大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

メイクに目覚める年齢 vs. あきらめる年齢

   

大学4年の頃、よく遊んでいた同級生の男子に、いきなり、
「っていうかさぁ、コサカさんは、なんでお化粧しないわけ?
A子ちゃんだって、B美ちゃんだって、仕上がりは残念だけど、それなりにがんばってるじゃない?少しは女らしくしなさいよ。」と言われ、衝撃を受けました。

その瞬間まで、自分がお化粧してないなんてことを、ただの一度も意識したことがなかったし、他人がお化粧をしているか、否かなんてことが気になる人がいるなんて、想像もしていなかったし、ましてや、同級生の男子に、そんなことでとがめられるなんて、まったくの心外だったのでした。

メイクに目覚める適正年齢って、いったいいくつなんだろう?

そういえば、『小さな恋のメロディ』では、まだ小学生だったメロディがお母さんのメイク道具をこっそり使って、お化粧をするシーンがあったっけ。

社会人になれば、お化粧は身だしなみとされる風潮さえあるのだから、高校の授業でメイクを教えたってよさそうなもの。
先輩や同級生に素敵なおしゃれをしている人がいれば、自分だって影響を受けて、少なくとも興味は沸いたかもしれない。

メイクや髪染めどころか、ちょっと眉毛を細くしているとか、髪にレイヤーが入っているとかいうくらいで、呼び出されたり、生徒証を取られたりするような、とんでもない中高一貫の女子校に通っていたせいで、お化粧している同級生を見たことがなかった私。
音楽に夢中だったのに、ビジュアル面には全く意識がいかなかったこともあいまって、大学卒業を前に、山出しのジャガイモのような状態だった私を、彼は見るに見かねたのかも知れません。

そんなんでね。苦労しましたよ。
完全に出遅れた形でメイクをはじめて、ルッキズム全盛、セクハラモラハラパワハラのデパートといえる音楽業界に飛び込んで。

あれからむにゃ十年。

何年か前に母に聞きました。
「もうさー、美容院も化粧品もドンドンお金かかるのよね〜。
一体いくつになったら、もういいかなって、お金かからなくなるんだろう。」

「お金かからなくなるときは、死ぬときだね。
おばあちゃんは、80になっても化粧品は上等なの使ってたわよ。」

そう言っていた母も間もなく90才。
先日の引っ越しで、小洒落たドレッサーを買いました。

多少スタートの遅くたって、ちゃんと帳尻はあうのが人生。
まだまだ当分がんばります。

 - Life

  関連記事

「できたらいいな」と思うことと「本当に好きなこと」の決定的な違い

書くことが好きです。 ほっといても書く。 学生時代など、授業中に全く授業聞かずに …

「変」なのか?才能なのか?

先日、とある会社にお勤めの、 才能あふれる、知的な若者とごはんしていた時のこと。 …

接客が嫌いなら客商売はやめたまえ。

「接客が嫌いなのに客商売をやっている」という、 意味不明な人に、時々出会います。 …

とりあえず、「ムカついたら怒る」

音楽のお仕事をしていると、実に数多くの人と接する機会があります。   …

「アイデンティティ」と向き合う 〜from USA①〜

週明けから10日ほどの予定でニューヨークに来ています。 ニューヨークは1992年 …

人間関係は「見極め」と「覚悟」なのだ。

最近、「あぁ、なんでこの人は、わかんないんだろう。」と、 苛立つことが立て続けに …

自分自身の心の在処(ありか)を探す

我が家の初代わんこ、デイジーさんの体重はおよそ24キロ。 レトリバーにしては、か …

「極上の挨拶」は多少の不出来を凌駕する。

夏の終わりを楽しもうと、 愛犬と一緒に郊外のドッグプールに行ってきました。 施設 …

「君たちには問題意識というものが足りない!」

「君たちには問題意識というものが足りない!」 大学4年の時、ゼミの担当教授が、 …

「なに、夢みたいなこと言ってるの!?」

何年か前。 知人の家に幾人かの人と集い、 他愛もない話をしていたときのこと。 誰 …