大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

カラダと仲直りする。

   

“30 Days of yoga”というYoutubeのプログラムをはじめて、
19日が経過しました。

初日、しばらくぶりにやって、
あまりの自分のカラダの衰えに愕然としました。

真っ直ぐ立つだけで、カラダが硬直します。

足の裏も踵も、
膝も、腰も、背中も、肩甲骨も、肩も、首も、

とにかく思いつくパーツのすべてが、
ガチガチで、痛みがあって。

かつては、そこそこ、
いい感じのポーズがつくれたはずなのに、
ぐらつくわ、届かないわ、広がらないわで、
こりゃもう、あかん、というレベル。

ヴォーカリストを志してから、
苦手ながらも、どんなときも、何かしら、
カラダのためにエクササイズをしてきた私ですが
ここ2〜3年、あまりの忙しさに
すっかり「カラダ」や「生活」を
後回しにしてきたツケがまわってきたようです。

朝一でヨガ、
夜は痛みを感じる場所をストレッチしたり、
マッサージを続けても、
とにかく、毎日どっかが痛い。

あぁ、年なんだわ。
終わったわ・・・・

と、心のどこかで、怠惰な自分が、
自分を説得しようと試みるのですが、
どっこい、そんな素直な人間ではありません。

とにかく、しつこく、ねちっこく、
筋肉ひとつひとつとじっくり向き合ってきました。

まぁ、今できなきゃ一生できないレベルで時間はありますし、ね。

すると、やはり、2週間ほどで、
カラダが変わってきました。

悩まされていたあちこちの痛みが明らかに軽くなりました。
脚の指の一本一本が柔軟になってきました。
背骨はじめ、カラダ全体が、柔軟性を取り戻しはじめました。

カラダの部品ひとつひとつと、
仲直りしはじめたような感覚です。

筋肉のこわばりが楽になってくると、
さらなる「気づき」がありました。

明らかにカラダのバランスがおかしいのです。
左右のバランスが取れていない。

これは、整体の先生や、スポーツトレーナーに、
指摘されてきたことですし、
例えば脚の太さの左右差などには、
ずいぶん前から知ってはいましたが、
もっと感覚レベルで、
「あ、バランスが崩れている」と気づいちゃったのです。

筋力、柔軟性だけでなく、
末端の筋肉とのアクセスのスムースさや、
動作を起こそうとしたときに反応するパーツが、
左右、驚くほど違う。

その反応の違いが、
いろんな痛みの原因になっているのね、
なんてことまで、気づきました。

そこからは、
左右別々に、同じ動作をして、
バランスの崩れているパーツをみつけ、
うまく働いていない筋肉を触りながら、
スムースな反応を引き出せるように、
動きに細かい修正を加えていくと、

あら不思議。
脳と筋肉がやがてスムースにつながっていくのです。

そう、発声でいつもみなさんにお話していることと同じ。

医者の不養生とはよくいったものです。
まさに私が、
自分自身のカラダの細部と繋がれていなかったんですなぁ。

まず、気づく。
認める。
ゆるめる、ほぐす、リラックスする。
あきらめない。
コミュニケーションを取り戻す。
とことんつきあう。
愛する。

なーんだ。
人生で大事なことって、
みんな一緒ですね。

カラダと仲直りする。
完全にコミュニケーションを取り戻すには、
まだもうちょっと時間がかかりそうですが、
コツコツがんばります。

◆ 一から歌を学びたいという方にも、基礎を見直したいというプロの方にも。オンラインのお得なBasic3パック

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。
無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, Day-to-day, カラダとノドのお話

  関連記事

芸を磨く。

近年、お仕事の関係で、 さまざまなお芝居にご招待いただきます。 たくさんの役者さ …

「どうせ私の声は人に届かない、私の歌なんか聴いてもらえない」

ビデオレターにて取り組んでいただいている課題から。 今日もDay1の課題「自分の …

「違和感」を放置しない。

私たちの脳は毎秒1000万ビット以上の情報を処理できると、 神田昌典さんが書いて …

【MTL 配信Live 2020終了いたしました!】

ご試聴いただいたみなさん、ありがとうございました! MPCのみなさんの渾身のパフ …

どんな不調も、見て見ぬふりをしない”しつこさ”が勝負!

今日はものすご〜く私事ながら、 声をお仕事にしている方、歌っている方に、 もしか …

マスクは「声」をダメにする!?

先日、新宿駅を歩いていたときのこと。 背後でおしゃべりしている若い女性たちの声を …

よき時代のよきものを、 いい形で後世に伝える方法

高校時代、何が嫌いって「古文」の授業くらい 嫌いな授業はありませんでした。 使わ …

酒とタバコと断崖絶壁

学生時代からバンドをやって、 学祭やライブなどで歌ったり、演奏したりしていた、 …

言い切ったもんが勝つ。 そして、言い切れるやつは本気でカッコいい。

「自分を信じる力を才能という」 かのジョン・レノンの名言として、 とある雑誌で紹 …

本気でやりたいなら、「なんか」やれ。

アーティストやタレント、声優の、 新人育成を担当させていただく機会が多々あります …