大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

夢をかなえるためのすべて

      2016/10/27

“If you build it ,he will come”(それをつくれば、彼がやってくる)

映画『フィールド・オブ・ドリームス』は、
ある日、突然、そんなメッセージを受け取ったことで、
人生を大きく変える一歩を踏み出すことになる男性の話です。

この映画の中には、夢をかなえるためのすべてがある。
そんな風に思えてなりません。

 

まだ見たことのない方には、ぜひ見て欲しいので、
詳しい内容の説明を避けながら、
今日は、そんな「夢をかなえるためのすべて」について、
とりとめなくお話ししてみたいと思います。

 

夢のはじまりには、「夢に目覚める瞬間」というのがあります。

生涯かけて叶えたい夢に出会う人の多くが、
「夢に目覚める瞬間」を経験しています。

 

曲を聴いて、背中に電気が走った。
映画のワンシーンを見ていて、どきっとした。
本を読んで、猛烈に感動した。
誰かの話を聞いて、いてもたってもいられなくなった・・・。

映画の主人公が受け取ったメッセージのようなものを、
何かしらの形で、受け取る。

肝心なのは、そのメッセージに耳を澄ますかどうか。

夢に出会える人は幸福だという人もいるけれど、
実はそうした瞬間は、誰にでも訪れているのではないか。

その大切なメッセージを、聞き逃したり、やり過ごしたり、
無視したりしているのではないか。

自分自身の感動に耳を澄まし、素直になることなしに、
夢に出会うことはできないのです。

 

目覚めた夢は、やがて頭から離れない「執着」となり、
自分自身を突き動かす「原動力」になります。

人に笑われようが、それらを現実化するために必要なものがなにひとつなかろうが、
「執着」は自分から離れようとしません。

あきらめなければいけない、とわかっていても、無駄。
たとえ、一時的に押し込めることに成功しても、
その「執着」は一生自分について回ることになります。

そして、その執着を原動力に行動できる人だけが、
夢に近づいて行けるわけです。

 

 

どんな制約も、この際問題ではありません。
「インスピレーションのおもむくままに行動する」。

「行動することで、道が開ける」。

「行動し続ける熱意」が、やがて周囲を動かします。

自分自身を信じるチカラ。夢を信じるチカラ。
そして、自分を信じてくれる人たちの愛情。

 

夢を叶えることよりも、
夢に向かって行く時間がどれだけ意味があって、素晴らしいことか。

そんな時間をより多く体験できる人を、幸せな人というのではないか。

Keep on dreaming!

 

 

今日の夕方ごろ(〜夜?)発行するメルマガ。
インサイドストーリーでは、私自身が体験した、「夢かな」ストーリーをちょこっとお話する予定です。

バックナンバーも読めますので、よろしければ是非こちらから登録してくださいね。

 - 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「今の自分」を信じられないなら、「未来の自分」を信じる

「音楽学校って、夢をあきらめるためにくるところだって、先輩が言ってました」 &n …

準備せよ。そして待て。

道が開けないとき。 ツキがやってこないと感じるとき。 過小評価されていると思える …

「それは、MISUMIさんが無理だって思っているからです」

後に圧倒的な成功を手にすることになる、 ある若き女性と、 食事をしていた時のこと …

走りながら学ぶ。

情報がなかった時代でも、 情報があふれている時代でも、 本物の情報のパーセンテー …

”想い”を形にする

ゆりかもめに揺られてお台場をながめるとき、 いつも、いつも、心によぎる思いがあり …

「時間」を武器に変える!

「日本人は、残業するから、作業の生産性が上がらないんだ。 17時なら17時に確実 …

自分自身の心の在処(ありか)を探す

我が家の初代わんこ、デイジーさんの体重はおよそ24キロ。 レトリバーにしては、か …

「こんな曲やるくらいなら、あたし、バンド辞める」

カバー曲ばかりやっていた学生時代、 すでに社会人バンドでがんばっていた高校時代の …

「表現したい」という欲求は、 それが可能な人にのみ与えられるエネルギー。

「クリエイティビティの源は何ですか?」と聞いたら、 「リビドーですよ」と答えたア …

「大学って夢をあきらめるために来るところなんですよね?」

夢と希望に胸を膨らませて日本全国からやってくる学生たち。 入学の時の夢は、 「自 …