大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

起きて見る夢 vs. 寝て見る夢

   

常日頃、道に迷う若者たちに問いかけていること。

「ぜんぶ可能だったら、なにがしたい?」

 

所詮ひとりの人間が認識できる現実なんて、
自分というフィルターを通して、
ちっぽけな脳みそに押し込められた、
ちっちゃなちっちゃな世界。

まるで押し寿司みたいにぎゅっと押し込められた現実の中で、
自分の生き方をみつけよう、
というのは、いささか窮屈すぎませんか?

だからね、
「現実」なんてものは、はなから存在しないと考える。
なんの制限も枠組みも限界もないと考えたら、
自分は一体どんなことをしたいのか?

人生の答えは、そこにしかないと、信じています。

 

 

とはいえ、です。

 

ときどき、自分の胸に手をあてて、
「ほんとか〜?」と、問い直す。

若者たちに、無責任に夢を与えていないか?

実は、世の中には「絶対的な現実」とか、
「変えられない運命」というのが存在していて、
抵抗して、苦しむくらいなら、
身をまかせて、よろしくやった方がいいのではないか・・・?

そんなときに、必ず考えるのが、

「私は今からでもバレリーナになれるのか?」
という途方もないことです。

もしも、私が今、真剣に、深刻に、
バレリーナになりたいと思い詰めたとして、

本当に「現実」という壁は、そこに立ちはだからないのか?
がむしゃらに、必死に、その夢を追いかければ、
私はロパートキナみたいに踊れるようになれるのか・・・?

 

答えは、もちろん、NOです。

なぜなら、そうやって、

1.「自分はできるのか?」が先行して、
2.はじめてもいないくせに、
3.年齢が、身体能力が・・・と、できない理由ばかりを数え上げているから。

 

それは、ただの、「夢」。
寝てみる「夢」。

 

ときどき、この「起きてみる夢」と「寝てみる夢」の、
違いがわからない人に出会います。

 

「無理だと思ったから」「家族に反対されたから」・・・

どんな理由であれ、立ち止まれば、それまでです。

はじめなければ、できないし、
続けなければ、叶いません。
できないと、あきらめた時が、ゲームオーバーです。

そこが、自分の限界なのです。

 

こどもの頃から、ずっとずっと、
バレリーナに憧れています。

でも、私は一度としてバレエ教室の門を叩いたことも、
バレエシューズを履いたこともない。

 

それが、「才能がない」ということです。

これは私の、お墓まで持っていく、「寝てみる夢」。

 

本気でかなえたいなら、
今すぐ、トウシューズを買いに行け。

 

今日のメッセージは、それだけです。

 

「高い声が出したい」という、たくさんの人の夢をかなえたくて、
Youtubeをアップしています。
メソッドすべてを詰め込んだ完全版、ぜひ、活用してください↓
【高い声が誰でも出せる究極メソッド・完全版】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コアでマニアックなネタを中心に不定期にお届けしているヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』購読はこちらから。

 

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

自分自身のマスターは、 どんなときだって、自分なんだ。

3月は「終わりの季節」。 学生時代に別れを告げ、 社会に出て行くことに不安を感じ …

「情報過多」なのではなく、「思考過多」。

毎日、ものすごい量の情報にさらされています。 朝、PCを立ち上げ、webを開いた …

50分の2の法則

「世の中の“おもしろいヤツ”、“デキるヤツ”の存在確率は50分の2である。」 高 …

才能ってなんだ?

こどもの頃から、カラダをつかって表現したり、 スポーツで才能を発揮したりしている …

人は、他人のにおいに「敏感」かつ「不寛容」なもの。

「角の○○さんのご主人、若い頃はカッコよかったのよ。 ハワイアンバンドにいたらし …

自分の本気度は、ことばではなく、行動で証明する。

やりたくないことはやらない。   今、やりたくないと感じることは、やり …

センサー、壊れちゃったんですね。

先ほど、今日発行するメルマガを書き終えました。 今日のメルマガは、 『自分のカラ …

「がんばれる」仕組みをつくる

世の中にはがんばれる人と、そうでない人がいます。 がんばれる人からすると、がんば …

とりあえず、「ムカついたら怒る」

音楽のお仕事をしていると、実に数多くの人と接する機会があります。   …

撤退は失敗ではない!〜ポジティブに「リセットボタン」を押せ。〜

「継続か?撤退か?」   ビジネスで大切なのは「はじめる時期」よりも「 …