大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

体調管理も仕事のうち!

      2015/12/20

「体調管理も仕事のうち」

ボーカリストやパフォーマーでなくても、仕事を持っている人なら、
自分の体調を把握し、メインテナンスして、
ベストな体調を維持する努力をすることは当然のことです。

睡眠時間は最低7時間半は確保して、早寝早起きを習慣にし、
早朝はヨガやジョギングなど軽いスポーツ。
三度の食事は万全な栄養管理の元、腹八分目を心がけ、アルコールも砂糖も化学調味料も一切口にせず、
空気の悪い場所には近づかず、ストレスなく、いつもニコニコ過ごし、
夜はゆったりと湯船に浸かり、ストレッチとセルフマッサージをして・・・・

な〜んて、無理無理無理。
理想はあくまでも理想です。

実際はどうかといえば・・・

深夜まで仕事が終わらず、それでも、朝早く起きねばならず。
睡眠時間は5〜6時間がせいぜい。酷い時は3〜4時間も。
仕事で頭がいっぱいで、気になることも多くって、
熟睡してるやら、してないやら、朝起きるとやけに疲れている。
一日PCの前に座って仕事をして、腰痛や肩こりでカラダを動かすのもしんどいし、
もちろん、朝から運動なんかしたら、確実に仕事中に眠くなるから怖くてできない。
食事と言えば、コンビニか外食。よくて大戸屋。
つきあいでお酒に呼ばれることもしばしばで、同僚はまわりかまわずタバコを吹かす。
つきあいがない夜も、家に帰れば、疲れているから、思わずビール缶をぷしゅ〜っ。
軽くシャワー浴びて、メールチェックして、気がつけば、また夜中・・・。

17347128_s

そう。現代人にとって、体調管理をするということは、努力を要することなのです。

では、何に気をつけ、何をしたらいいのか?

もっとも大切なことは、「毎日するなにか」を持つことです。

たとえば、毎日体重計に乗る。
毎日、同じ発声練習をする。
毎日、2~3㎞でも走る。
毎日、ストレッチをする。。

自分の体調のバロメーターになることなら、なんでもかまいません。

毎日同じことをしていると、体調の微差に気づきます。
体重計の数字が増減する。
同じ発声がどうもうまくいかない。
走ってみたら、カラダが重い。
ストレッチで痛みを感じる場所がある。。。

そんな微差に気づくことからカラダとの付き合いははじまります。

かつて、ヘビースモーカーの友人が、
「毎朝、一口目の味で、その日の体調がわかるんだよ」と自慢げにいってましたが、
それも、(それが健康のバロメーターとして適当かどうかは別として)同じです。

健康話を書いていたら火が付いてきて、
長くなりそうなので、『ボーカリストにお勧めの毎日すること』は明日UPしますね。

 - カラダとノドのお話

  関連記事

「お腹は凹ますのか?突き出すのか?」問題について語ってみた

「歌うときは、おへその下10~15㎝下を少~しずつ凹ませましょう。 このとき、肋 …

声の変化の分岐点を探す

今日のA面ではダイエットの話を書きました。 自分のカラダの変化の分岐点を見つける …

「いい音を出すには、ある程度の音量が必要だ!」とかって言いますけどね・・・。

「いい音を出すには、ある程度の音量が必要だ」 ロックギターリストが口をそろえて言 …

音楽家なら、カラダの不調を「職業病」で片付けない 

演奏や歌唱はカラダをつかうお仕事ですから、 ミュージシャンはいわば肉体労働者。 …

「ヴォーカリストはまず姿勢!」の本当の意味

「MISUMI先生は、姿勢、姿勢っておっしゃるんですけど、 姿勢をよくする意味っ …

「真っ直ぐ立つ」が大切なんです。

「真っ直ぐ立つ。」 意外に難しいと感じる人が多いようです。 スタンディングのライ …

どんな不調も、見て見ぬふりをしない”しつこさ”が勝負!

今日はものすご〜く私事ながら、 声をお仕事にしている方、歌っている方に、 もしか …

体重計に乗っていますか?

先日亡くなった、お友達であり、ボイストレーナーの小島恵理さん。 ヤマハ音楽院のレ …

声の変化と向き合う vol.1〜発声は運動、歌うことはスポーツです〜

「年のせいか、高い声が出なくなっちゃって。。。」 「私、最近声が枯れてきちゃった …

仕事中毒=「超人病」が、カラダと心を破壊する

ワーカホリック。 日本語で言うと、仕事中毒。 常に仕事をしていないと、または、そ …