大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「火事場の馬鹿力」を操る!?

      2016/12/05

切羽詰まったとき、

追い込まれたとき、

人は、思いもよらなかった力を発揮し、
周囲だけでなく、自分自身をも驚かせることがあります。

 

締め切りの数時間前に突然、とんでもなくいい曲が書けた。

出ないと思ってあきらめていた高い声が本番でいきなり出た。

リハーサルでは全然覚えられなかったのに、
本番で歌詞を一字一句間違えずに歌えた・・・

 

火事場の馬鹿力は、
とてつもない閃きや、究極の集中力をもたらしてくれます。

 

そして、こんな火事場の馬鹿力の積み重ねが、
自分自身の実力をどんどん底上げしてくれるのです。

 

 

もちろん それは、準備ゼロの状態で、ただ祈るだけ、
引き寄せようとポジティブに考えているだけで、
出るような力ではありません。

 

地道な努力や研究の積み重ね、
幾度となく繰り返される試行錯誤・・・

そんな時間があるからこそ、
究極の集中力が発揮されたり、突然の閃きが降りてきたりするのです。

 

 

思いがけない力が出せれば自信がつく。

その力の出し方の「コツ」のようなものが、ふと、わかるようになる。

どのくらい自分を追い込めば、「馬鹿力」の境地に至るのかという、
勘のようなものも身につく。

 

 

やがて、確信犯的に、毎回馬鹿力を発揮できるようになればしめたもの。

自分自身を追い込むたびに、少しずつレベルアップできるようになります。

 

「火事場の馬鹿力」を発揮するには・・・
1. 自分の実力に対して、少しハードル高め、無理目のゴールを設定する

2. 適度に厳しい締め切りを設定する。

3. 何かしらの責任がともなうような、プレッシャーのかかる状況を設定する

4. 周囲やオーディエンスを巻き込む

5. これ以上無理というところまで徹底的に自分を追い込む

 

「なんだ、結局、努力しなくちゃダメなんじゃん」・・・と言うなかれ。

 

そんな積み重ねで、ある日とんでもない力を出せる瞬間が来る。

とんでもない力を出せるコツがわかってくる。

 

そうやって「限界」を超えて行く人だけが、次のステージにのぼっていかれるのですね。

 

49820542_s

 

 

 - Life

  関連記事

オレの方がすごい?「優越感シンドローム」

ある程度キャリアのあるプロフェッショナルなら、 誰しも、自分自身の仕事や能力にプ …

「妄想」は所詮「妄想」です。

小学校1年の終わりに急性腎炎で、2ヶ月ほど入院し、 (今となっては理由は定かでは …

憎っくき「容姿端麗組」に負けない方法

認めたくはないですが、 こんなこと書くのもちょっぴり悔しいですが、 ハッキリ言っ …

何を言われても、自分がぶれなきゃよくないですか?

少し前まで海外には、 「日本人はいまだにちょんまげ結って、着物着ている」 と思っ …

「嫌い」なものは「嫌い」

人の好みはいろいろです。   納豆が大好きな人もいれば、あの匂いには我 …

身にまとう”匂い”はごまかせない

「E先生はセレブだから、 飲み会とか誘っちゃいけない雰囲気あるんですよ。 その点 …

人生を変えてくれた、最善と最悪に感謝する

最近、自分の人生の棚卸し作業というのをしています。 長年生きているというのもあり …

自分自身を幸せにすることなんて、 本当はめちゃくちゃシンプルなことなんだ。

ロンドンに長期滞在したい、という思いは、 もう何年も前からあります。 最低でも半 …

「ときめかない」ものは、「ときめかない」。以上。

こどもの頃から、アイドル歌手というものに、 ホントに興味が持てませんでした。 友 …

「欠落」はことばではなく、行動で埋める

歌うこと、話すこと、書くことを通じて、日々、ことばと向き合っていると、 ことばの …