大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「出せない音」「イマイチ鳴らない音」を克服する方法

   

何度練習しても高いところが歌えない、
全体に低くて気持ちよく鳴らせない・・・

そんな苦手な曲を克服したいとき、
どんな練習をするでしょうか?

「とりあえず何度も歌う」という人が実に多いんですが、
それでは、なかなか結果が出せません。

オリジナルの音源を流しながら何回歌っても、
歌えないところはオリジナルのシンガーが、
補完してくれますし、
たいしていい声で歌えていなくても、
そこそこいい気分になれてしまう。

だから、いつまでたっても一本立ちできない。
自分の声がいい感じで鳴ったタイミングをとらえられないし、
筋感覚に落とし込めないんですね。

また、たとえカラオケをつかっても、
オリジナルテンポで練習するだけでは、
何回歌っても精度はあがりません。

バラードでもおなじです。
うまく鳴らせない、出せない音は、
1音1音レベルで、鳴らせるポイントを確認する必要がありますから、
状況が許すなら、楽器をつかって、
音と向き合うのが一番の早道だし、
確実に結果を出せる方法です。

さらには、
高くて出せない、どうも鳴らせない曲は、
自分が得意なところにキーをあわせて、
徹底的に鳴り方をカラダに入れることからはじめるのも手です。

高い声はコツです。
力を抜けばポンと出るのに、
「あ、高いとこ、来た」と身構えるから出ない。

こんな時、キーをどんと下げて,気持ちよく歌えるキーにして、
ちょっとずつキーを上げてみると、
びっくりするくらいあっけなく目的の音が出たりします。

私もレッスンで、
あたかもずっと低いキーで歌わせているように勘違いさせておいて、
目的のキーをポンと出させる、というドッキリレッスンをよくしますが、
みんな面白いように騙されて、見事にポンと高い声を出してくれます。

練習はくふう。
頭をつかうのも、練習のうちです。

真っ正面から突っ込んで行くばかりじゃなくて、
時に俯瞰して、時に裏側から、
時には真っ二つにぶった切って、
楽しく取り組んでいきましょう。

◆基礎力がないわけではないのに、歌の評価が上がらない。思うようにキャリアアップできない。ワンランク上の世界で認められない・・・。そんな悩みを抱えるシンガーたちのための中上級者向けワークショップ、MTLネクスト。2021年2月に第2期を開講!

 - B面Blog, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, ある日のレッスンから

  関連記事

バンド世代 vs. カラオケ世代

こどもの頃から楽器を練習している人でも、 自分の楽器以外のことはわからないという …

わかりやすくうまい人 vs. さりげなくうまい人

「歌のうまい人」には2種類います。 ビヨンセやホイットニーやアギレラみたいに、 …

no image
歌の構成要素を分解する〜ラララで歌う〜

大好きな曲を、オリジナルを歌っている歌手と一緒に歌う。 何度も、何度も、繰り返し …

「切り替え」と「集中」で精度を上げる!

インプットとアウトプットを、 高い精度で両方一度にこなせるという人は 一体どのく …

オリジナリティは模倣から生まれる

オリジナリティって、どんなことをいうのだろう・・・? そんなことを考えています。 …

変化するチカラ

今日、しばらく近づけなかった眼科に、 検診に行ってきました。 質問表、検温、受付 …

ゆっくりやってもできないことは、速くやってもダメ

そんなの当たり前でしょ?と言われそうなタイトルですが、 実は、この当たり前を知ら …

「自分の本当の声」ってなんだ?

「私の本当の声ってどんな声なんでしょう?」 シンガーやパフォーマーに限らず、 一 …

「そこまでやる?」がオーラになる。

「そこまでやらなくても・・・」 思わず、そんな風に言いたくなるほど、こだわりの強 …

BPM1目盛りの職人芸

BPMということばが普通に使われるようになったのは、 いつの頃からかわかりません …