大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「歌って」と言われた時の”危機管理マニュアル”

   

歌をやっていると、
知り合いのライブやパーティーで、
いきなり、「ちょっと歌ってくれない?」
と言われることが多々あります。

「せっかく来たんだから、なんか歌ってよ。」
「キミが歌うと盛り上がるから。」
「あの曲、歌えるよね?聞きたいなぁ・・・」

誰だって恥はかきたくありません。

いきなり歌い出したりして、悪目立ちするのは嫌。
せっかく歌うからには、カッコよくキメたい。
…とはいえ、なんにも準備してないのに、今、いきなり言われたってぇ。。。

そんな葛藤の末、
「いやいやいや」と怖じ気づいて、
後から、「やっぱり歌えばよかった」と後悔したことがある人も多いはず。

こんな話を聞くたびに、
「売られた喧嘩は買う。一択!」
と、勢いよく言っております。

歌は一期一会。
その場にいる人とは、もう二度と会わないかもしれない。
自分にとってアウェイな場面で歌えるチャンスなんて、滅多に来ない。

だからね、そんなことを言われたら、
「わかりました」とためらいなく答えるのが正しいんです。

相手の頼みを引き受けるだけです。
期待に応えるだけ。
恥ずかしがることもなければ、
目立とうとしていると思われたって上等です。

そして、ここ、大事なんだけど、

喧嘩を買うなら、勝たなきゃいかん。
せっかくチャンスに乗るなら、
カッコよく歌って、
ちょびっとでも爪痕残さにゃあかん。

そのために、絶対お勧めなのは、
少しでも「歌って」と言われた時のための
危機管理マニュアルを用意して出かけること。

これね、「いやらしいなー」って感じる人も多いと思うんですが、
準備も心づもりもなしに、人前で歌うのは、誰だって、どんな場面だって危険です。

だから、そんな時のための定番をいくつかきちんと準備しておいて、
都度都度、
「もし今日声をかけられたら、これかな?」と、
なんとなく心づもりをしておくわけです。

どんなときも動じないで歌う人って、
ちゃんとこういう危機管理をやっています。

これは人前で歌う人なら当然のこと。

目立ちたいとか、歌いたいとか、そういうことじゃ全然なく、
頼まれたら、望まれたら、
喜んで歌うのが歌う人間の使命というもんです。

あなたはしっかり危機管理、できていますか?

◆歌う心とカラダに活を入れる2日間。MTLサマースクール2022。リアルとリモート同時開催。
◆公式LINE、はじめました。ご質問やお悩みにもお答えしていきます。ご登録はこちらから。

 - Live! Live! Live!, The プロフェッショナル

  関連記事

「自分の名前」と、今一度向き合う。

作詞者は曲のタイトルを。 編集者は、本のタイトルを。 起業家は会社名を。 そして …

スタジオ・ミュージシャンって何するの?

私のプロフィールには、 「500曲以上のレコーディングに参加した」と書いてありま …

「数値」と向き合う。「ヒト」と向き合う。

◆歌の「うまさ」は数値化できる。 専門的な機械を使えば、いや、近年ではそこそこの …

ピッチが悪いの、気づいてます?

少し前のこと。 知人に誘われたとある会社のパーティー会場の片隅で、 いきなりジャ …

歌は1人で歌うものではなく、チームプレー

「歌は1人で歌うものではなく、チームプレー」 今日、週末に大きなライブをひかえた …

ヴォーカリストだって、もっと「音色」にこだわる!

「ロックは出音とグルーヴ、ステージプレゼンス」 と繰り返し書いてきました。 筆頭 …

「生みの苦しみ」

作品をつくり出すことは、非常に苦しい作業です。     例え …

「シンガー」というキャリアのゴールを描く

プロを目差すシンガーたちには、それぞれのゴールがあります。 ゴールが違えば、歩む …

「プロじゃない」から、すごいんだ。

最近、セミナーや講演を通じて、 全国の音楽愛好家の方たちと接する機会が多くなって …

あなたの楽器、いい音出てますか?

楽器は音色がすべて。 ピッチを正確にとか、 リズムをしっかりとか、 ダイナミクス …