大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「どう記録するか」より、「どう記憶するか」

   

スマホの時代になって間もなくのこと。

こちらが、それはもう夢中で、
なかなかいいこと(弊社比)を言っているはずなのに、

聞き手の男子学生、おもむろにスマホを取り出して、
なにやらいじくっています。

当然、私、イラッとして、
うっすら口調が強くなっているというのに、
男子学生はこちらの会話に反応しながらも、
それでもまだ、スマホをいじっている。
 

「なに?なにかあたしの話より大事なことでもあるの?💢」

 

と思わず言うと、男子学生は、いきなり、はっと我に返って、

「あ。すみません!!!!
先生のおっしゃること、とてもいいお話だったんで、メモしていました。」

・・・・

 

これを、「ふざけるな!メモというのは、紙に鉛筆で書くもんだ!」
なんて雷を落とすのは、
英語で言うところの”Dinosaur”(恐竜=時代遅れ)。

ほっほぉ〜。なるほど。
と、とりあえず飲み込んでみる。。。

 

そういえば、仕事効率化の教えのひとつに、
メモでも、スケジュールでも、
スマホとPCとを連携させて一元管理すれば、
情報を見失わないし、
必要な時にいつでも取り出せる・・・というのがあったなぁ。

タグ付けしたり、フォルダわけしたり、
リマインダーつけたりして、
わからなかったことばは、後で確実に調べることも可能だしなぁ。。。

 

紙の時代の私としては、
やっぱりメモは紙であって欲しいし、
文字は手で書いて欲しいのだけど、
紙に書いていたって、
書くときにメモ帳に目を落とすのだから、結局は同じこと。

 

目を落とすのがメモ帳かスマホかという違いだけです。

 

時代は変わるのだから、
「スマホをいじられるのが気になる」という、
自分の感性を転換させるしかありません。

 

そんなことがあってから、しばらくして、
今度は自分が参加することになったセミナーでのこと。

それまでは、スライドでも、
講師の方のお話でも、
とにもかくにもメモを取るのに必死で気づきませんでしたが、

スライドが変わるタイミングで、
おもむろに、スライドの写真を撮っている人が、
びっくりするほどたくさんいることに気づきました。
(写真撮影可のセミナーでのことです)
そっかぁ〜〜っ!!!(遅いよ)

必死にメモなんか取らなくても、
写真パシッと撮れば、それでメモは終了するんだ!!(遅いって)

 

 

以来、外出先で読書をしているときも、
雑誌などでいい記事を見つけたときも、
パシャッとシャッターを切るようになりました。

「あぁ、メモがあれば。。。」と凹むこともなくなり、

「あー。これ、覚えておこうっ!後で調べよう・・・。」
と思いながらそのまま忘れ去られていたことも、
全部、その場で「写真」におさまります。

 

「手を使って書かなくちゃ、覚えないでしょ」と思ってきましたが、

メモ魔の私にとって、もはや文字を書くのは自動書記に近い。
手を動かしたからと言って、特に脳に強く刻まれるという感覚はありません。
どう記録するか、よりも大事なのは、
それをどう取り出すか、そして、どう記憶するか。
メモをきちんと整理する、などの復習が必要なのも、
その情報を繰り返し見ることが大切なのも、同じです。

むしろ、どこに書いたか、いや、書いたことすら忘れてしまう紙よりも、
タグ付け、紐付けして、取り出しやすいPC管理は、
効率的と感じる人もいるでしょう。
わからないことがあれば、即調べる。
気になったことは即メモする。
記録する。
なんなら音声データで残す。

学習の方法は、時代とともに変わっていきます。
闇雲に新しいものに飛びつくことがいいはずもありませんが、
いいものはさっさと取り入れる。

試した上で、古い方法に利点があると感じたら、
昔の方法に立ち返る勇気も持つ。
大切なことは、
どんなツールを使うかではなく、
自分の脳にどう焼き付けるか。
どう自分の一部にしていくか。

残念ながら、このショートカットだけは、
いまだ発明されていないようです。

31063334 - child thinking. boy looking, pointing up, has idea, solution, isolated grey wall background with copy space to right. face expressions, human emotion, body language, life perception. education concept

 

 - Life, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

  関連記事

批評家目線を捨てる

「Aさんって、うまいんですか?」 生徒の口からは、いわゆる本格派といわれる歌手で …

前進し続ける人に共通のキーワード

「もう」は「まだ」なり。「まだ」は「もう」なり。 私の文章によく登場するので、最 …

「好きだから」っていう動機が一番すごい!

「キミのためなら死ねる」 『愛と誠』という漫画の脇役である岩清水くんの名セリフで …

もたもた迷っている暇はない!

「もっと歌詞の意味を考えて歌って!」 そんな風に言われたことのある人は、たくさん …

ひっぱたかれても納得できないことはやらない!

  まだ幼稚園に通っていた頃。 つまりとんでもなく昔のお話ですが。 & …

「ひどいことを言われた」と感じたときこそがチャンス

20代の前半で、当時10才前後先輩だったプロフェッショナルの先輩たちに、 それは …

「あの頃は不便だったのよ」自慢

兄弟や友人に音楽通がいる人ならともかく、 昭和の時代に、 たったひとりで音楽を学 …

お前の主観はいらんのじゃ。

人が音楽や歌をジャッジするポイントは、 大きく分けて3つあります。 1つめは「正 …

そして、戦いは続くのだ。

最近、ブログを読んでくださっているというさまざまな方とお話するたびに、 「あぁ、 …

「ツボ」をはずした練習は、単なる自己満足であり、時間の無駄。

実は私、とっても足が遅いのです。   いきなり、しかもB面で何を言い出 …