大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

年齢を重ねることは「変化」であって「劣化」ではない。

   

「今さら」、「この年で」、などとということばを聞くたびに、
本当にいらっとします。

 

30才くらいの女子が、「もういい年なのに・・・」などと言うのを耳にすると、
「ケンカ売ってるの?」と思わず言ってしまいます。

 

もちろん、苛立つのは、心のどこかで、
自分自身、いつも年齢を意識しているからでしょうから、
一概に相手ばかりを責めるわけにはいきません。

特に女性にとって、やはり、
こどもを産み育てられる年齢には悲しいかな制限がありますから、
カラダの中でチクタクと時を刻む時計の音に敏感になってしまうのも、
無理もないことです。

 

運動の世界に目を移せば、年齢的な能力の限界はさらに明かです。
40代にもなると、どれほど技術や経験があっても、
10代、20代の若者のパワーには太刀打ちできなくなってくる。

ビューティー面も同じでしょう。
エステだ、高級化粧品だと、どんなにお金をかけまくっても、
10代のぴんと張った肌のきめ細かさは絶対に取り戻せません。

そうそう。

年齢によって、人は変わるんです。

 

だけど、それって、「劣化」でしょうか?

 

かつてサッカーの三浦知良選手が
「自分は30くらいですぱっとやめるつもりだった。
43になって、肉体的にはどんどん大変になっていくけど、
やっとサッカー選手らしくなってきた。だから続けてきてよかった」
というようなことを言っていました。

物事の本質を見極められない10代、20代が人生のピークだなんて、
思うのはつまらない。

つまり、年齢を重ねることは、「変化」であって、
「劣化」であるわけはないのです。

日本人は、年齢をいつも気にします。

年功序列時代があったり、
上下関係を重んじる文化であったり、

こどもが中心に消費をする社会なので、
若いことばかりが美徳になってしまうのかもしれません。

だから、欧米のような、年を重ねて味のある音楽家や役者が
活躍できるステージがどんどん減ってしまう。
欧米の映画を見ていると、それはもう、いわゆる中高年、大活躍です。
40代50代になっても、メロドラマの主役をやる俳優さんがごろごろいる。
お腹が出てても、頭がはげてても、しわくちゃでも、おかまいなしです。

年を重ねることをネガティブに語るのを、
いつになったら私たちはやめられるのか?

 

 

そのくせ、ギターでも、ワインでも、
経年変化したものを「ヴィンテージ」と言ってありがたがったりする傾向がある。

ちなみに、声は、確実に、ヴィンテージ化しますから、
経年変化で味わい深くなっていくもののひとつです。

ちょっとくらい高い声が出なくなるくらい問題じゃありません。

誰もが年を取るなら、年齢と共に変化していく自分を面白がって、
楽しんで、その時、その時の”ベストオブミー”を極めて行くこと。

そういう視点で毎日を挑戦に変えて行くことで、
また一歩、これまでと違うステージで世界が見られるようになるはずです。
Never look back!

 

37132745_s

 

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

おとなってのは「なんか」言うもんなんです。

自分がなかなかにナイス・エイジなおとなになって、しみじみ、 おとなってのは「なん …

ハードでもソフトでもなく、「ヒューマン」ですね。

現在、マジカルトレーニングラボのサイトのリニューアルで、 才能あふれるデザイナー …

「らしくない」を排除すれば、「らしい」が見つかる

情報がどんどん入って来るこの時代に、 自分のアイデンティティ、つまり個性を見出す …

未来人たちよ。「リアル」に触れよ。

自分が高校生、大学生だった時代を振り返ると、 あぁ、ずいぶん未来までやってきちゃ …

作業量の多さにひるまない

英語を勉強しはじめたとき。 英語の辞書の重さをずっしり感じながら、 「こんなにた …

なにをハンディとするか、 なにをチャンスと考えるか。

「やっぱなぁ〜。東北人は、生まれながらにハンデ背負ってんだなぁ〜」 カツゼツとビ …

音楽をどうやって聴くか?

言いたかないけど、レコードの時代に音楽に目覚めた私。 その後、さまざまな音楽メデ …

「迷い」に耳を貸さない覚悟

「これだ!」と閃いて、 ワクワクはじめたはずなのに、 なぜかうまくいかない、 こ …

年齢が気になりますか?〜チャンスはいつもフィフティ、フィフティ〜

なかなか将来の見えなかったアマチュア時代。 周りの友人たちは次から次へとお仕事を …

「自分」というジャンルを極める

「らしくあれ」。 女子高生時代、創立者のありがたきおことばとして、 朝礼などで、 …