大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

1行のことば

      2015/12/20

1行。

たった1行のことばが、

人にパワーを与え、
この世で最も幸福な人にする。

あり得ないほど惨めな気持ちにし、
奈落の底に突き落とす。

 

1行のことばで、
どうしようもない苦しみから救われた人も、
電気的な啓示を受けた人もいるでしょう。

1行のことばで、
夢や希望を奪い取られ、
死にたいくらい、お先真っ暗になった人もいるでしょう。

「そのことばを自分が読んだ(聞いた)」という以外、
この世の中で変わったことはなにひとつないはずなのに、

自分を取り巻く世界の色彩も、サウンドも、肌触りも、
何もかもが一瞬にして変わってしまう。

 

ことばには、恐ろしいほどのパワーやエネルギーがあります。

多くの場合、
受け手としての自分自身は、そんなことばのパワーにとても敏感で、
ちょっとした単語の選び方や、語尾のニュアンスに、
過剰なほど反応して、心をアップダウンさせてしまう。

 

しかし、送り手としての自分自身はどうか。
受け手の繊細な心の機微をとらえて、
ひとつひとつのことばを紡げているか。
そもそも、受け手というものをしっかり意識できているか。
そのことばがまとう「真実」というオーラは、
自分自身が発することば自体を裏切っていないか。
美辞麗句の向こう側に、淫らな野心が透けて見えないか。

 

ことばの語尾に、卑怯な逃げ道を作っていないか。
「思いやり」を装った、虚栄や偽善が見え隠れしていないか。
選ぶ単語の端々に、媚びがちりばめられていないか。
そもそも、そのことばは、今、自分が語るべきことばか。
このとき、この瞬間に、誰かに向かって発されるべきことばなのか。
日記に書けばそれでよかった独白を、無意味に誰かに投げつけているのではないか。

 

一度、文字になったことば、口から出たことばは、
エネルギーとなり、受け手に影響を与えます。

いかなるときも、それを取り返すことはできません。
ことばを発するからには、そのことばへの責任がある。

そんな覚悟を持って、
迷うことなく、恐れることなく発されたことばこそが、
迷える人を救い、
哀しむ人にエネルギーを与え、
世界を愛で満たして行く。
そんなエネルギーあふれる1行に出会うべく、
今日も本のページをめくります。
そんなエネルギーあふれる1行を送れたらいいなと、
今日もPCを叩いています。

 

38609448_s

 

 

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「へたくそな自分」を楽しむ

一昔前までは、 『NHKのど自慢』に登場するような、 歌好きのひとたちって、 も …

「東京って、やっぱりすごいんですか?」

週1回ほど京都の音楽学校で教えていた頃。 よく顔を見るギター科の学生と エレベー …

ステレオタイプ!!

買い物先でショップの店員さんに話しかけられることが苦手です。 理由はいろいろある …

仕事中毒=「超人病」が、カラダと心を破壊する

ワーカホリック。 日本語で言うと、仕事中毒。 常に仕事をしていないと、または、そ …

知的に怠惰になった時点でゲームオーバー

PCをつかって仕事をしていると、 日々、知識をアップデートする必要に迫られます。 …

「極上の挨拶」は多少の不出来を凌駕する。

夏の終わりを楽しもうと、 愛犬と一緒に郊外のドッグプールに行ってきました。 施設 …

くよくよ凹んだ時に試してみるべきことのリスト

どうにも自己評価が下がる時、というのは誰にでもあるものです。 思ったように仕事が …

うさぎか?カメか?観客か?

「よくそこまでやれるね」と言われることが、多々あります。 機材を買い集めて、見よ …

逆境に感謝を。逆境に陥れようとする「そいつ」にはリベンジを。

「絶対に、あいつの方が、オレより可愛がられてる。」 「なんで、あの子ばっかりチヤ …

人を本当に育てるのは、反骨心や反抗心だ!

ミュージシャン仲間に、有名なおしどり夫婦と呼ばれたカップルがいました。 旦那さん …