大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

本番に強くなるマジックワード!?

      2016/10/27

「あんなにリハーサルうまく行ったのに・・・」
「どうして本番になると、いつもボロボロになるんだろう?」

そんな風に言う、『本番に弱い人』がいる一方で、
リハーサルではどうしてもできなかったようなことまで、
本番になるとひらりとできてしまう、『本番に強い人』というのがいます。

本番に弱い人の多くは、あがり症の人。緊張癖のある人。

では、緊張しなければみな、本番に強いかというと、
反対に、妙に落ち着きすぎてうまくいかない、という人や、
集中力が出ないという人もいます。

中には、「本番になると、機材トラブルとか、会場の問題とか、
何かしら起きるんだよね」なんて言う人もいます。

 

では、本番に強い人とはどんな人でしょう?

あくまでも当社の統計的な話なのですが(^^)、

それは、「本番に強くなるマジックワード」を知っている人です。

 

そのマジックワードとは・・・

「私、本番強いから、大丈夫です!」

これだけ。

これは、自己暗示なのか、
引き寄せの法則というやつなのか、
それとも、単に、そういう人が本当に本番に強い人種だけがそう言うのか、
真偽のほどを確かめるすべはありません。

しかし、
「本番に強いから大丈夫」というのは、ポジティブかつ、強力なことばです。

それを口に出していってしまうことで、
自分自身にプレッシャーをかけることにもなります。

自分で自分にかけたプレッシャーを跳ね返すよう、
徹底的に準備することにもなるでしょう。

徹底的に準備すれば、自信も芽生える。
自信がみなぎるから、確実にパフォーマンスできる。

同時に、本番に強いと信じているから、
本番が楽しみになる。緊張しなくなる。あがらなくなる。

そんなパワフルな状態になるからこそ、
周囲にも、いい意味の緊張感が伝染します。

だから、不具合のようなものは起きなくなる。

それが、さらなる運を引き寄せることにもつながるのでしょう。

また、確実な本番の実績を積み重ねることで、周囲から信頼を寄せられます。
そうした信頼が、さらなる自信になり、
いい意味のプレッシャーになり、
確実な本番のパフォーマンスへとつながっていくのです。

 

さぁ、言っちゃいましょう!

「私、本番強いんで、絶対に大丈夫です!」

ときどき、あ〜あ、言っちゃった・・・と思うんですが、
なんとかなります!(^^)))

20013038_s

明日、27日(土)お昼ごろ発行予定の今年最後のメルマガ。
「学生時代、全部ほっぽり出してアメリカに行っちゃおうとした私が言われたことばとは・・・?」深イイ話風にお届けします(^^)

バックナンバーも読めますので、よろしければ是非こちらから登録してくださいね。

 - 未分類

  関連記事

no image
変声期後の、いわゆる「音痴」をなおす方法

さて、昨日は変声期とはどういうものかについて書き、 興味深い資料のリンクをご紹介 …

ポジティブな面にフォーカスする。

「今の、自分ではどうだった?」 そんな質問を、歌い終えたばかりの生徒に投げかける …

うまく行かないときは、自分自身の棚卸しをする

世の中は結構不公平にできています。 必死に必死にがんばっていても、 なかなか認め …

no image
「仕事に困らないミュージシャン」の3つの特性

仕事がなくなると、景気だの、時代だのと世の中のせいにしたがるのは、 ミュージシャ …

no image
技術によって人間は進歩するのか、退化するのか?

技術によって人間は進歩するのか、退化するのか? はじめてレコーディングのお仕事を …

no image
歌の試験の採点基準って?

学校のようなところで教えていると、試験というものがつきものです。 いわゆる前期試 …

no image
好きになれないなら、理解しようと努める

「そんな、しょーもない曲ばかり聴いているから、歌がうまくならないんだ!」 ある先 …

「仕事を舐めれば、仕事に舐められる。」

少し前のこと。 生徒のひとりが、 「先輩にデモの仮歌を頼まれて、 昨日レコーディ …

no image
“I know what I’m doing”

「今の、どうでした?できてませんでした?」 そんな質問を繰り返す子に限って、レッ …

no image
先人たちの名演に学ぶ

ボーカリストにとって、いや、ミュージシャンにとって、 最高の教材は先人たちの残し …