大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

耳で聞くのではない。脳で聞くのだよ、明智くん。

   

少し前、まずオケを聴け!歌うのはそれからだ!という記事で
歌のピッチやリズムが悪い人は、オケが聞けていないのだというお話をしました。

 

レッスンでも、オリジナルの音源を流して、

「はい。ハイハット聞いて」

「ベースの音、声でなぞって」

などということをさせることがあります。

 

しかしです。

 

実はこの、
「オケの中から、特定の音だけを拾い出して聞く」というのが、意外に難しい。

 

こどもの頃から楽器をやっていたり、聴音をやっていたり、
はたまた英才音感教育のおかげで、絶対音感を持っていたりという人には、
全くもって理解出来ないことかもしれませんが・・・

聞こえないものは聞こえないのです。

 

私自身、音楽の英才教育とは無関係の環境で育ったせいか、
音楽家を志してから、もっとも苦しんだのは、「耳が悪い」ことでした。

 

オケは、「オケ」というダンゴの状態でしか耳に入ってこない。

キーボードやギターのコードの構成音はおろか、

ベースの音でさえよく聞こえない。。。

 

仕事をはじめるようになってからは、モニターでもずいぶん悩みました。
誰かとユニゾンで歌っていると一切自分の声が聞こえなくなる。

ハモっているはずなのに、自分の声がどちらだかわからなくなる。

その結果、ライブでも、レコーディングでも、音を外しまくっていました。

 

さて、こういう人をミュージシャンの間では「耳が悪い」というわけですが、

 

実際に聴力に問題があるわけではもちろんありません。
聴力検査で悪いスコアが出たことは一度もありません。

なのに、一体全体なぜ聞こえないのか。

 

 

はい。音は空気の振動です。

空気の振動が鼓膜を振動させ、電気信号に変換し、脳に伝える。
そして、どんな音かを認識するわけです。

 

 

 

鼓膜の機能に、ある程度の個人差はあると仮定しても、
振動が伝わるのは、あくまでも物理的な現象ですから、
誰の耳だって、平等に振動しているはずなのです。

 

 

そう考えると、特定の楽器を聞くというのは、「耳の焦点」をあわせること。

耳にはもちろん、目や声帯のような、
ピント調節機能がついているわけではありません。

 

脳が聴きたい音に焦点をあてて、音を拾っているだけです。

 

苦手な人は、可能なら、聴きたい音の音量だけをぐいっと上げてみる。

ボーカリストなら、耳栓をしてみるのも有効です。

 

一度、聞くべき音を捉えられると、何にピントを合わせるべきかがつかめます。

それから、もとの音量に徐々に戻していけば、
だんだんと、お目当ての音がくっきり聞こえてくることに気づくはずです。

 

 

いかがでしょう?

苦手な人は、早速練習してみてくださいね。

14664495_s

 

 

 

 

 

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「ジャストフィット」を探せ!

初めて手に入れたギターは、ピアノのおまけにと、 お店の人がサービスでつけてくれた …

歌の練習で絶対にはずせない3つのポイント

連日、ご好評をいただいてます、『デモをつくろうシリーズ』。 今日は6回目です。 …

知っていること vs. わかること vs. できること

知っていることと、わかっていることの間には、大きな溝があります。   …

何年「基礎練習」するよりも、1回の「本番」

何年「基礎練習」をするよりも、一回の「本番」がパフォーマーを上達させる。 &nb …

ゆっくりやってもできないことは、速くやってもダメ

そんなの当たり前でしょ?と言われそうなタイトルですが、 実は、この当たり前を知ら …

作業量の多さにひるまない

英語を勉強しはじめたとき。 英語の辞書の重さをずっしり感じながら、 「こんなにた …

no image
なくて七癖、カツゼツ編

自分の発音のクセ、知っていますか? 方言やアクセントの話ではありません。 50音 …

リズムが悪いのは「背骨が硬い」から?

音楽学校などでバンド・アンサンブルの指導をしていると、 一所懸命演奏する若者たち …

いい歌は左脳を麻痺させる。

ものすごくうまいのに、ものすごく退屈な歌、というのを、 たくさんたくさん聞いてき …

焦燥感や無力感が、 明日の自分をつくるエネルギー

もしも、人間のカラダに、 「歌がうまくなるスイッチ」というものがついているなら、 …