大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「逃した魚」は、きっと毒入り!?

   

「チャンスの神様には前髪しかない」(Seize the fortune by the forelock)

出会った好機は、その瞬間につかまなければ、
後から後悔しても遅い、と言う意味のことわざです。
 
ちなみに、ギリシャ語でチャンスを意味する「カイロス」という神様が、
前髪は長いのに、後頭部はつるっとはげていることから来たお話だとか。(by wiki)

 

けどね。
わかります?
 
これがベストのチャンスとか?
これを逃したら、次はないとか?
 
起こらなかったことを、
起こせなかったことを、
どんなにシミュレーションしてみたって、
それは結局妄想でしかない。
 
実際、「これぞ千載一遇のチャンス!」と思って、
思いきり乗っかって、
苦しいことに耐えてみたけど、
結局ちっともうまくいかなくて、
反対に酷い目に遭った、なんて話も、後を絶ちません。

 

ならばむしろ、私には、
「起きることにはすべて意味がある」(Everything happens for a reason)
と考える方が、ずっと心地いい。

 

「逃した魚は大きい」とか言うけど、
逃した魚を嘆くばっかりに、
「どーせオレなんか」と、魚を釣るのをやめるから、
そこでゲームオーバーになるだけ。
 
「あいつ、うまくやりやがったなぁ」と、
羨む気持ちだって、痛いほどわかるけど、
それって、「あいつ」にとって、
正しい時に正しいことが起こったに過ぎないのではないか?
 

かつて、チャンスを逃した(と感じられる)のは、
今、自分にチャンスが訪れていないのは、
 
自分がついていないからじゃなく、
むしろ、めっちゃくちゃついていて、
本当に正しいタイミングで最高のご褒美をもらうための、
長い長い伏線なのではないか?
 
ならばむしろ、
起きることのすべてを味わい倒して、
 
そのひとつひとつから学び、
幸福の種をもらい、
いつかその日が来るまで、
思いきりエネルギーとパワーを蓄えておきたい。
 
そんなことを全身で感じている夜です。
 

まだまだいくぜ。

そんな丈夫な自分が好きなのであります。

 

5209278 - cute funny liitle girl show tongue

 - Life, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

視点を変えると価値観が変わる〜from USA②〜

ニューヨークに暮らしはじめて、真っ先に感じたのは身体の中に流れ込んでくる街の音。 …

基本の「き」

なんか、フェイクがばしっと決まらない。 どうも、歌詞がカミカミになる。 いやはや …

「僕、ミュージシャンでやっていけるでしょうか?」

「僕(私)、ミュージシャンでやっていけるでしょうか?」 という質問に、即座に「も …

18才のように夢見て、38才のように考察し、28才のように行動する。

18才のとき、夢は無限大でした。 自分自身にも、自分の可能性にも、未来にも、なん …

「まだまだ」と心が騒ぐから・・・

今年も残すところ、後4日。 この時期、大掃除や片付けをしながら、 1年を振り返る …

「自分じゃなくなりたい」?

「自分が、○○だったらよかったな。。。」   こんな風に思ったことのあ …

「初めて」が「自分の基準」になる!

オーディションなどの審査をするとき、 最初に出てきたパフォーマーが、まずは採点の …

嫌なヤツはみな反面教師

「六本木行って! え?道わかんないの? あ〜、もういいよ。途中、こっちが言うから …

人生はリハーサルのない、1度限りのパフォーマンス

ひとりのミュージシャンの生涯には、 どのくらいの苦悩や葛藤、挫折があるのでしょう …

「信じる勇気」を持てますか?

さまざまな現場で、さまざまな人と出会い、 教えてもらったことは本当にたくさんあり …