大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

リズムが悪いのは「背骨が硬い」から?

   

音楽学校などでバンド・アンサンブルの指導をしていると、
一所懸命演奏する若者たちの動きに、
なんだか、どうにも違和感を感じるときがあります。

 
硬いなぁ・・・

 

極端に言うと、楽器を演奏している腕しか動いていない。

多少クビを動かしている子もいますが、
その動きも、なんだか硬い。。。

 

そう思いはじめて、よくよく観察してみると、

楽器を直接弾いている、叩いているカラダの部位、
例えば、腕、指、足以外の、
つまり、「体幹」がガチッとかたまっているかのようです。

 

リズムは脊椎で感じるもの

 

私は、このように提唱しています。

 

リズムの感じ方に関しては諸説あって、

腰だよ、という人もいれば、いやいや胸郭なんですよ、という人も、
首です!と断言する人もいます。

ちょっと考えてみてください。

腰とか背中とか首とか・・・いろいろな名前で呼ばれているけれど、
全部まるっと脊椎。

胸郭も、その脊椎にぶら下がっている部品のひとつです。

 

ライオンもイルカも犬も猫も・・・
脊椎動物と呼ばれる動物たちはみな、
背骨、脊椎でリズムを取って歩いたり、走ったり、泳いだりしている。

リズムは脊椎、なのです。
 

さて、

どうにもカラダの動きの硬い、リズムも硬い若者たちには、
共通のポイントがあります。

 

1.姿勢が悪い
 
日常の姿勢が悪く、背中が丸い、首が前に出ている、肩が上がっている・・・

人間のカラダは形状を記憶するそうです。
悪い姿勢で生活していれば、その形を脳が覚えます。
体幹に不要な、悪い緊張をつくったまま、カラダが固定されてしまうのです。

 

2.腰が硬い
 
なんと、腰を左右に振れないのです。

この事実を発見したときは、本当に驚きました。

「腰振るって、どうやるんですか・・・?」

そんな完全にカラダが硬化している人は、まず、腰を回す運動から、
是非、やってみてください。
 

3.リズムにあわせてカラダを動かせない
 
ポピュラー音楽は実にフィジカルなもの。
ルーツをたどれば、その多くが、踊るために演奏された音楽です。

リズムとカラダが同調できなければ、
気持ちいい演奏ができるわけもありません。

ノドや腕や足は、それだけで単独で存在しているものではないのです。

 

いかがでしょうか?
心当たり、ありませんか?

 

ちょっとでも、自分ってダウト?と思ったら、
今日から、踊りをはじめましょう。
 

別に、頭でくるくる回れるようになれとか、
足を180度開脚できるようになれとか、言っているわけではありません。

ステップを踏む。
カラダを音楽に乗せて動かす。

これだけです。

 

ダンスレッスンにまで通わなくても、
カッコよくステップを踏んでいる人たちの映像などを参考に、
鏡の前で、ちょっとずつカラダを動かすだけでも違ってくるはずです。

 

音楽とカラダが同調できるようになれば、
歌も演奏も、もっともっと楽しく、気持ちよく感じられるはずですよ。

10545252_s

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

音楽家としての「表現の自由」を謳歌する

「テクニックを身につけるのは、選択の余地を増やすためである」 そんなお話をよくし …

ちゃんと鳴らす!

ヴォーカルのテクニックのひとつに、 「息混じりに歌う」というのがあります。 基本 …

英語の歌詞を完璧に覚えるオタッキーな方法

歌詞を覚えることの大切さについては、 もう、口が酸っぱくなるほど言い続けているの …

オリジナリティ

「オリジナリティにこだわってるんで。」 と、オリジナル曲をやっているバンドや、 …

英語の歌詞が聞き取れない!?

かつて、日本で発売される洋楽のレコードには、 ジャケットと同じ大きさの、大判の歌 …

歌の練習がきっちりできる人の5つの特徴

「練習しなくちゃと思ってたんですけど、なかなか・・・」   状況にもよ …

情報処理のスピードを上げる。

遠〜い昔。 小学校時代の親友に、とってもよくお勉強ができる、 某有名私立中学に一 …

記憶に残る「デキるやつら」は一体何が違ったのか?

かつて、教えていた音楽学校では、ヴォーカルの授業を 定期的にインスト科の生徒たち …

「送り手」になりたかったら、「受け手」と同じことをしていたのではダメです。

「歌が好きだから、毎日歌っているんですよ」という人は、たくさんいます。 毎週のよ …

ザ・集中力!

プレイヤーも、ヴォーカリストも、 いや、おそらくパフォーミングアーティストなら誰 …