大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

自分との約束

      2015/12/20

プロフェッショナルやスペシャリストを志すとき、大切なことはシンプルなことばかり。
その中のひとつに、「やると決めたことをやる」があります。

非常にシンプルなことですが、これがなかなか難しい。

はじめるエネルギーや勇気を持つのも大変ですが、
たとえスタートを切れても、続けることができない人がほとんどです。

できない理由、やらなくていい理由は次々と出てきます。

人間関係、多忙、予想外の仕事、家庭の事情、体調不良、

さらには、「結果が出る気がしない」という焦燥感、
「こんなことを続けて何になる?」という不信感、
「やり方が間違っているかもしれない」という不安感。

やっても無駄だ、今日は無理よね、今日くらいはいいか。。。

そんな言葉にあっさり負けたり、戦いを挑んで敗れたりするうちに、
やがてそれは、自分に対する不信感、不安感に変わっていきます。

実はそれが一番怖いのです。

プロやスペシャリストになれば、
やると決めたことをやることは仕事の一部。

やりたくなくても、自信が無くても、やれない理由がいくつあっても、
幕は開き、締め切りは訪れ、カウントは鳴り響きます。

仕事は人との約束。観客との約束。
その力が、自分を動かしてくれるわけです。

22738430_s一方、やると決めたことをやるのは自分との約束です。

人との約束を守ることはプロであろうとするからには当然のこと。

しかし、自分との約束が守れてはじめて、自信がめばえる。
自尊心が生まれる。

そんな風に自分との約束を守る人は、一歩二歩と先に行けます。

やると決めたことは必ずやる。
自分との約束を絶対守る。

そんなシンプルな自信が積み重なって、自分を前へ前へと進めてくれるのです。

そう信じて、今日も愚直にやり続けるしかないのです。

 - The プロフェッショナル, プロへの突破口

  関連記事

ミュージシャンに、定石も王道もない!

「MISUMIさんは、何才から歌っているんですか?」 「やっぱり楽譜が読めないと …

バッファーをとる

ビジネス用語として最近よく使われる、「バッファー」ということば。 「緩衝」つまり …

自分なりの「こだわり」を見つける

かつてよく演奏していた、あるギターリストは、 常にギターは一本だけしか持たない、 …

ちゃんと鳴らす。ちゃんと歌う。そしたら自然にハモるのだ。

いつもはそれなりに元気よく、 いい声で歌っているのに、 誰かのコーラスをやるとな …

「送り手」になりたかったら、「受け手」と同じことをしていたのではダメです。

「歌が好きだから、毎日歌っているんですよ」という人は、たくさんいます。 毎週のよ …

プロ、セミプロ、セミアマ?ミュージシャンの働き方

高校時代、一緒にバンドをやっていた仲間のひとりに、 フリーターをしながら、あちこ …

バンド・メンバーの選び方と、 そのメリットデメリット

友達と意気投合して、生まれて初めて組んだバンドが、 どかんと売れて、人気もバンド …

人生はリハーサルのない、1度限りのパフォーマンス

ひとりのミュージシャンの生涯には、 どのくらいの苦悩や葛藤、挫折があるのでしょう …

最終判断は「直感」!

「ここまで歌えるようになったら、最低限の準備は整った」 「今の自分が歌える最高レ …

ことばに「自分の匂い」をしみつける

ことばには、話す人の匂いがあります。 同じことを言うのにも、ことばの選び方や言い …