大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

限りない偶然に選ばれてきた「特別な自分」

   

一瞬の選択で人生は大きく変わります。

 

もしもあの時、あの瞬間にラジオのスイッチを入れていなかったら。

もしもあの時、あの子と隣り合わせの席にならなかったら。

もしもあの時、彼が偶然知っている曲をピアノで弾かなかったら。

もしもあの時、魔が差して、他人のステージに飛び入りしていなかったら。

もしもあの時、あの場にいたのが1日でも違っていたら。

 

そんなことを考えはじめれば、
一晩あっても、想い出は辿りきれないでしょう。

 

しかし、私は、

あの時、あの電車に乗り、

あの番組にチューニングをあわせ、

あの子のことばに過剰に反応し、

激しい衝動であの場所に立ち、

勢いであの歌を歌い・・・

 

そんな数限りない偶然に選ばれて、今ここにいるわけです。

 

SF小説が大好きで、多元宇宙論的小説もたくさん読みました。

それに類する映画もたくさん見ました。

 

あの選択をしなかった、違う人生を歩むことになる自分が、
隣の時間軸で生きている。

その自分にもまた、
違う選択をして、違う人生を歩むことになる自分がいて、

そんな時間軸が編み目のように無限にあって、
さまざまな人生を生きる自分もまた無限にいて。

 

そう考えると、なおさら、

今、この場所で、このことばを紡ぐ、
この自分という人生を生きることになった特別な意味を、
やけに愛おしく思うのです。

 

さて、隣の時間軸の自分も、同じことを思って、
今夜ブログを書いているのでしょうか?

29558384 - beautiful blonde caucasian lady in red dress traveling by metro

 

 

 

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「歌うのが嫌い」という人の本当のわけ

「音楽に興味がない」「興味が持てない」という人は、ときどきいますが、 「音楽が嫌 …

どうして私はがんばれない?

「なんか、最近、がんばれないんですよ〜。   がんばらなきゃいけないの …

夢中になれる音楽は「一生の宝」

少し前のこと、バンド仲間で、キーボーディストの友人に、 「若い頃、影響を受けた音 …

もたもた迷っている暇はない!

「もっと歌詞の意味を考えて歌って!」 そんな風に言われたことのある人は、たくさん …

「妄想」は所詮「妄想」です。

小学校1年の終わりに急性腎炎で、2ヶ月ほど入院し、 (今となっては理由は定かでは …

人生を変えてくれた、最善と最悪に感謝する

最近、自分の人生の棚卸し作業というのをしています。 長年生きているというのもあり …

学習や休養のためのスケジュールを優先的にブロックする

仕事が忙しくなって自由な時間がなくなってくると、 自分が本来取り組みたかったはず …

ハリネズミのジレンマ〜「安心距離」に過敏にならない〜

そんなつもりじゃないのに・・・なんでわかってくれないんだろう? 一所懸命やってい …

なにをハンディとするか、 なにをチャンスと考えるか。

「やっぱなぁ〜。東北人は、生まれながらにハンデ背負ってんだなぁ〜」 カツゼツとビ …

臨界点を突破する

「どんなに練習しても、高い声が出ない」 「毎日ボイトレしているのに、声量が上がっ …