大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

行動のパターンを変えると思考が変わる

   

6日ぶりの更新です。
丸2年前、思いを新たにブログに取り組もうと決心して以来、
こんなにお休みしたのははじめてて、
正直、1〜2日は心落ち着きませんでした。

 

実は、4~5ヶ月ほど前から首の痛みに悩まされていました。

いろいろ治療を試みたのですが、どれもうまくいかず、
痛みはひどくなるばかり。
酷い時は頭痛にまで発展し、鎮痛剤のお世話になっていました。

 

それが、久しぶりにお世話になった中国鍼灸の名医のおかげで、
びっくりするスピードで回復に向かっているのです。

 

その先生曰く、
「PCから離れていなさい。原因は、それだから。」

 

いやいや、先生〜。
私の仕事、PC命なんですよぉ〜。。。

 

とはいえ、レッスンにもパフォーマンスにも、差し障るレベルの痛み。

一日も早くよくしたい。

 

というわけで、義父の元への帰省中、PCを開くのをやめてみました。

 

当然、行動のパターンはまったく変わります。

 

朝起きる→PCに向かう→レッスン→PCに向かう→レッスン→PCに向かう→ごはん→PCに向かう→寝る・・・
日によって、「レッスン」が「大学」だったり、
「打ち合わせ」や「リハーサル」、
「収録」だったりするだけで、
ONの日のスケジュールはほぼこのパターン。
毎日14時間くらいは働いているイメージです。

 

それが、夏休み中は、

朝起きる→ごはん→寝る

この合間がざっくり空っぽになりました。

 

「空間」があると、新しい思考が流れ込んできます。

 

なにかに集中したいときは、
この「新しい思考」が邪魔になるときもありますが、

探しても探しても答えが見つからないときや、

さまざまな角度から思考を進めているつもりでも、
一定のパターンから抜け出せないようなときは、

新しい視点、新しい思考が景色をいきなり変えてくれます。

 

例えば、あるものを徹底的に観察して、研究して、
すべてをわかったような気になっているとき。

ふと、研究の手を止めて、
ぼ〜っとそのものを俯瞰しているうちに、

自分が、それを持ち上げたことがなかったことに気がつく。
あるいは、それを口に入れてみていなかったことに気づく。

 

 

 

持ち上げてみたら、円柱だと思っていたものが、実は筒だったり、
口に入れてみたら、メロンに見えていたものが、実はろうそくだったり。

 

そんな気づきから、新たな発想や思考が生まれるのですね。

 

 

 

そんなわけで、
いろんなものの空洞や本質に気づく時間となった夏休み。

 

おかげさまで首も、後一歩のところまで回復したように思います。

明日から、またバリバリがんばります。

46324670 - young woman traveling looking out the window while sitting in the train.

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

人を本当に育てるのは、反骨心や反抗心だ!

ミュージシャン仲間に、有名なおしどり夫婦と呼ばれたカップルがいました。 旦那さん …

無限大に見える作業量を前に、ひるんだら負けだ!

洋楽のカバーを歌う、英語の苦手な学生たちに、 英語の発音指導をすることがあります …

何を言われても、自分がぶれなきゃよくないですか?

少し前まで海外には、 「日本人はいまだにちょんまげ結って、着物着ている」 と思っ …

けなし上手 vs. 誉め上手

「MISUMIは音痴だからさぁ。」 「ほら、あんたって、お勉強はできるけど人間的 …

「無理」って言うな!

「限界」は自分が設定するもの。   これが、かれこれ、半世紀ほど人間を …

「積ん読」でも「疑似読書」でも、本で世界は広がるのだ。

少し前に「本を読もう!」というポストをアップしました。 今日も本のお話。 もちろ …

シンプルでもいい。複雑でもいい。「生きる」を楽しむ。

学生時代、小笠原の父島という島を、 友人たちと共に自転車を担いで訪れたことがあり …

年齢を重ねることは「変化」であって「劣化」ではない。

「今さら」、「この年で」、などとということばを聞くたびに、 本当にいらっとします …

「可能」を生きる

「一体いつから、できない理由を先に数えるようになったんだろう。 可能性に胸躍らせ …

心のノイズを打ち消して、ただがむしゃらに進むのだ

こんなこと、やってみたい! こんなこと、やったらどうだろう!?   そ …