大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

フェイスシールドって、ハウりません?

   

ずいぶん昔のお話です。

サポートコーラスのお仕事で、
大きな会場を何本か回るということで、
衣装合わせがありました。

普段雑誌のお仕事をしているというスタイリストさんが、
張り切って用意してきてくれたのは、
「今風」の爽やかなワンピースと小物たち。

テーマはリゾート感とかで、
ちょっと気恥ずかしいような、
大きなツバのついた帽子がセットされていて、
さすがお洒落だし、非日常感がいいな、
と、ちょっとウキウキしていました。

しかしです。

このツバ広の帽子が問題でした。

ゲネプロで、
私が衣装をつけて、マイクの前に立った瞬間に、
あちゃーー、くらいの勢いでマイクがハウるのです。

「ハウる」=「ハウリングを起こす」とは、
マイクの音がまわって、
キーンとか、ぶぉおおおおとかいう音がする現象。

カラオケ屋さんやライブハウスなどで
経験したことがある人も多いと思いますが、
大きな会場でのそれは、結構な音です。

モニタースピーカーから返ってくる私の声が、
大きなツバ広帽子に反響し、
それをまた私のマイクが拾う。

ぱおーん、です。

当然衣装は却下。
「帽子がないと成立しない」という理由で、
確か、衣装丸ごとぜんぶ却下になって、
結局何の変哲もない、
お仕着せのような衣装でツアーをした記憶があります。

さて。

「ライブハウスの新しい基準」というイラストを、
誰かがFacebookでシェアしているのを見かけ、
てっきりパロディーだとばっかり思い込んでいた私。

しかし、Yahooニュースで、大まじめに、
「2m以上離れられない場合は
フェイスシールドを使うこと」
報じられていて、
無条件に、あの時のツバ広帽子を思い出してしまいました。

マイクは、フェイスシールドの中なのか?
それとも前なのか?

フェイスシールドの外側なら、
声は果たしてどうなるのか?

モニターはどうやって聞くのか?

この際、みんなイヤモニ使えってことなのか?

フェイスシールドで、果たして、
あの爆音のギターやベースの音は、
あたしの爆声は回らないのか?

プレイヤーたちの耳は大丈夫なのか・・・・???

そんな疑問がたっくさん浮かびました。

観客との距離を2m以上確保できるライブハウスが、
日本全国にどのくらいあるのか?
お客さん同士の間を1mあけたら、
一体何人お客さんははいるのか?

声援なし?飲食なし?物販なし?

まだまだ、ミュージシャンにとっても、
ライブハウス経営者のみなさんにとっても、
そして、音楽ファンにとっても、
厳しい日々が続きそうです。

ドラえもんっ!
早くワクチ〜〜〜ンお願いぃ〜〜!

 - B面Blog, Live! Live! Live!, 声のはなし

  関連記事

「フィルター」をぶっ壊せ

ティーンエイジャーの頃、 とにかくテレビに出ている「タレント」や「アイドル」 そ …

「自分の音域を知らない」なんて、意味わからないわけです。

プロのヴォーカリストというのに、 「音域はどこからどこまで?」 という質問に答え …

腰が硬い人はリズムが悪い!

以前教えていた音楽学校で、 「演奏中の動きがぎこちない学生が多い」という話になっ …

「いい声が出ない」には、いつだって理由がある。

歌うというのは、カラダの中と外を繋げる作業。 少しスピリチュアルな言い方をすれば …

精度の高い”フォルティッシモ”を持て!

ダイナミクス、すなわち音量の強弱のコントロールが 音楽表現の大切な要素であるとい …

「いい音」出したいっ!

いいプレイヤーか否かは、1音聴いただけでわかる。 そんな風に言う人がいます。 そ …

「いい音を出すには、ある程度の音量が必要だ!」とかって言いますけどね・・・。

「いい音を出すには、ある程度の音量が必要だ」 ロックギターリストが口をそろえて言 …

「あの人、ノド大丈夫かな?」

仕事柄、お芝居やミュージカルなど、さまざまな舞台にお招きいただきます。 レッスン …

そんなこと、 何年やってても、絶対にうまくなりません。

プレイヤー目指して、 日夜がんばっていたにもかかわらず、 てんで上達しなかった自 …

つながらない!

振り返れば、一昔前まで、 人と「つながる」にはそれなりの努力がいりました。 親子 …