大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

スルーすべき偽装アドバイスの特長。

   

なんか言いたい人ってのは、いつの世の中にもいるものです。
言われる方も人間なんで、言われたら言われたで、やっぱり傷つく。

そんなとき、
「キツいけど、ありがたいアドバイスだ!」と、
感謝の気持ちに転じられるならいいけれど、

困るのは、
イマイチ相手の意図が不明、
しかも、なにも、あんな言い方しなくたって。
っていうか、なんで、今?なんであたし?
むしろ、なんでお前?・・・となる時。

「なんか言う」人の多くは、
社会的に、また特定の団体で、微妙な立ち位置にある人、
もしくは、受け手と微妙な関係性にある人。

そこそこキャリアや、名前のある人とか、
周囲にちょこっと一目置かれているような立場の人ほど、
往々にして、「なんか言う」。

これって「そこそこ」「ちょこっと」な人たちのポジション取り、
いわゆるマウンティング、
もしくは、周囲に対するパフォーマンス。
つまり、自己愛。

「なんか言う」のは、
自分はこんなにわかっている。
自分はこんなにすごい。
自分にはこんなに愛がある。
と言うことをデモンストレートすることなので、
ぶっちゃけ相手は誰でもいい。
言われる方は事故に遭うようなものです。

この手の「偽装アドバイス」の特長は…

  1. 必要以上に声がデカい。
  2. 話が聞こえる距離に当事者以外の誰かがいる。
  3. ちょいちょい自慢話が差し挟まれる。
  4. 具体的な解決策の提案がほとんどない。
  5. 時折応援のことばもあるが、伝わってこない。
  6. 話を聞いているとひたすら消耗する。
  7. 自尊心をズタボロにされる。

そんなの絶対に愛じゃないし、
絶対に、アドバイスじゃない。

愛から出るアドバイスとは、
受け手をプラスの方向に導くことができるアドバイスです。

耳の痛いことを言うときも、
そこには、ちゃんと次の可能性を切り開くための知恵があるべきだし、
受け手のやる気とエネルギーを鼓舞するくふうがあるべき。

それができないのなら、人様にアドバイスなんてする資格はありません。
何にも言うな!ということです。

 

こんな事故に巻き込まれたら、
とにかく心を冷静に静めて、
いち早く、事故現場から立ち去る。
そんな人との関係は、SNS含めて、キレイさっぱり消し去る。
それが叶わないなら、可能な限り距離を置く。
これが一番です。

そして、ひとしきり友達に話を聞いてもらったら、
本当に尊敬できる、ちゃんとしたアドバイスをくれる人の元に駆け込むのです。

みなさんも、偽装アドバイスにはくれぐれも気を付けてくださいね!

■無料メルマガ『声出していこうっ』。プライベートなお話からマニアックなお話まで、ポップな感じで綴っていきます!(ほぼ)毎週月曜発行!バックナンバーも読めますよ。

 - Life

  関連記事

夢を叶えるステップは、「仕込む」「 堪える」 そして、「戦う」。

先日ClubHouseで諸先輩方が、 次世代をになう若者たちに、 自分たちの若い …

200個の骨。600の筋肉。

人間のカラダには、およそ200個の骨があると言われています。 その上に乗っている …

人間の記憶は消えない?

「人間の記憶は消えない」という話を 何かの本で読んだことがあります。 実は、脳は …

一生ヴォイストレーナーのいらない人になる。

「歌なんか、人にならうもんじゃないだろう。」 そんなことばをどれだけ言われてきた …

けなし上手 vs. 誉め上手

「MISUMIは音痴だからさぁ。」 「ほら、あんたって、お勉強はできるけど人間的 …

「答え」が違うのじゃない。そもそも「質問」が違うのだ。

ずいぶん昔のお話です。   雑誌の付録に「美人顔の条件」というようなの …

「続けること」のチカラ

今、どうしても叶えたいことがあったとして、 それがこの先10年間、 コツコツ何か …

作業量の多さにひるまない

英語を勉強しはじめたとき。 英語の辞書の重さをずっしり感じながら、 「こんなにた …

努力賞はない。そんなものはいらない。

「努力賞はないからね。」 音楽業界で仕事をするようになって、 一体何回このことば …

人の心を動かすのは「エネルギー」。

アート鑑賞が好きで、 折に触れ美術館を訪れます。 国内外で、かれこれ30年以上ア …