大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

解剖学の本から『笑筋』が消える日?

   

うまく笑えない子が増えている。

「にっこり笑って」と言われて、前歯をきらりと見せられる子が
とっても少ないのだ。

話していても前歯が見えない。
当然、発声をやっても、カツゼツをやっても、
歯は唇にふたをされたままだ。

自然に笑っているときは、ちゃんと前歯が見えているのに、
なぜ、会話している時、笑顔を作ろうと思った時に、笑顔になれないのだろう・・・?

私の推論はこう。

笑顔を確かめ合いながら、会話する機会が減っているから。
相手の表情から、感情を読み取る機会が減っているから。

もっと言えば、会話の機会そのものが減っているから。。。

かつては、にこやかに話せないと、感じ悪いと言われたものだけど、
最近は基準が少々違う。

感じ悪いのは「メールに絵文字が入ってないから。。」
前歯の矯正で小学校時代から何年も矯正具をはめさせられているという子も、
例外なく、笑う筋肉が衰えている。

ある程度の年齢になれば2年くらいで終わるものだが、
子どもの頃からの治療では矯正具とともに何年も過ごさなくてはならないという。
中には6年以上過ごさなくてはならない子もいるとか。

矯正具を人に見られたくない、または、矯正具をして笑うと引っかかって痛い、
などの理由で顔の筋肉が退化してしまって、うまく笑えない。

もちろん、昭和の子どもにも矯正している子はいたのだけど、
最近の子ども方が矯正している確率が上がっている気がする。
歯並びで何年も悩んだ私にとっては、
親の意識が高いことや、金銭的に余裕があることは、
とてもうらやましいことではあるのだけど。

もちろん、矯正が終わってからしっかり鍛えればいいのだけど、
そういう意識さえ持てなければずっと筋肉は衰えたままだ。

前歯の見えない発声のサウンドは暗い。こもる。
必要以上に鼻にかかる。

まさに最近の子の声の特徴にドンズバなのだ。

時代を否定するつもりはないけど、
こうやって、どんどんからだから筋肉がいらなくなっていくのかなぁ。

笑筋、頬骨筋・・・
笑顔を作るのに必要な筋肉たちが解剖学の本から消える日が、
いつか来るのかしら・・・

日本の明日を憂う今日この頃です。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
まずは母音の発音をチェックする

子音の発音は歯を使ったり、舌を使ったり、 結構難しいけど、母音は誰でも簡単に発音 …

no image
先人たちの名演に学ぶ

ボーカリストにとって、いや、ミュージシャンにとって、 最高の教材は先人たちの残し …

音楽という「箱」から取り出すもの

ずいぶん昔のことになります。 その奔放かつ、悪魔的とも表されたプレイスタイルに魅 …

no image
声の印象を変える?

声は人の印象を決める上で、とても大切な役割をしています。 ある研究によれば、人は …

no image
話す発声と歌う発声?

「話す発声と歌う発声って違うんですよね?」 よく耳にする、不思議な疑問文です。 …

no image
本気でぶつかりあう。

一所懸命やっている子には、一所懸命教えたくなる。 めいっぱいがんばっている子は、 …

no image
自分の耳は自分で磨く

歌えないから聞こえないのか? 聞こえないから歌えないのか? ニワトリと卵のような …

no image
「そんなの歌ってても売れない」!?

時々、不思議な質問を受けます。 先日のキャサリン(仮名)の質問がまさにそれ。 「 …

no image
孤独を怖れず、自分自身と向き合う。

あっという間に4月。 音大の新学期が始まりました。 キラキラと目を輝かせている新 …

風邪のサインを見逃すな!

以前、『風邪をひいたら歌っちゃだめなんです』 という記事に書いたように、 レッス …