大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「音の立ち上がり」を正確にとらえる

   

歌い出す瞬間の音。

音を移動するとき、音の階段を上った、その瞬間の音。

その瞬間をいかに的確に、正確にとらえることができるか。

 

一流と言われるシンガーは、
いや、もちろんプレイヤーも、
この「音の立ち上がり」「音の点」の大切さを
本当によくわかっていて、それを的確に、正確にとらえます。

だから、音の輪郭がくっきりとし、音が抜けてくるのです。
一方、イケてないシンガー、プレイヤーは、
この「立ち上がり」、「点」の感覚が非常に甘い。

実際の「音の立ち上がり」から、
目差す音を出せる瞬間まで、タイムラグが生じるのです。

このタイムラグが大きければ大きいほど、
メロディラインやリズムはぼんやりと、
クリアさを失ってしまいます。

また、歌の場合は特に、
ライムラグだけでなく、
音の揺れも同時に起こるため、
まだ声が不安定でピッチも音色も揺れている最中に、
メロディ的に、次の音に移行しなくてはいけなくなる。

そして、その次の音がまだ不安定なうちに、
また次の音に・・・

これではいつまで経っても、
音程を正確に刻むことはできません。

 

音が出る瞬間は「点」です。

 

音量の大小はともかくとして、
無音状態に対して、
「音が立ち上がる瞬間」というのは「点」。

そして、ある音からある音に移動するときも、
例えそれがポルタメントのように、
音を引きずって上げ下げするときでも、
必ず、その音をとらえる瞬間、「点」があります。

この刹那、
いかに正確なピッチを出すか。
いかに正確にビートを捉えるか。
いかに安定感のある音色を出すか。

 

ピッチが悪いといわれる人は、
ピッチが悪いんじゃなくて、
タイミングあっていない、
「点」を捉えられていないのかもしれません。

 

「音の立ち上がり」。

大きな課題ですが、これを正確に捉えられるようになるか否かで、
圧倒的に実力に差がつきます。

 

勇気を出して、一度、じっくり向かい合ってみてください。

◆近日発行予定のヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』では、「音の立ち上がり」を正確にするためのヒント、トレーニングなどをご紹介いたします。購読はこちらから。
 
◆自宅で繰り返し、何度でも。ヴォイス&ヴォーカルのすべてが学べる【MTL Online Lesson12】。
次期受付開始は10月末頃の予定です。今しばらくお待ちください。
 
◆10月29日(日) 鹿児島にて【MTLワークショップ in 鹿児島】を開催します。

 

 - The プロフェッショナル, イケてないシリーズ

  関連記事

条件が不利な人ほど、熱意がある

優秀なボイストレーナーのレッスンに通い、 思う存分自主練習を積み、めきめき上達す …

「向いてない」って、なんだよ?

つい数日前、はじめて訪れた耳鼻科の先生に、 「この声帯の形からすると、あなた、 …

ねつ造不可能なキャリアを刻む

Webの世界をサーフィンしていると、 昨今は、みんな本当にセルフ・ブランディング …

「違和感」をスルーしない

「違和感」は、ふわっと舞い降りる感覚です。   レコーディング中プレイ …

バッファーをとる

ビジネス用語として最近よく使われる、「バッファー」ということば。 「緩衝」つまり …

「自分のことば」になってない歌詞は歌えない!

役者さんがしばしばつかうことばに「セリフを入れる」というのがあります。 この「入 …

タフであること。 楽天的であること。 そして適度に鈍感であること。

少し前のこと。 とあるアーティストの子が、こんなことを言っていました。 「悪口を …

「君、あんなもんでいいの?判断基準甘くない?」

「ま、君は、リズム、もうちょっとシビアにがんばった方がいいね」   1 …

そんな情報、いりますか?

私が最も嫌いな人種に、 「いらんことをいうヤツ」というのがいます。 本人にはどう …

「はい、はい。わかった、わかった。」

「あんた、あんたって、、、んん〜〜っもう、ったくぅ〜〜。 く・・・くやしいぃいい …