大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「私はドジでのろまなカメです」

   

「私はドジでのろまなカメです」

 

これは、『スチュワーデス物語』という、
めちゃくちゃ昭和なテレビドラマの中で、主人公が使う決めぜりふでした。

 

「そもそも、自分のことを”ドジでのろまなカメ”呼ばわりしているから、
ドジでのろまな自分なのよね。。。」

そう気づいたのは、ずいぶんおとなになってから。

 

私自身、口に出してこそ言わないけど、
「どうせ私は・・・」の塊みたいな人間でした。

いや、こういうと完全に過去形に聞こえるので、
かっこ悪いのを承知で勇気を出して訂正しておくと、

今でも、ちょっと気を許すと、すぐに「どうせ私は・・・」モードが入ります。

 

 

仕事がうまくいかないのも、いじめられるのも、認められないのも、
ぜ〜〜んぶ自分が「ブサイクで頭が悪くて垢抜けない」から。

 

何をやっても今ひとつ突き抜けないのは、
ど〜せ私が「アクが強くて中途半端で平凡だ」から。

この、「ど〜せ私は・・・」は自虐的なことばでありながら、
悲劇の主人公の決めぜりふさながらの、自己憐憫の甘美な香りがします。

あぁ、仕方がないのよ。どうせ私は・・・
いえいえ、無理なのよ。だって私は・・・

 

結局、そうして自分を貶めて、必要以上に卑下することが、

何をやってもうまく行かない免罪符になったり、

努力をやめてしまう言い訳になったり、

しまいには、
「そんな可哀想な自分に、無理難題を振りかける世間って酷すぎる!」と、
逆恨みの材料になったり。

 

だから、いつまでたっても「ドジでのろまなカメ」なのに・・・

そんなカメぶりに酔っているのは、ホントにダサい。

 

ってか、そもそも、カメで何が悪いんでしょう?

 

人にはそれぞれの成長のスピードがあります。

誰よりも苦手なことがあれば、必ず誰よりも優れていることがある。

地球上の動物で、時速100㎞超という、最速で走るチーターの寿命は12年程度。

「ドジでのろま」よばわりされるカメは、30年〜40年生きるものもざらで、
中には100年以上生きものさえいる。

 

 

 

長寿に価値を見出せば、
「生命力のひ弱な」チーターはけして人気者とは言えないはずです。

 

他人の土壌で、他人のルールで、ゲームをするから勝てないのなら、

どうやったら自分のルールでゲームができるのかを、
本当に頭の皮が痛くなるほど、考えるしかないんです。

手当たり次第、とにかく当たって砕けろとばかり、
やれることを精一杯やってみるしかありません。

 

そうやって、時には、自分を「可哀想」呼ばわりしながらも、
自分がもっとも生きやすい場所を、
自分の能力を遺憾なく発揮できるゲームを、探す。

 

「伝説のチーター」として早世するよりも、
「最強のカメ」として現役を守り続ける。

 

そんな風に戦うカメであり続けるのも、いいかもしれません。

4002420_s

 - Life

  関連記事

旅の準備がさくさく進む「持ち物リスト」

「週末から『びぃた(旅)』なんだよね」 「オレなんか、8月は10日間『出っぱなし …

「無理」って言うな!

「限界」は自分が設定するもの。   これが、かれこれ、半世紀ほど人間を …

50分の2の法則

「世の中の“おもしろいヤツ”、“デキるヤツ”の存在確率は50分の2である。」 高 …

【自己評価を上げるためのチャレンジ】

「あなた、ホントにきれいよね〜」 「キミって、カッコいいね。」   そ …

「目」にパワーを宿す

「いい顔をしている」。 「目に力がある」。 「面構え(つらがまえ)がいい」。 & …

ちゃんと寝ろっ!

「えぇええ〜〜っ!MISUMIさんともあろう方が、 今さら、そこですかぁ〜〜〜っ …

パフォーマーなら「好かれたい」自分を恥じない!

人前で歌う、演奏する、演じる、など、 パフォーマンスをする人は、いわゆる人気商売 …

自分自身のマスターは、 どんなときだって、自分なんだ。

3月は「終わりの季節」。 学生時代に別れを告げ、 社会に出て行くことに不安を感じ …

「明日っからがんばろう」の「明日」は一生来ない。

「明日っからダイエットしよう」 「明日っから練習がんばろう」 「明日っから早起き …

そして、戦いは続くのだ。

最近、ブログを読んでくださっているというさまざまな方とお話するたびに、 「あぁ、 …