大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

歌詞が覚えられないのは、意味をわかっていないから。

      2016/07/19

「歌詞って、覚えられないんですよね。
どうしても、カンペ貼っちゃうんですよ。」

 

なるほど。20曲くらい歌うんでしょうか?
それじゃ、なかなかハードでしょうね〜。

 

「え・・・?いやぁ、まぁ、1~2曲だけなんですけど。英語なんでね。
長年歌ってるんですけど、どうしても覚えらんないから、ついつい見ちゃうんだな〜」

 

 

みなさんは英単語の暗記というのをしたことがあるでしょうか?

受験のために詰め込んだ英単語も、その意味やことばの成り立ちをしっかり頭にいれたものは、一生忘れられないくらい、しっかり記憶に刻まれてませんか?

 

英語の歌詞が覚えられないという人の8割が、ことばの意味をきちんと理解していません。

ちゃんと意味わかって歌っているの?と聞くと、

「はい!ちゃんと調べました!」と言う。

 

そこで、1フレーズ取り出して、じゃ、これ、どういう意味?と聞くと、今度は訳詞のカンペを取り出して、

「え〜、『あなたは私がこれまで持っていたものの中で一番素晴らしいものだ』っていう意味です・・・」

などと言うのです。

 

これではもちろん、わかっていることになりません。
直訳した文章を読むことが外国語をわかっていることになるのなら、アラブ語やインド語だって、おんなじくらい「わかってる」ことになります。

 

わかっていることばというのは、思わず口から出ることば。

思いを伝えたいと思った瞬間に、自ら無意識に選び取ることばのことです。

 

「いやいや。MISUMIさん。外国語わかんないんで、それがどんな感じなのか、イメージもできませんよ〜」

 

そうでしょうか?

 

たとえば、何にも考えなくても思わず口にでる、最早日本語になっているような英単語ってあるはずです。

江戸時代じゃあるまいし、誰だって、1~10くらいの数字は何にも考えずに数えられるはずですし、発音はともかく、HelloやThank youくらい外来語として普通につかう。

そのレベルで、理解することを「わかっている」というわけです。

 

 

もちろん、そこは外国語ですし、詞ですから、100%完璧に作者の意図するところがわかるわけではありません。

拡大解釈でも、意訳でも、なんでもいい。

ただ、ことばが口から出るときに、自分がその意味を確信しているかどうかが大切なのです。

 

意味をしっかりわかっていることばを言い間違えることはありません。

I love you をHow much?と言い間違えてしまうことは、どんなに英語音痴でもあり得ないことです。

 

意味をしっかりわかった上で、そのことばが語られているストーリーをしっかりと感じ取る。自分自身と重ね合わせる。
役者さんが本番前に来る日も来る日も稽古をするのは、自分自身を演じるキャラクターと完全に同化させるためでしょう。

 

「結構大変ですね〜。みんな、そんなにやってるんですか〜?」

 

ぶっちゃけ、そこまで追い込める人は、めったにいません。

だからこそ、それをした人だけが特別になれるんです。

 

そこまでは行かれないにしても、お金をいただいて人前で歌うからには、
せめて、意味くらいわかって、歌詞くらい覚えて歌って欲しい。

 

英語であれ、日本語であれ、歌詞が覚えられないからとカンペを貼ることに慣れてしまうと、ハッキリ言って、一生その歌は覚えられません。
 

そして、ことばの意味をしっかりわかった上で口にするのは、社会人なら当然のこと。

日常の中で、意味のわからないことばを大きな声で叫ぶのは、ちょっとイカれた人だけですからね。

 

19200274 - young man sing growls in hard rock concert

 

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, イケてないシリーズ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「ボイストレーナーなんかいらない人」になるための3つのポイント

昨日、『MTL ヴォイス&ヴォーカル オープンレッスン12』初日、 Unit1と …

「どうせ向いてない」を変える3つのプロセス

楽器の練習や歌の練習、パフォーマンスや創作活動がうまくいかないとき、 自分がどう …

がんばれないのは「ご褒美設定」がうまく行っていないから。

誰だって、がんばってもがんばっても、なんのご褒美のない、 不毛な努力はできないも …

『やらなきゃいけないとわかっていても、 なかなか続けられないことを、続けるヒント』

「練習時間、なかなか取れないんですよね〜」 「こういうのって、どこで練習したらい …

「残念なミスコピー」は、そろそろ卒業しましょう。

誰もが一度は、 人の歌や演奏を聞いて、カッコいい!マネしたい!カバーしたい! と …

「好きになれない課題曲」から徹底的に学ぶ方法

自分が心から感動し、お手本にし、研究した、いい音楽を、後進にシェアしたい。 &n …

迷う余地なく行動できるよう自分を追い込む

あれは中学生くらいのことだったでしょうか?   新しい学年がはじまると …

「この歌、いいなぁ」には必ず理由がある!

「売れる曲には、必ず理由がある」 あるヒットメーカーが教えてくれたことばです。 …

頑固な、間違ったプログラムを解除して、「声」を解放する

カラダの構造や、発声のメカニズムを教えて、左脳からアプローチしても、 カラダに触 …

自分自身のフィードバックシステムを磨く

オープンレッスン12、全6日間の3日目が終了しました。   発声と歌の …