囲のおとなミュージシャンたちのオススメに素 …

音色の決め手は「箱」なんじゃ。

昨日、「音」はプレイヤーの命であるというお話をしました。 声は持って生まれるもの …

「バンド、やりたいんですけど・・・」

「バンドやりたいんですけど・・・」 学生から、そんな相談を、よく受けました。 え …

「ペンは剣よりも強し」は、死語なのか?

ヴォイトレを担当している若者たちと話していて、 なにが驚くと言って、 物を書く習 …

期待される人であれ。

ニューヨーク時代のこと。週1回、ジャズダンススタジオでレッスンを受けていました。 …

ちゃんと寝ろっ!

「えぇええ〜〜っ!MISUMIさんともあろう方が、 今さら、そこですかぁ〜〜〜っ …

「自分の本当の声」ってなんだ?

「私の本当の声ってどんな声なんでしょう?」 シンガーやパフォーマーに限らず、 一 …

「ひどいことを言われた」と感じたときこそがチャンス

20代の前半で、当時10才前後先輩だったプロフェッショナルの先輩たちに、 それは …

ちゃんと仕事しろっ!

NYに住みはじめて、 寮の自分の部屋に電話を引き込むため、 電話会社に出向いたと …