大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

パッションこそが推進力

   

「ボーカル、どうしてやりたいの?」
かつて教えていた音楽学校で、こんな質問をしたことがあります。

「やっぱり、うまくなりたいんで。」

「なるほど。じゃ、なんでうまくなりたいの?」

「プロになりたいんです。うまいと言われたいし、
自分でもうまいと思えるようになりたいなと・・・」

 

・・・プロになりたい。うまくなりたい。
だから、一所懸命練習する、毎日レッスンや学校にくる。
とても真面目な考え方で、素晴らしい。

でも、ときに、そうした想いの背景にある、
自分自身の原初的な想いに立ち返ってみたい。

うまくなりたいのも、プロになりたいのも、
手段であり、プロセス。

本当の「理由」や「目的」や「動機」は、
もっと感情的なものではなかったか?

 

 

「ひょ〜〜っ!かっちょいい〜〜っ!」であり、

「この『熱い想い』を、外に出したい!」であり、

「女の子にモテた〜〜い!」であり、

「あんな音出せたら、絶対気持ちいいっ!」であり、

「『俺ってカッコいい!』『私ってイケてる!』と感じたい!」・・・

なのではなかったか?

 

そんな、想いを実現するため、表現するために、
「うまくなりたい」のではなかったか?

 

人を突き動かす衝動、感情の力は実に強烈です。
音楽の勉強を続けていると、
うまくなることや、巧妙な曲を書くことことが
目的のようになってしまって、
自己否定に終始するようになります。

 
自分自身の才能の限界を感じ、時間の限界を感じ、
どんどん苦しくなってしまうときがあります。

 
しかし、音楽への想いはパッション。
わくわく、ドキドキ、どっかぁ〜〜ん、です。

 
そんなパッションを押し殺したり、取り繕ったり、
置き去りにしたりしてはいけない。
 

まして、自分の「好き」を否定してはいけない。

 

パッションの力が一番強烈。
夢を叶えるのは、パッションです。

 

自分の衝動や感情を、もっともっと表に出していいのです。
 

好きな音楽に、ワクワク。
自分自身の可能性に、ドキドキ。
毎日の出会いに、どっかぁ〜ん。

 

煮詰まったときは、好きな曲をたくさん聞いて、
いい気分になって、
そんなパッションを全身で、思いきり感じたい。

 
練習じゃなく、思考でもなく、
パッションこそが、自分を前に進めてくれる推進力だからです。

 

38256485_s

 - 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「完璧」の基準が「自分」がつくる。

何年か前まで、夏休みの宿題として、 「大好きな曲を1曲だけ選んで、徹底的に練習し …

なにをハンディとするか、 なにをチャンスと考えるか。

「やっぱなぁ〜。東北人は、生まれながらにハンデ背負ってんだなぁ〜」 カツゼツとビ …

「すごいヤツ」は行動する。

「シンガーソングライターとして世の中に出ていきたいなら、 今どき、自分の録音環境 …

「これでいいのだ」と言い切る勇気。言い切れるまで追い込む努力。

中学時代、先生や英会話部の先輩たちが口々に、 「カーペンターズの英語はきれい」 …

「今さらそんなことして、どうするつもりなの?」

思わず口をついてでることばには、 その人が日頃、何を信じているかが反映されます。 …

セルフ・プロデュース時代を勝ち抜ける

「事務所に入りたい」 「メジャーデビューしたい」 そんな夢を抱いて、オーディショ …

どうせ見えない未来なら、明るい側面だけを期待して生きる。

「MISUMI、そんなことしてて、将来どうするつもりなの?」 思春期の頃から、ア …

自らの夢想の傍観者でいてはいけない。

「MISUMIちゃんの書くような曲なら、俺、100曲書けるぜ。」 ずいぶん昔のこ …

no image
Think big!

最近、学生たちと話していて、気になることがあります。 これからどうなりたいの?と …

胸の痛みを抱きしめて進め

やっとの思いでミュージシャンの端くれになって、 少しでも一流といわれる人たちに近 …