大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「逃した魚」は、きっと毒入り!?

   

「チャンスの神様には前髪しかない」(Seize the fortune by the forelock)

出会った好機は、その瞬間につかまなければ、
後から後悔しても遅い、と言う意味のことわざです。
 
ちなみに、ギリシャ語でチャンスを意味する「カイロス」という神様が、
前髪は長いのに、後頭部はつるっとはげていることから来たお話だとか。(by wiki)

 

けどね。
わかります?
 
これがベストのチャンスとか?
これを逃したら、次はないとか?
 
起こらなかったことを、
起こせなかったことを、
どんなにシミュレーションしてみたって、
それは結局妄想でしかない。
 
実際、「これぞ千載一遇のチャンス!」と思って、
思いきり乗っかって、
苦しいことに耐えてみたけど、
結局ちっともうまくいかなくて、
反対に酷い目に遭った、なんて話も、後を絶ちません。

 

ならばむしろ、私には、
「起きることにはすべて意味がある」(Everything happens for a reason)
と考える方が、ずっと心地いい。

 

「逃した魚は大きい」とか言うけど、
逃した魚を嘆くばっかりに、
「どーせオレなんか」と、魚を釣るのをやめるから、
そこでゲームオーバーになるだけ。
 
「あいつ、うまくやりやがったなぁ」と、
羨む気持ちだって、痛いほどわかるけど、
それって、「あいつ」にとって、
正しい時に正しいことが起こったに過ぎないのではないか?
 

かつて、チャンスを逃した(と感じられる)のは、
今、自分にチャンスが訪れていないのは、
 
自分がついていないからじゃなく、
むしろ、めっちゃくちゃついていて、
本当に正しいタイミングで最高のご褒美をもらうための、
長い長い伏線なのではないか?
 
ならばむしろ、
起きることのすべてを味わい倒して、
 
そのひとつひとつから学び、
幸福の種をもらい、
いつかその日が来るまで、
思いきりエネルギーとパワーを蓄えておきたい。
 
そんなことを全身で感じている夜です。
 

まだまだいくぜ。

そんな丈夫な自分が好きなのであります。

 

5209278 - cute funny liitle girl show tongue

 - Life, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

とにかく歌う。毎日歌う。それを続ける。

生まれて初めて包丁を持つときは誰だって、 なんのことはない作業、 例えば、単に「 …

「今さらそんなことして、どうするつもりなの?」

思わず口をついてでることばには、 その人が日頃、何を信じているかが反映されます。 …

文化は「オタク」と「変態」、そして「ドM」がつくる

忙しがる人は好きじゃないのですが、 最近、自分もそんな、自分が好きじゃない類の人 …

忙しいときほど立ち止まる〜複数の仕事をきっちりこなすためのヒント〜

よほど恵まれた状況にいるミュージシャンでない限り、 いや、恵まれた状況にいるミュ …

「夢喰って生きられないぞ」

大学3年だったか、それとも4年生だったか。 アルバイトをしていた東京タワーのおみ …

自分を好きになる10の方法

自己評価が低いと、なにをやっても心底楽しめないばかりか、 行動の精度もあがらない …

「お前は一体、どんな行動をして、今の状況を気に入らないと言っているんだ?」

週末なので、インサイドストーリー的お話を。 生まれて初めての音楽の仕事は、音楽学 …

デビューを夢見る若者は「白馬の王子さまシンドローム」?

白馬の王子さま。   苦しい人生を一転させてくれる、素敵な男性の代名詞 …

パッションこそが推進力

「ボーカル、どうしてやりたいの?」 かつて教えていた音楽学校で、こんな質問をした …

「答え」が違うのじゃない。そもそも「質問」が違うのだ。

ずいぶん昔のお話です。   雑誌の付録に「美人顔の条件」というようなの …