大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「好き」をどこまでも追いかける。

      2022/09/15

「好き」という感情くらい強烈なエネルギーを持つものはありません。

どんなに疲れていても、スケジュールがタイトでも、
万難を排して好きな人の元に飛んでいく。
好きな人のためなら、なんだってやる。
「キミのためなら死ねる」みたいな気持ちになったりする。

そんな情熱が沸き起こったら、
とりあえず全面的に身をまかせるべきであると、
情熱に駆られて、さんざんイタい目にあってきた今でも、
心の底から思います。

「好き」に理由はありません。

好きと感じた人を分析してみたら、
イケメンだったとか、高身長だったとか、優しかったとか…
後付けで理由を考えることはあっても、
好きになる法則なんて、誰にもわからない。

「好き」はふとした瞬間に、ただ舞い降りる感覚。
一体全体どこからくるのか、さっぱりわかりません。

でも、だからこそ、「好き」にしか正解はない。

無条件に、無尽蔵に、無限のエネルギーをくれる「好き」という感情こそがGOサイン。
自らの役割、ミッションに気づかせてくれるメッセージであり、
自らの未来を切り開く力。

そんな風に思えてならないのです。

好きを追いかけるからこそ、
可能性を切り開くエネルギー、
限界に挑もうというパワーがわいてくるからです。

 

「好き」は一瞬にして消えるときもあります。
追いかけてみたら、ひらりと逃げて行くときもあるし、
これこそ本物の「好き」と信じて進んでいたら、
いつのまにか情熱が消えていて、慣性だけで動いていた、
みたいなことだって、たくさんあります。

こんなはずじゃなかった、みたいな場所に連れて行かれることもあるし、
びっくりするほど酷い目にあうこともある。

それでもやっぱり、
「好き」にしか正解はないんです。

好きを追いかけた先に起きることは、
どんなにひどいことだって、
どんなにつらいことだって、全部意味があります。
好きだからこそ、激しい感情に翻弄されるのです。
その感情に意味があるのです。

その意味がわかるのは、ずっとずっと後だったりするのだけれど。

たとえどんな目にあったとしても、
何を犠牲にすることになっても、
追いかけたい、追い続けたいというほどの「好き」に出会えたら、
それは本当にラッキーなこと。

GOですよ。GOなんです。

あなたの「好き」はなんですか?

 

■無料メルマガ『声出していこうっ』。プライベートなお話からマニアックなお話まで、ポップな感じで綴っていきます!(ほぼ)毎週月曜発行!バックナンバーも読めますよ。

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

風邪に克つ方法

普段、どんなに目の前でゲホゲホやられても、 「そんな風邪は絶対にうつらない」、と …

いつでもどこでも、歌あればこの世は楽し。

欧米人の友達に、「あなたは歌ったりしないの?」と訊ねると、 よく返って来ることば …

自分が自分であることの奇跡

今日はお誕生日でした。   いくつになっても、誕生日はとてもワクワクし …

「できれば音楽で食べていきたいんですけど…」

「できれば音楽で食べていきたいんですけど、 やっぱり、ほら、難しいじゃないですか …

「選ばれる基準」

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」とは、 日本の最高額紙幣に印刷され …

「マネをする」という選択も、自分のオリジナリティの一部なんだ。

人に習うと、自分のスタイルが確立できないとか、 人のマネをすると、オリジナリティ …

世界はあきれるほど狭い

むか〜し、 と書きたくなるくらい、遠い昔のこと。 カナダでデビューしないかと持ち …

理解できない相手がクソなのか、させられない自分がダメなのか。

誰にも歌を認めてもらえず、 今日辞めようか、 明日ちゃんとした就職先を探そうかと …

自分自身であり続けること。 受け取るままに表現すること。

曲や歌詞、文章はもちろん、 トレーニングメソッドも、セミナーなどのアイディアも、 …

ハリネズミのジレンマ〜「安心距離」に過敏にならない〜

そんなつもりじゃないのに・・・なんでわかってくれないんだろう? 一所懸命やってい …