大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

コツコツ積み重ねる微差が、逆転勝ちを演出する

   

自分の生まれは選べません。

生まれたときから、才能やルックスや音楽環境に恵まれている人は、
私たちが好むと好まざるに関わらず確実に存在します。

しかし、そうした先天的なものは、自分の生き方や未来を決める、
要素のひとつでしかない。

 

あいつはすごい、天才だといわれながら、
たいした活躍もしないまま音楽の世界を去った人が多く存在する一方で、

誰からもたいして相手にされなかったのに、
コツコツ、じりじりと自分のテリトリーを広げ、
気がついたら、業界になくてはならない人になっていた、という人も、
数え切れないくらいいるのです。

 

生まれ持ったアドバンテージを逆転するのは、
目に見えないような小さな積み重ね。

それがやがて大きな力になります。

今日は「コツコツ積み重ねる微差が、逆転勝ちを演出する」と題して、
そんな、ちょっとした「積み重ね」をランダムに綴ります。
 
 
1.「好き」を明確にする。

「なんとなく好き」では表現できません。
なぜ好き?どこが好き?どうしたら再現できる?

感性でできる人は感性で。
左脳が必要な人は左脳をつかって。

「好き」という感覚を徹底的に掘り進める人は、
実は、意外に少ないもの。

アーティスト、アルバム、曲などの大きなところから、

メロディライン、アレンジ、歌詞、

さらにはフレーズ、ビート、リズムのひとつひとつまで、

 

なぜ好きか。どこがいいのか。

そんなことを考える、感じ取る習慣を持ち、
積み重ねていくことがやがて大きな違いとなるのです。

 

2.人と関わる。

オーディエンスや音楽仲間のいないところに、
音楽のコミュニケーションは存在しません。

一人では音楽はできないのです。

音楽にこだわるばかりに、人への興味が薄くなれば、
人の、自分に対する興味も薄くなります。

自分から関わろうとしないのに、人が関わってきてくれるのは、
本当に、よほどの大天才だけです。

そして、コミュニケーション能力は一朝一夕では上達しません。

楽しい事もありますが、もちろんわかり合える人ばかりではない。
苦しいことも本当に多くて、まさに匍匐前進です。

それでも、なんでも、積み重ねる。逃げない。
興味を失わない。

 

これは、一生大切にすべき、大事なことです。

 

3.自分を好きになる。

最初から自分を好き!と言い切れる人はある種の天才なのではないか?

自己嫌悪癖のあった私は、常々そう考えていました。

自分の容姿の嫌いなところはどこ?と聞かれると、
「脳みそ以外全取っ替えしたい」と答えていたくらいです。

 

しかしです。

人は自信を持って語られることばに惹かれる。

自分を愛する人こそが、人をきちんと愛せる。大切にできる。

そんな人の奏でる音楽が、魅力的に決まっています。

自分と向き合うのは、もう匍匐前進どころか、
正座のまま前に進むくらいの苦痛が伴います。

それでも、あきらめずに取り組んで行けば、
だんだんと自分のスタイルができてくる。

そのスタイルを好きになれるのです。

まぁ、この「自分を好きになる」はあまりに大プロジェクトなので、
また、ゆっくり書きましょう。

 

いかがでしょうか?

ホントはまだまだ書きたいことがあるのですが、今日はこの辺で。

19671531 - happy father business man with little baby son

【Day-to-day】

残席わずか!『MTLヴォイス&ヴォーカルレッスン12』
詳しくはこちらから。

 - Life, The プロフェッショナル, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

基本中の基本!「コーラス3原則」

コーラスということばに抱いている印象は、 その人の音楽経験によって違うでしょう。 …

オリジナリティ

「オリジナリティにこだわってるんで。」 と、オリジナル曲をやっているバンドや、 …

「プロじゃない」から、すごいんだ。

最近、セミナーや講演を通じて、 全国の音楽愛好家の方たちと接する機会が多くなって …

「この歌、いいなぁ」には必ず理由がある!

「売れる曲には、必ず理由がある」 あるヒットメーカーが教えてくれたことばです。 …

リズムが悪いのは「背骨が硬い」から?

音楽学校などでバンド・アンサンブルの指導をしていると、 一所懸命演奏する若者たち …

人前に立つ前の「MUST DO!」〜ビジュアル・チェック編〜

昨日のブログ、人前に立つ前の「MUST DO!」〜ムービー/チェック編〜の続編で …

時間は前にしか進めない。

昨日、ロンドンへ向かうの飛行機の中でのこと。 周囲の人が何度も自撮りをしたり、 …

no image
日本語の発音とリズム感の関係

歌のリズムがよくならない。 どうも、ビートが気持ちよく出てこない・・・ どんなに …

音楽環境が人をつくるのか。 人が音楽環境を選ぶのか。

今はもうすっかりおとなの甥っ子が、幼稚園生だった頃の話です。 アニメ関係の仕事を …

何を切り取るか。どう切り取るか。

家族や友人たちと、昔の思い出話をしていると、 記憶に蘇ることや、「こんなことがあ …