大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

自分自身のマスターは、 どんなときだって、自分なんだ。

   

3月は「終わりの季節」。

学生時代に別れを告げ、
社会に出て行くことに不安を感じている人もたくさんいるでしょう。

転勤や転職が決まり、
これからの生活や環境の変化に、
ついていけるかどうか、今から心配ですか?

 

でもね。

「変化」は一瞬です。

AからBヘ。
赤から青へ。

変わり目を「変化」 というのであれば、

問題なのは、変わることそのものではなくて、
変化の後で訪れる、
延々と続く日常なのではないか。

 

その、新しい日常の流れの中で
変化できずに、ぽつんと取り残される、
自分自身なのではないか。

 

「この世の中に存在するのもので、
変化しないものはない」は私の持論です。

死んだもの、命のないものでさえ、
腐敗したり、風化したり・・・。

 

変化することは人間の生の一部なのです。

 

だから変化を受け入れる。
変化を楽しむ。
そして、変化に身体と心を沿わせてみる。

 

変化の後にはやがて、
延々と続く「日常」がやってきます。

 

日常を生きるのは、
どんなときだって、今、ここにいる「自分」。

 

結局は、

どこにいたって、
誰といたって、
何をしていたって、

 

最後に向き合うのは、
逃れることのできない、自分自身。

そして、自分自身のマスターは、
どんなときだって、自分です。

 

自分自身と向き合えたなら、
どんな変化も、どんな日常も恐れることはありません。

 

自分のルールも、自分の生活も、
最後は、自分が、つくるのです。

19609304 - concept of escape of business problem

 

 

 - Life

  関連記事

91センチの挫折

自己啓発書の普及の名作といわれる『思考は現実化する』には、 金が採れるといわれる …

スキマ時間が自分をつくる

大学の新学期がはじまりました。 毎年、新学期がはじまってから数週間、 大学の授業 …

「ブログ」って、すごいんだなぁ。。。というお話。

「MISUMIさん、ブログ、読んでますよ!」   以前から知っている人 …

人生のワームホールに飛び込む

大好きな作家、ロバート・A・ハインラインの小説の中でも、 とびきりワクワク読んだ …

ウサギとカメはどっちがすごい?

私の生涯の夢のひとつに、 「徒競走で旗の下に座りたい」というのがあります。 笑え …

大きな波を引き寄せる

音楽の仕事には、大きな波のようなものがあって、 来るときには、ど〜〜っと来て、 …

“Discover Book Bar”にてお話させていただきました!

『「自分」が伝わる声ヂカラ』をディスカヴァー21さんから出版させていただいたのが …

「数字」に価値を見出す

先日たまたまYoutuberのヒカキンさんが、 「Youtuberって、要は、他 …

「人生のピーク」なんて、死ぬまでわからない

世界的に活躍し、海外の大きなホールでコンサートなども行ったことのある、 ミュージ …

妄想、体験、疑似体験

「芸の肥やし」ということばもありますが、 さまざまな経験を積むほどに、その人の芸 …