大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

反面教師という大切な存在

   

「こんなピッチの悪い歌をわざわざ持ってきて、人に聴いてくださいって言える神経がわからないわ」

これがダメだったら歌を諦めようと、決死の覚悟で挑んだはじめての単独ライブ。

友達に絶賛されて、嬉しくって、そのときのライブの音源を、
当時通っていたボーカルスクールの先生に聴いてもらったときのことばです。

S先生はみんなの前で、その音源を流したかと思うと、
ものの数十秒でパチンと音を止め、音源を機械から出して私に返してよこしました。

今、自分の生徒たちにこんな話を聞いたら、
私は瞬間に激怒して、こう言い放つでしょう。

「そもそも、自分の歌が自分でジャッジできないから高いお金払ってレッスン受けに通ってるわけでしょ?
ピッチが悪いのも、自分の歌の善し悪しが判断できないのも、
お前の教え方が悪いからだって言ってあげなさいっ!」

S先生は私のことが嫌いだったのかもしれません。
もしかしたら、休憩時間に、他にやりたいことがあったのかも、
生理中で気が立っていたのかもしれません。

それでも、なんでも、
人にものを教える立場の人間が絶対にやってはいけないこと。

1.思考ではなく、感情でものを言うこと。判断すること。

2.自分が相手よりも優れているということを確認させるためにパワーや時間を使うこと。

3.生徒たちに嫉妬したり、対抗したりすること。

4.生徒たちの過去や現在、さらには未来をも否定すること。

5.可能性でなく、限界を語ること。

6.教えるのではなく、傷つけること。

私も、もちろん人間だから、ときには(しょっちゅう?)感情的になるし、
イラッとします。
激しいことばで生徒を傷つけることもあるかもしれません。
それでも、毎日、自分のレッスンを振り返り、
傷つけてしまったんじゃないか、誤解させちゃったんじゃないかと思う生徒とは、
必ず会話の機会を持つようにしています。

短い間でしたが、S先生の元に通った時間は、
そんな風に、本当にたくさんの気づきをくれました。

ものを教える人間として、背にして歩くべき、
そして、可能な限り遠ざかるべき指標を、
日々、徹底的に傷つきながら学んだ気がします。

人生に無駄はないのよね。ほんとに。

ちなみに、S先生は優れたボーカリストであります。
その数年後スパッと先生業をやめて、素晴らしい活躍をされました。
先生も迷っていた時期だったのでしょうね。そういうことです。

 - 未分類

  関連記事

no image
戦いに勝つのは、最後まで立っていたヤツ

人の戦い方はいろいろです。 100メートルを軽やかに駆け抜けて、 真っ先にテープ …

結果を出すことの意味

音楽の仕事をはじめて、徹底的にたたき込まれたのは、 「この業界、努力賞はないから …

「本を読もう!」

「本読んでる?」 なんだか国語が通じないなぁ、と感じる生徒に出会うと、 思わず言 …

no image
Obsession〜頭にこびりついて離れないもの〜

プロとアマチュアの分岐点はどこにあるんでしょう? 何かが好きで、夢中になることは …

「あきらめない」というチカラ

年越しに寄せて。 今年、私が学んだ一番大切なこと。 それは、「あきらめない」とい …

no image
見せ方のうまい人の共通点

自分をどう見せたいか。どう見せるべきか。 人前に立つときのスタイルは誰もが気にす …

no image
“I know what I’m doing”

「今の、どうでした?できてませんでした?」 そんな質問を繰り返す子に限って、レッ …

出会いの数だけ別れがある

音楽はたくさんの出会いをくれます。 音楽はひとりではできないから。 一緒に演奏す …

no image
発声のためのベスト・バランス

マジカルトレーニングラボの初回カウンセリングでは、 音楽経歴とともに、必ず運動経 …

no image
プロフェッショナルには「覚悟」がある

高校時代から、たくさんの音楽仲間にめぐまれました。 みんな音楽が大好きで、 寝て …