大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

見せ方のうまい人の共通点

   

自分をどう見せたいか。どう見せるべきか。

人前に立つときのスタイルは誰もが気にするところです。

ステージ衣装ひとつ取っても、色や素材はもちろんのこと、
シルエット、長さ、フィット感、動きやすさ、
そして靴やアクセサリー、小物などとのコーディネート。。。

専門のスタッフがいる人でも、
コミュニケーションを密に取り、一緒に自分の見せ方をつくりあげていきます。
「会場入りした服のままリハやって、コンサートやって、っていうのが、
今はカッコいいんだよ」

そう話してくれた某ROCKスターは、何気ないTシャツとGパン。

あやうく、彼のセリフを鵜呑みにするところでしたが、
よく見ればいたるところにクロムハーツのアクセサリー。
選び抜かれたブーツ。
おまけに、楽屋で彼がおもむろにはじめたことは、
高周波機器を使っての腹筋トレーニング。

確かに、腹筋の割れた男性がラフなスタイルをしているとそれだけでしびれます。
すべてが計算し尽くされたスタイルなのです。

そんな名人の域に達するのには、それなりに修行が必要です。
チャレンジや挫折の繰り返しだったかもしれません。
見せ方のうまい人に共通しているのは・・・

1.ロールモデルがいること

こんな風に見せたい、この人みたいになりたい、
というわかりやすいお手本がいれば、どんどんマネすればいいだけ。
カラダを鍛える必要もあるかもしれないし、時に勇気がいるかもしれませんが、
大切なのはマインドを真似ることのようです。

2.チャレンジを繰り返すこと

「どうせこんなの似合わない」という決めつけを取っ払って、
新しい髪型、新しいファッションにどんどんチャレンジしています。
結局なんでも、トライ&エラーを繰り返す事でしか、人は上達できません。
そんな中で、「自分の身長なら、こちらの方が似合う」、
「このシルエットでは、自分のいいところが見せられない」というように、
選択ができるようになるのですね。

3.フィードバックを怖れないこと

そもそも自分自身で100%自分をジャッジできる人なんかいません。
積極的に人の意見、
それも、ハッキリとアドバイスしてくれそうな人の意見を聞くこと。
写真を撮ってもらって、くまなくチェックすること。
自分を客観的に見るのはつらいことですが、
そこから目をそらしてはダメなのですね。

4.代償を払う覚悟をすること

もらい物や借り物ではダメです。
自分への投資を惜しんではダメなのです。
ステージでも、普段でも着られる服・・・なんて、けちくさいこともダメです。
痩せなくちゃ、と知ったら痩せる。それも代償の一部です。
無駄な出費と思えても、それは自信を生むための投資ですね。

5.細部にこだわること

人前に立つとき、完璧な自分を演出するなら、
徹底的に自分自身に納得しているべきです。
下着にまでこだわるべきなのです。
もちろん、髪型やお化粧はいつも完璧とはいかないかもしれない。
それでも、細部にこだわって、ベストを尽くしたという感覚が、
見る人にオーラとして伝わるものです。

まだまだ、世の中に見習うべきことはたくさんありそうです。

 - 未分類

  関連記事

no image
反面教師という大切な存在

「こんなピッチの悪い歌をわざわざ持ってきて、人に聴いてくださいって言える神経がわ …

「あきらめない」というチカラ

年越しに寄せて。 今年、私が学んだ一番大切なこと。 それは、「あきらめない」とい …

no image
疑問、質問、聞きたい話、ありますか?

脳内にどんどんわき上がってくる、ことばの断捨離の目的で、 ブログを可能な限り毎日 …

ポジティブな面にフォーカスする。

「今の、自分ではどうだった?」 そんな質問を、歌い終えたばかりの生徒に投げかける …

no image
「歌う環境」をつくる。

5年ほど前、某レコード会社のディレクターさんに連れられて、 女性R&Bシ …

no image
言霊。声霊。

忘れられないことばというのがあります。 言った本人は、単なる会話の流れで、何の気 …

no image
孤独を怖れず、自分自身と向き合う。

あっという間に4月。 音大の新学期が始まりました。 キラキラと目を輝かせている新 …

no image
限りなく「百発百中」を目差す

プロとアマチュアの圧倒的な違いは、 そのパフォーマンスに対する信頼度です。 人間 …

言い訳のない歌を歌う~Singer’s Tips #24~

「今日はちょっと調子悪くて」 「最近ちょっと歌えてなかったから」 「自分、まだま …

no image
プロフェッショナルには「覚悟」がある

高校時代から、たくさんの音楽仲間にめぐまれました。 みんな音楽が大好きで、 寝て …