大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

自分との約束

      2015/12/20

プロフェッショナルやスペシャリストを志すとき、大切なことはシンプルなことばかり。
その中のひとつに、「やると決めたことをやる」があります。

非常にシンプルなことですが、これがなかなか難しい。

はじめるエネルギーや勇気を持つのも大変ですが、
たとえスタートを切れても、続けることができない人がほとんどです。

できない理由、やらなくていい理由は次々と出てきます。

人間関係、多忙、予想外の仕事、家庭の事情、体調不良、

さらには、「結果が出る気がしない」という焦燥感、
「こんなことを続けて何になる?」という不信感、
「やり方が間違っているかもしれない」という不安感。

やっても無駄だ、今日は無理よね、今日くらいはいいか。。。

そんな言葉にあっさり負けたり、戦いを挑んで敗れたりするうちに、
やがてそれは、自分に対する不信感、不安感に変わっていきます。

実はそれが一番怖いのです。

プロやスペシャリストになれば、
やると決めたことをやることは仕事の一部。

やりたくなくても、自信が無くても、やれない理由がいくつあっても、
幕は開き、締め切りは訪れ、カウントは鳴り響きます。

仕事は人との約束。観客との約束。
その力が、自分を動かしてくれるわけです。

22738430_s一方、やると決めたことをやるのは自分との約束です。

人との約束を守ることはプロであろうとするからには当然のこと。

しかし、自分との約束が守れてはじめて、自信がめばえる。
自尊心が生まれる。

そんな風に自分との約束を守る人は、一歩二歩と先に行けます。

やると決めたことは必ずやる。
自分との約束を絶対守る。

そんなシンプルな自信が積み重なって、自分を前へ前へと進めてくれるのです。

そう信じて、今日も愚直にやり続けるしかないのです。

 - The プロフェッショナル, プロへの突破口

  関連記事

「譜面なんか読めなくてもいいっすよね?」

「音楽、やらないんですか?」 一般の方とお話していて、ふとそんな質問をすると、 …

音楽を「職業」にしないという選択

若い頃から音楽を志して、寝る間も惜しんで練習や創作、 ライブ活動に打ち込んで来た …

You can never have too many guitars?

“You can never have too many guita …

「これ、誰歌っているの?」と思わず聴いてしまうデモの歌唱とは?

「このデモ、誰が歌ってるの?」   初期のスタジオのお仕事は、すべて、 …

「誰にでもできること」を「マネできないレベル」にする唯一の方法

どんなことでも、続ければ必ず上達します。 これには疑いの余地はありません。 楽器 …

「落としどころ」か?「限界突破」か?

完璧主義というほどではないですが、私はなにかと採点が辛いようで、 生徒やクライア …

無限の可能性の中から選び取る、 たった一つの音。

レコーディングなどで自分の声と向き合うと、 声というものの表現の無限の可能性に、 …

「圧倒的な安心感」をくれるプレイヤーの条件

魅力的なプレイヤーたちとのパフォーマンスはドキドキ感の連続です。 心地よい音色と …

「できる人」が集まる環境に身を置く

音楽のセンスや、ことばのセンスを磨いたり、 きらりと光る知性を身につけたり、 楽 …

「想像力の限界」を認める

「ある程度、想像がつくこと」と「想像を越えること」の間には、 「経験」という決定 …