大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「自分らしさ」を見出す3つの方法。

   

自分らしさや、自分の「売り」を探すとき、
頭の中で、ああでもない、こうでもないと考えていても、
さっぱり見つからないどころか、
しまいには、「どうせあたしなんか」の罠にはまって、
身動きが取れなくなったりしがちです。

 

考えてもわからないなら、
やってみるべきことは3つ。

 

まずは、最もよく言われることですが、
自分をよく知る、信頼できる人に相談すること。

「私って、あまりにも普通で、なんの個性もなくて」などと、
相談を持ちかければ、たいがい大笑いされるでしょう。

その上で、自分で気付けなかった、自分らしさや、自分の魅力を、
じっくり教えてくれるに違いありません。

ただし、この場合、ネガティブな情報は一切いらないので、
ネガティブなことを言いそうな人の話は聞きにいかないのも大事です。

 

ふたつめは、ドキドキを探すこと。

自分では気付けない自分の個性は、
無意識に、やってしまうこと、やりたくなること、
大好きで心躍ることにくっきりと現れるもの。

何にドキドキするか、何に心惹かれるのか。
これほど、自分自身の個性や、
自分の向き不向きを教えてくれるものはないのです。

ドキドキは心の送ってくれるメッセージ。
素直に耳を傾けて、行動するのが正解です。

 

そして、3つめは、ショック療法。

猛烈な違和感や嫌悪感を感じることに、
あえて、どぼんと飛び込んでみるのです。

こういう考え方は嫌い。
こんな音楽、全然無理。
なんでこんなの、みんないいって思うんだろう・・・。

そんなものたちを理解しようと心を開いてみる。
実際に好きな人の気持ちになって行動してみる。

時に、単なる食わず嫌いであったことを発見して驚くこともあれば、
なぜ嫌いなのか、なにが違和感なのか、
まざまざと感じ、それらが腑に落ちる過程の中で
自分自身の信条や、自分らしさを見出せたりします。

この方法は時間がかかる上に、
時には、精神修行とも言うべき、苦痛さえも伴いますが、

自分自身を対極から眺めることで、
実に意外な側面や、
思いがけない自分に出会えることも多い、
興味深い実験にもなり得ます。

個性のない人なんて、ただのひとりも存在しません。
要は、自分らしさに気付けるか。
その「らしさ」をおもしろがれるか。

自分自身を楽しむことが、「らしさ」を発揮するコツなのです。


◆歌う心とカラダに活を入れる2日間。MTLサマースクール2022

リアルとリモート同時開催。
◆公式LINE、はじめました。ご質問やお悩みにもお答えしていきます。
ご登録はこちらから。

 - B面Blog, Life, 夢を叶える

  関連記事

ピッチをよくする練習。

「ピッチ悪いね」 歌を志す人が投げ掛けられる苦言で、 これほど辛く、 途方に暮れ …

頭痛がイタい!?

ここ1~2週間、頭痛に悩まされていました。 毎朝、首がぱんぱんに張って目が覚める …

で?なにがやりたいわけ?

高校時代、多重録音というものへのあこがれが高じ、 ラジカセをふたつ向かい合わせに …

キレたら負け

好戦的な人というのは、どこにいってもいるものです。 まず、仕掛けてくる。 自分の …

「極上の挨拶」は多少の不出来を凌駕する。

夏の終わりを楽しもうと、 愛犬と一緒に郊外のドッグプールに行ってきました。 施設 …

誰もが自由に発信できる世の中では、 「プロフェッショナルな送り手」は不要なのか?

インターネットのおかげで、 個人が自身のコンテンツを自由自在に 広められる時代が …

「レトリバー2頭分」?

「レトリバー2頭分、離れてお並びください。」 先日、小旅行の際に立ち寄った、 ペ …

自分の声。

「自分の声に興味のある人なんているんですか?」 これまで、何度か、 そんな質問を …

その心ないことば、目の前の本人に直接言えますか?

どんな作品にも、どんなアーティストや活動にも、 批判的な意見やネガティブな気持ち …

完成しない作品は、「作品」ではない

ずいぶん昔。 ユーミンがとあるラジオ番組で、 「美大で日本画を専攻していた」とい …