大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ノドだけ労わりゃいいってもんじゃないので。

   

秋はスケジュールの動くときです。

勝負をかける大きなイベントを秋に持ってくるアーティストもたくさんいますし、
学園祭ツアーに出かけたり、
年末のイベントや、年明けリリースのレコーディング準備に追われたり・・・

なにかと身辺が動くときほど、レッスンに身が入るのは、
一般人でも、アーティストでも同じです。

気力充実、スケジュールぱつぱつで、生き生きとレッスンにやってきます。

(おかげさまで、私のレッスン表も番組表のような状態になっています(^^))

こんなとき、アーティストのみんなに必ずする警告があります。

「とにかく、カラダの声を聞け!」です。

気が張っているときは、カラダの信号に無頓着になりがちです。
つねにスタッフやファンに囲まれているアーティストたちは、
充実感で空でも飛べるような勢いで仕事をこなしていきます。

でも、ちょっと待って。
空、飛べませんよね?
ちゃんと寝てますか?
カラダの緊張、溜めすぎてないですか?
休養、栄養、気を配れていますか?

「大丈夫です」とみんな言います。「なんとかなります。」

なんとかするのが仕事なのはわかっています。
私もそうしてきたし、そう教えています。

そして、みんなマスクして、加湿器使って、お水を飲んで、
のど飴やノドにいいお茶を飲んで、はちみつなめて、
「ノドは可能な限り、労っていますから」と言うんです。

でもね、声帯さまは単独のマシンではないでしょ?
全身が疲れていれば、同じだけ疲れる。
全身が緊張していれば、同じだけ緊張する。
そんな状態で、他のカラダのどこよりも酷使されるのは声帯さまだということを
忘れないで。

無理を続けると、必ず、歪みが起きます。
何度も言うけど、声帯さまはわずか1.5㎝~2㎝ほどの小さな、超デリケートな組織。
一度壊してしまったら、回復にはそれなりの時間がかかってしまうんです。

栄養は休養とセットにならないと効果を発揮しません。
睡眠時間と、リラクゼーションタイムは、
どんなときにも、ちょっとくらい無理しても絶対の絶対に捻出してください。
だいたいさぁ、みんなのスケジュール聞いてると、
その時間はなに?みたいの、ありますよ。
そこ、ちょっと効率化できないの?みたいな。

本人たちだけじゃなくって、スタッフの方たちにも、
是非是非心砕いていただきたいポイントです。

ひとつ、よろしく!!!

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

本番に強くなるマジックワード!?

「あんなにリハーサルうまく行ったのに・・・」 「どうして本番になると、いつもボロ …

no image
「おかあさん声」の主は・・・

昨日、近くのストアにお買い物に行ったときのとこです。 商品に見入る私の横で、親子 …

no image
歌の試験の採点基準って?

学校のようなところで教えていると、試験というものがつきものです。 いわゆる前期試 …

no image
自分のチェック機構を磨け!

「ちゃんと練習したんですけどね・・・」 ちっとも上達していないことを指摘されて、 …

no image
ことはじめは手帳と日記を書くことから

遅ればせながら、新年おめでとうございます。 ことはじめは1年の目標、ゴール、おお …

ミュージシャンに向いている人って?

「ミュージシャンに向いている人ってどんな人ですか?」 そんな質問を時々受けると、 …

no image
自分の耳は自分で磨く

歌えないから聞こえないのか? 聞こえないから歌えないのか? ニワトリと卵のような …

no image
解剖学の本から『笑筋』が消える日?

うまく笑えない子が増えている。 「にっこり笑って」と言われて、前歯をきらりと見せ …

言い訳のない歌を歌う~Singer’s Tips #24~

「今日はちょっと調子悪くて」 「最近ちょっと歌えてなかったから」 「自分、まだま …

no image
「これが正しい」は自分で選び取る

アーティストや学生たちと接していると、 「何が正しいのかわからなくなってしまいま …