大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

40代、前途洋々!これからだ!

   

昨日、ヤマハ音楽院の教え子たちの、同窓会に出席しました。
同期の子たちが集まった飲み会というカジュアルな会だったので、同期会という方がいいかな。
気づけばみんな「41になりました」とか「いや、もう42です」とか言っていて、
なんだ、いいおとなじゃん。

彼ら周辺の世代は、気合いの入った、エネルギーあふれる子が多くて、
一線で活躍するミュージシャンやシンガー、売れっ子音楽講師、有名音響会社の営業マン…。
スタジオ経営や、複数の保育園の経営、音楽スクールプラットフォーム運営など、自分でどんどん可能性を切り開いて、仕事を創り、社会に貢献しています。
子育てという、めちゃくちゃクリエイティブな仕事を、生き生きとこなす素敵な子たちもいました。

みんなの話を聞いててホントに誇らしかったです。
教えられることもたくさんありました。

思えば、彼らに教えていた頃の私は、今の彼らとたいして変わらない年齢で。
40才っていうと「やってやるぜ!」という想いと「もはやこれまでか?」という想いが交互に訪れる時期。
時に「可能性」と「限界」の間に立たされているかのような、焦燥感に苛まれたりもします。

いやいや、ちょっと待て。

年の話はあんまりしたくないけど、まぁ、仕方ないからあえてすると、
URUGOMEというバンドでメジャーデビューしたのが40才。

そのまま音楽のキャリアで走るはずだったのに、リットーから最初の本を出版して、ミッションがドカンとふってきて、アーティストに特化したボイトレをスタート。
起業塾に通い、起業して、作家を養成する超ハードなゼミに通い、最初の一般書を出版して、ブログがブレイクし、MTLのテキスト山ほどつくって、音大講師をやって、10キロロードレース走って、小説出版して、有名人や一般人、才能のある子から、そうでもない子まで、たっくさんの人のボイトレをして、バンドのアルバム出して、ツアーやって、動画200本以上撮影&編集をして、日本とか世界とかいろんなとこ旅して、テレビ出たり、講演したりして、また本出して、YouTuber的なことやったりして…

頭の先からつま先までミュージシャンだった、40才の私には想像もつかなかった、不思議な人生を、今歩んでいます。
怒涛のように駆け抜けてきたようでもあり、ひたすら好きなこと、やりたいことだけを追いかけてきたようでもあり。

あっという間だったな。
でも、本当に、人生ってなんでもありなんだな。
なんでもできるんだよな。

40代になったばかりのみんな。
まだまだ前途洋々。人生これからですよ。
学び続け、行動し続けること。
健康と人を大切にすること。
好きなことをひたむきに追いかけること。

私自身、いまだにそれを信じて、実行しているし、これからもそうしていく所存です。

彼らが学生の頃から、ずっと彼らをライバルと思って、本気で向き合ってきて。
今なお、その気持ちは1ミリも変わらないことを実感した昨日。
相変わらずおとなげなさ丸出しで、思うわけです。

負けへんで。

昨日の会に、絶対にいたかったに違いない末さん(末原康志氏)、ぶんちゃん(小川文明氏)の分も、まだまだ当分、みんなとガチで付き合って行こうと、心に誓った午後でした。

みんな、ありがとう。

 - Life, MISUMIの日記&メッセージ

  関連記事

今年はこんな年にします。

新春初ブログです。 本年もどうぞよろしくお願いいたします! 毎年、年頭に、今年は …

「自分の常識は他人の非常識」

「私なんて、ごく普通だから・・・」 という風に言う人は、本当にたくさんいますが、 …

「風邪は引かないことにしています」

長年アニメのディレクターとしてお仕事をしている姉が、 高校生の頃、父の学生時代の …

フェンダー持ってる小学生?/カラダという楽器の価値とポテンシャルをちゃんと知る!

年明けくらいから、ご新規の若手アーティストたちが、次々とやってきてくれる雰囲気が …

ねつ造できない感動が、人の心を動かす。

How じゃなく、Why。 このブログでも幾度となく取り上げてきているこの命題は …

本気で目立ちたかったら「本質を磨く」。これしかない。

Clubhouseだの、Zoomだの、インスタだの・・・ やっと新たな名前とコン …

80sを語ったっていいと思う

少し前、学生に「最近どんなの聞いてるの?」と質問したら、 「僕、結構古い音楽が好 …

「自分らしさ」ってなんだ?

らしくあれ。 女子校時代、嫌と言うほど聞かされた言葉です。 本校の生徒らしく、 …

自分のお尻を蹴飛ばす瞬間

「えいっ!」 やらねばならぬ、 やりたい、 いや、やるのだ。 そう決意をかためて …

オレの方がすごい?「優越感シンドローム」

ある程度キャリアのあるプロフェッショナルなら、 誰しも、自分自身の仕事や能力にプ …