大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

やる気が出ないときは、やっちゃダメ!

      2015/12/20

「なんか、どうもやる気がでなくって。
これじゃいけないと思うんですけど。。。」

人には「やりたくないとき」というのがあります。

疲れているとき、
体調が悪いとき、
寝不足なとき、など、身体がつらいときもあるでしょう。

人間関係で気になることがある、
悩み事がある、
恋をしている、
他に楽しいことがあるなどなど、気持ちが向かないときもあるでしょう。

また、これといった理由はないけれど、
なんだかやる気がでないなぁ、なんてときもあります。

「これじゃいけない!がんばらなくちゃ」と思うほど、
気持ちが落ち込んで、さらにやる気がでなくなる。

無理やりやろうとしても、全然集中できない。

そうなると、真面目な人ほど、思い詰め、
自分のやる気のなさと、自己嫌悪の板挟みになり、
ときには、食に走ったり、自暴自棄になってお酒に走ったりしてしまう。。。
さらには、余計だらだらしたり、遊んだり、買い物したりしてしまう。。。

こんなとき、私がするアドバイスはひとつです。

やる気が出ないときは、やっちゃダメ!

これだけです。

やる気が出ないのは、エネルギーレベルが下がっているから。

それは、「しばらく忘れて、ぼ〜っと過ごしなさい」というメッセージ。

そんなときに無理矢理がんばったって、ろくなことはありません。
能率は上がらないし、精度は低い。
時には、さらなる不調を招くこともあります。
嫌いになってしまうことさえあるでしょう。
まさに時間の無駄です。

だから、やらない。

時には学校だって、仕事だって、人に迷惑をかけない範囲で、
休んだっていいと思うのです。

そして、大切なのは、やらないことで、罪の意識を感じないことです。

やりたくないんだもん、やらなくていいんです。むしろ、やっちゃいけないんです。

他にやりたいことがあるなら、それを思いっきり楽しむ。
だらけたいなら、100%完璧に堕落する。

そこで、中途半端に、
「あぁ、でも、ほんとは、あれをやらなくちゃいけないのに、
こんなことしてて、いいのかなぁ。。。」
などと思うから、やる気のなさが後を引くのです。

堕落に堕落を重ねる。
遊ぶときは振り切って遊ぶ。
他のことをやるなら、徹底的に、飽きるまで楽しむ。

やがてまた、かちっと、スイッチが入ります。
そしたら、全力でがんばればいいのです。

そのまま一生スイッチが入らないなら、それまでのことだったということ。

さっさと忘れて、
他の、一所懸命やりたいことを、思いきりがんばってください。

28038470_s

 - Life

  関連記事

いつでもどこでも、歌あればこの世は楽し。

欧米人の友達に、「あなたは歌ったりしないの?」と訊ねると、 よく返って来ることば …

ことばの解釈に「正解はない」

高校時代の大半は、ロックとバンドとギター(そして男の子)に夢中で、 「学校の勉強 …

逃した「チャンス」は本物の「チャンス」なんかじゃない。

「チャンスが来たのに、生かせなかった」と感じたことはありますか?   …

「は?マスクって、なに?」

数年前にロンドンにひとり旅をしたときのこと。   そもそも旅の準備は周 …

50分の2の法則

「世の中の“おもしろいヤツ”、“デキるヤツ”の存在確率は50分の2である。」 高 …

「ミュージシャン同士のカップルってどうなんですか?」

ミュージシャン同士に限らず、同業者同士のカップルは、 なかなかうまく行かないもの …

「アイデンティティ」と向き合う 〜from USA①〜

週明けから10日ほどの予定でニューヨークに来ています。 ニューヨークは1992年 …

テクノロジーってどうやねん?

PCを使いこなせないと、人との情報のやり取りが非常に難しい時代になってきました。 …

夢中になれる音楽は「一生の宝」

少し前のこと、バンド仲間で、キーボーディストの友人に、 「若い頃、影響を受けた音 …

「あの頃は不便だったのよ」自慢

兄弟や友人に音楽通がいる人ならともかく、 昭和の時代に、 たったひとりで音楽を学 …