大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

限りない偶然に選ばれてきた「特別な自分」

   

一瞬の選択で人生は大きく変わります。

 

もしもあの時、あの瞬間にラジオのスイッチを入れていなかったら。

もしもあの時、あの子と隣り合わせの席にならなかったら。

もしもあの時、彼が偶然知っている曲をピアノで弾かなかったら。

もしもあの時、魔が差して、他人のステージに飛び入りしていなかったら。

もしもあの時、あの場にいたのが1日でも違っていたら。

 

そんなことを考えはじめれば、
一晩あっても、想い出は辿りきれないでしょう。

 

しかし、私は、

あの時、あの電車に乗り、

あの番組にチューニングをあわせ、

あの子のことばに過剰に反応し、

激しい衝動であの場所に立ち、

勢いであの歌を歌い・・・

 

そんな数限りない偶然に選ばれて、今ここにいるわけです。

 

SF小説が大好きで、多元宇宙論的小説もたくさん読みました。

それに類する映画もたくさん見ました。

 

あの選択をしなかった、違う人生を歩むことになる自分が、
隣の時間軸で生きている。

その自分にもまた、
違う選択をして、違う人生を歩むことになる自分がいて、

そんな時間軸が編み目のように無限にあって、
さまざまな人生を生きる自分もまた無限にいて。

 

そう考えると、なおさら、

今、この場所で、このことばを紡ぐ、
この自分という人生を生きることになった特別な意味を、
やけに愛おしく思うのです。

 

さて、隣の時間軸の自分も、同じことを思って、
今夜ブログを書いているのでしょうか?

29558384 - beautiful blonde caucasian lady in red dress traveling by metro

 

 

 

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「欠落」はことばではなく、行動で埋める

歌うこと、話すこと、書くことを通じて、日々、ことばと向き合っていると、 ことばの …

年齢が気になりますか?〜チャンスはいつもフィフティ、フィフティ〜

なかなか将来の見えなかったアマチュア時代。 周りの友人たちは次から次へとお仕事を …

「本を読もう!」

「本読んでる?」 なんだか国語が通じないなぁ、と感じる生徒に出会うと、 思わず言 …

ことばの解釈に「正解はない」

高校時代の大半は、ロックとバンドとギター(そして男の子)に夢中で、 「学校の勉強 …

ウソをつくなら、自分を騙せ!

ウソはダメだとわかっているのに、人は時々ウソをつく。 いや、時々じゃなく、意外に …

旅立つ若者たちに、伝えておきたい3つのこと

大学の卒業ライブが終了し、 いよいよ卒業生たちを送り出すときがきました。 &nb …

「不完全なこともすべて、自分の完全性の一部。」

「不完全なこともすべて、自分の完全性の一部。」(2015/09/10 twitt …

「自信」に根拠なんか、いらない。

ヴォーカルのプロとしてさまざまなお仕事をしながらも、自分に全然自信が持てなかった …

結果が見えなくても、愚直に続ける勇気

たくさんのミュージシャンやアーティストたちを見て来て、いつも思うこと。 結局、近 …

「妄想」は所詮「妄想」です。

小学校1年の終わりに急性腎炎で、2ヶ月ほど入院し、 (今となっては理由は定かでは …