大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「そんなことやってても売れないよ」

   

「そんなことやってても売れないよ」

「もっと売れてるもん聞かなくちゃダメだね〜。」

 

若かりし頃、業界の人が言う、この「売れる」「売れない」ということばが、
本当に嫌いでした。

 

音楽ってそういうことじゃないでしょ?

「売れてるもん」とかって、1曲も好きな曲ないのに、どうしろって言うの?

 

業界の人たちの言う「売れる」「売れない」ということばには、
ある種「芸能界」の匂いがあって、
(少なくとも、当時の私にはそのように感じられて)

その匂いがどうにも鼻について、
と同時に、その匂いが苦手な私自身を否定され、拒絶されているように思え、
ますます、嫌いになりました。

ことばは時代の匂いをまとうものですから、
アイドルやニューミュージック全盛であった当時、
洋楽しか興味のなかった私がそう感じてしまったのは、
無理からぬことかもしれません。

 

しかし、です。

 

ここ数年、ビジネスや出版を学んだ事で、
音楽の世界を客観的に見られるようになりました。

そして、「売れる」も「売れない」も、
単なる尺度のひとつに過ぎないと思えるようになったのです。

 

 

ちょっとわかりやすくするために、
自分のつくる作品を、別のもの、
たとえば、「カレーライス」に例えてみましょう。

 

どんな家にもその家のカレーライスがあります。

ある人は「お母さんのつくるカレーライス」が大好きで、
世界一だと思っている。

こんなに美味しいカレーライスを、
世の中の、美味しいカレーを食べたことのない人たちに食べさせてあげたい。
それで、飲食の専門家に、
「うちのお母さんのつくるカレー、めちゃくちゃ美味しいんだけどさ、
これ、もっとたくさんの人に食べてもらいたいんだけど?」
と話したとします。

 

するとその人はこう答えるでしょう。

「ま、カレーは誰でもつくれるからね。ただ美味しいだけじゃあダメでしょ。
なにかわかりやすい特徴とか、売りとかがなくちゃ。」

 

そこで、

 

「わかりやすい特徴って、どういうの?」と聞けば、

「人気店のカレー、食べ歩かなくちゃ。
口コミになるものには、それだけ理由があるからね」

などと言われる。

 

どんなに美味しいものでも、まずは人に知ってもらわなければ、
食べてもらうことはできません。

よしんば食べてもらえたとしても、
自分が美味しいと思うものを、誰もが美味しいと言うとも限りません。

まずは食べてもらうことができなければダメ。
食べてもらうには、口コミを起こさなくてはダメ。
口コミを起こすには、わかりやすい特徴や、人に話したくなる理由が必要で・・・

 

 

料理や、他のものに例えると、「売れる」「売れない」は、
こんなにシンプルでわかりやすくなります。

つまり、音楽を仕事にする以上、
冒頭のようなことばを言われるのは、ある意味、当たり前のことなわけです。

 

 

一方で、シンプルで当たり前のことを言われても、
音楽のこととなると、どうも感情的になってしまうのは、
自分のクリエイトする音楽が、多くの音楽家にとって、
閉じられた、とてもプライベートなものだからではないか。

 

 

 

「お母さんのカレーライス」を美味しいと思うのは、
単に味のせいだけではなく、家族で食卓を囲んだ想い出や、
お母さんの笑顔や、食べるときの自分の心情などのせいでもあります。

そんな、自分のプライベートな世界に踏み込まれれば、
誰だって、嫌な気持ちになるわけです。。。

 

そこをあえて、客観的に見ること。
自分がつくった音楽にまつわる感情を、一旦リセットすること。

それらができて、はじめて、「売れる」「売れない」ということばを、
ことば通りシンプルに受け止めることができるのではないか。

 

 

自分のプライベートな世界に、土足で踏み込まれたくないのなら、
「売れる」「売れない」とは無縁の状況に自分を置くしかないのではないか。

どちらが正しい、間違っているはありません。

自分の選択。それだけです。

スクリーンショット 2016-06-15 1.39.56

 

 - 夢を叶える, 音楽業界・お金の話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

91センチの挫折

自己啓発書の普及の名作といわれる『思考は現実化する』には、 金が採れるといわれる …

自らの夢想の傍観者でいてはいけない。

「MISUMIちゃんの書くような曲なら、俺、100曲書けるぜ。」 ずいぶん昔のこ …

「あなたの勲章なんかに他人は興味ないんですよ」

かつて著者の勉強をするために、 『プロフィール講座』というセミナーに通ったことが …

「天才はみな、オタク?」or「オタクはみな、天才?」

誰に頼まれたわけでもなく、 1円になるわけでもない。 他人から見たら、ただのオタ …

上達するためのプロセス

高い声を出したい。 もっと正確にピッチやリズムを刻みたい。 速いフレーズを的確に …

音楽業界のお金の話

「でさぁ、その歌手にくっついて旅して、バックコーラスやらせてもらうのに、 いくら …

未来を切り開くのは、ひらめき、学び、そして自信。

ひらめきは突然やってきます。 「あ!今、これ、やっといた方がいいわ。」 「おぉお …

「適正」って、「恋すること」なんだ。

「私は、ロックが好きなんですけど、 歌の先生に、キミにはそういう音楽は向いてない …

「歌うことをはじめる」はじめの一歩をどう踏み出すか。

「ずっと歌をやりたかった。」 そんな風に思っている人は、数え切れないほどいるよう …

「どうやったらライブにお客さん、来てくれますかね?」

「MISUMIさ〜ん。どうやったらライブにお客さん、来てくれますかね〜?」 &n …