大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

起きて見る夢 vs. 寝て見る夢

   

常日頃、道に迷う若者たちに問いかけていること。

「ぜんぶ可能だったら、なにがしたい?」

 

所詮ひとりの人間が認識できる現実なんて、
自分というフィルターを通して、
ちっぽけな脳みそに押し込められた、
ちっちゃなちっちゃな世界。

まるで押し寿司みたいにぎゅっと押し込められた現実の中で、
自分の生き方をみつけよう、
というのは、いささか窮屈すぎませんか?

だからね、
「現実」なんてものは、はなから存在しないと考える。
なんの制限も枠組みも限界もないと考えたら、
自分は一体どんなことをしたいのか?

人生の答えは、そこにしかないと、信じています。

 

 

とはいえ、です。

 

ときどき、自分の胸に手をあてて、
「ほんとか〜?」と、問い直す。

若者たちに、無責任に夢を与えていないか?

実は、世の中には「絶対的な現実」とか、
「変えられない運命」というのが存在していて、
抵抗して、苦しむくらいなら、
身をまかせて、よろしくやった方がいいのではないか・・・?

そんなときに、必ず考えるのが、

「私は今からでもバレリーナになれるのか?」
という途方もないことです。

もしも、私が今、真剣に、深刻に、
バレリーナになりたいと思い詰めたとして、

本当に「現実」という壁は、そこに立ちはだからないのか?
がむしゃらに、必死に、その夢を追いかければ、
私はロパートキナみたいに踊れるようになれるのか・・・?

 

答えは、もちろん、NOです。

なぜなら、そうやって、

1.「自分はできるのか?」が先行して、
2.はじめてもいないくせに、
3.年齢が、身体能力が・・・と、できない理由ばかりを数え上げているから。

 

それは、ただの、「夢」。
寝てみる「夢」。

 

ときどき、この「起きてみる夢」と「寝てみる夢」の、
違いがわからない人に出会います。

 

「無理だと思ったから」「家族に反対されたから」・・・

どんな理由であれ、立ち止まれば、それまでです。

はじめなければ、できないし、
続けなければ、叶いません。
できないと、あきらめた時が、ゲームオーバーです。

そこが、自分の限界なのです。

 

こどもの頃から、ずっとずっと、
バレリーナに憧れています。

でも、私は一度としてバレエ教室の門を叩いたことも、
バレエシューズを履いたこともない。

 

それが、「才能がない」ということです。

これは私の、お墓まで持っていく、「寝てみる夢」。

 

本気でかなえたいなら、
今すぐ、トウシューズを買いに行け。

 

今日のメッセージは、それだけです。

 

「高い声が出したい」という、たくさんの人の夢をかなえたくて、
Youtubeをアップしています。
メソッドすべてを詰め込んだ完全版、ぜひ、活用してください↓
【高い声が誰でも出せる究極メソッド・完全版】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コアでマニアックなネタを中心に不定期にお届けしているヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』購読はこちらから。

 

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

一瞬一瞬を大切に、大切に生きる。

ブログを書くようになって、 日々、自分の過去の記憶をたどっています。 ところが、 …

ノドをウィルスから守るためできる10のこと

東京の冬場の平均湿度は40~50% 。 そこまで低い数字と感じないかもしれません …

常に最善を期待する

アマチュアだから。 学生だから。 新人だから。 そんな手加減がないのが、 私の、 …

年齢が気になりますか?〜チャンスはいつもフィフティ、フィフティ〜

なかなか将来の見えなかったアマチュア時代。 周りの友人たちは次から次へとお仕事を …

幽霊会員ビジネス?

これまで通ったジムやダンススクールの数は、 15〜20の間というところ。 この年 …

視点を変えると価値観が変わる〜from USA②〜

ニューヨークに暮らしはじめて、真っ先に感じたのは身体の中に流れ込んでくる街の音。 …

「自分が嫌い」の爆発的エネルギー

思うように行かないことは、いつだってあります。 自分が望むような方向に人生が流れ …

Keep on Dreaming!〜夢を叶える決意

エアロスミスのヴォーカリスト、 スティーヴンタイラーがステージでこう叫びました。 …

「目障りなヤツ」で行こうっ!

「あいつ、なんか目障りなんだよな。 なにがってわけじゃないんだけど、なんか態度が …

時間は前にしか進めない。

昨日、ロンドンへ向かうの飛行機の中でのこと。 周囲の人が何度も自撮りをしたり、 …