大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「ひとりごと」のススメ

      2015/12/20

「最近、どうも声が出づらいんです」

「すぐ声が枯れるようになった気がします」

「以前は、もう少し声が大きかったんですけど」

仕事をやめて家にこもるようになった。
人とあまり会わなくなった。
家族がそれぞれ独立して、ひとり暮らしになった。。。

そんな風に、静かな暮らしをするようになって、しばらくすると、
多くの人が、声の異変に気がつきます。
理由は、簡単です。
声のトレーニング不足です。

この世に生まれ落ちたその瞬間から、私たちはず〜〜っと声を出してきました。

「お腹空いた」、「うんちが出た」という赤ちゃん時代の叫び。
自我が芽生え、さまざまな欲求や要求を訴えるようになった幼児期。
友達と遊び、学校に通い、大きな声で騒いだり、笑ったり、歌ったり。
やがて就職し、さまざまな人に出会い、
恋をして、結婚して、家族ができて・・・
そんなライフサイクルの中で、声を出さなくなるのは、
仕事を離れる、家族と離れる、という大きな節目以降のことです。

(もちろん、声を全く使わない仕事をしている人には、もっと早いタイミングで、
この危機が訪れますが・・・)

 

使わなくなった筋肉は退化する。

発声に関わる筋肉も、使ってあげなければ、あっさり退化します。

まして、アクティブな生活から一転。
家にこもりがちになると・・・

1.姿勢が悪くなる

2.呼吸が浅くなる

3. 腹筋背筋が衰える

4.声帯回りの筋肉が柔軟性を失う 痩せる

5.全身に脂肪がつく

6.顔まわりの構音筋、表情筋が衰える

などなど、発声という運動をするのに好ましくないことが次々と起こります。

 

しかも、声を出す機会が極端に減るので、異変に気づきにくく、
気づいたときにはかなり進行しているということがほとんど。

「何十年も使ってきたものが、そんなに簡単に衰えないでしょう?」
という声が聞こえて来そうですが・・・

骨折して、ギブスで保護した足が4週間で驚くほどやせ細るように、
声だって、使わなければ、あっという間に衰えてしまうのです。
とはいえ、なかなか人に会えない。
家族は長電話をつきあってくれない。
発声練習なんか大事だ。
お稽古事に通うのも億劫だ・・・

そんな方たちには、私、「ひとりごと」を推奨しています!!!

「は?」(街の声)

ひとりごと=呆け、という風に結びつけて考える傾向があるようで、
「なるべく、ひとりごとを言わないように気をつけている」などという方も、
いらっしゃるようです。

でもね。自分と会話するのって、別に頭の中だけじゃなくても、よくないですか?
話し相手を自分にするだけなんだから、誰かに迷惑かけるわけでもありません。

ひとりごと、なぜ、いけないんですか?

ポイントは、ごにょごにょではなく、はっきり、くっきり話すこと。
テレビにだって、思いっきり、気持ちよく話しかけちゃえばいいんです。

発声は運動です。
自分のカラダを鍛えるのに、誰に遠慮することもありません。

誰かが一緒にいるときだけ、「今日はいつもと違うから、ひとりごと禁止!」
って思えばいいんです。
それも、いい訓練になるかもしれません。
楽しいひとりごと、解放していきませんか?

19294433_s

 - 声のはなし

  関連記事

声は、一生かけて育てるもの

「自分、声が太くなったんちゃう?」 「なんか、倍音増えたなぁ・・・」 先日、京都 …

ノドをウィルスから守るためできる10のこと

東京の冬場の平均湿度は40~50% 。 そこまで低い数字と感じないかもしれません …

ボーカリストや声を仕事にしている人にお勧めの「毎日すること」。

今日は、予告通り、(^^) ボーカリストや声を仕事にしている人にお勧めの「毎日す …

「歌の練習、どこでしているの?」

昨日のこと、 レッスン中にいきなり「ドドドドドドッ!」という大きな音がしだして、 …

声の優先順位

「いい声」とはどんな声でしょう? ハッキリ、くっきり聞こえれば、「いい声」という …

no image
声帯さまってすごいんです

声帯ってどんなものか知っていますか? 声にトラブルを持ってお医者さんに行ったとい …

頑固な、間違ったプログラムを解除して、「声」を解放する

カラダの構造や、発声のメカニズムを教えて、左脳からアプローチしても、 カラダに触 …

「ボイストレーナーなんかいらない人」になるための3つのポイント

昨日、『MTL ヴォイス&ヴォーカル オープンレッスン12』初日、 Unit1と …

ちゃんと鳴らす!

ヴォーカルのテクニックのひとつに、 「息混じりに歌う」というのがあります。 基本 …

「自分の声になんか興味ない」?

ずいぶん前、著者仲間と本の企画について話していたときのことです。   …