大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

Proud.〜第2期MTLネクストが終了しました〜

   

昨日、第2期MTLネクストの最終プレゼンテーション、
発表会が終了しました。

2月にスタートした第2期MTLネクスト。

5ヶ月間の講座のゴールは、
自分の歌、自分自身の魅力のすべてを凝縮した1曲、
“キラーチューン”を、
今の自分にできる最高の形に仕上げて、
人前で披露すること。

たった1曲。
それも5ヶ月もかけて?
・・・と思うでしょうか?

しかしね。

たった1曲、いや、ほんの一瞬で、
聞く人の心をつかめなければ、
5曲歌っても、10曲歌っても同じです。

 

自分自身の魅力とは何か?
自分が本当にやりたいのは何か?
選び抜いた曲を最高のパフォーマンスまで高めるには、
どうしたらいいのか?

そんな、ヴォーカリストが絶対に避けて通れない問いの答えを、

自分と向き合い、音楽と向き合い、
頭をかきむしりながら、
脳みそを沸騰させながら、
探し続けた旅でした。

 

今回の発表会の舞台は、
私がPinks Funkというバンドで、
2度ほどライブをさせていただいたライブハウス、
中目黒楽屋さん。

リハーサルはお茶の水のKakadoという、
同じくライブハウスをお借りし、

大槻啓之氏(g)、山内薫氏(b)、鎌田清氏(dr.)、大久保治信氏(key)という、
「え?あの人が?ウソでしょ?」な、
超豪華メンバーにサポートをお願いしての、
私が言うのもなんだけど、
これ以上ないくらい、至れり尽くせりな講座です。

 

諸事情から、講座を最後まで受講できなかった方、
緊急事態宣言を受けて、出演が叶わなかった3名の方たちは、
本当に残念だったことでしょうし、
私も心から残念に思っています。

お店の大幅な営業時間短縮により、
タイムテーブルや運営も大きな変更を余儀なくされました。
お客さんも、10名様限定。

しかし、それでも、
第2期のみなさん、
そして、特別枠でご参加いただいた第1期のみなさん、
あわせて8名のパフォーマンスは、
私の誇りとなる、素晴らしい、
最高のものでした。

それぞれの新たな可能性の扉を開いたのは、
ネクストの講座ではなく、みなさん自身。

キラーチューンを2曲、3曲、5曲、10曲と持つほどに、
ステージもどんどん上がっていくことでしょう。

確かな自信を胸に、
これからも活動を続けてくださいね。

ずっと、応援しています。

(マスクを外しての記念写真。もちろん、感染症対策ばっちりでお届けしました!)

 - B面Blog, Live! Live! Live!, ボイストレーナーという仕事, 夢を叶える , ,

  関連記事

「ちゃんと鳴らす」ってなんだ?

こどもの頃、 メトロノームを力まかせに揺り動かして、 振り子のスピードを速くさせ …

それで、いい声、出せますか?

先日、とある生徒さんのレッスンをしていた時のこと。 ずいぶん小柄な彼女なのに、 …

地球の裏側まで、掘って掘って掘りまくる。

「チャンスをつかむこと」や「物事が好転すること」をたとえて、 「扉が開く」と言う …

ピッチをよくする練習。

「ピッチ悪いね」 歌を志す人が投げ掛けられる苦言で、 これほど辛く、 途方に暮れ …

「なんで電話番号わかったんですか?」

今日、来客中に電話が鳴り、 リビングにいたジェフ夫さんが対応してくれたようなので …

慣れない。飽きない。手懐ける。

先日、母と出かけた、とあるテーマパークでは、 野外で、一日中フリーコンサートを聞 …

自分というエネルギーを全身全霊で表現するのだ。

声はエネルギー。 だから、自分という人間のエネルギーを全身全霊声にして、 聞く人 …

「聞こえませーん」

会議の時、 「聞こえませーん」と言われることが恐怖で、 必死に声を振り絞って話す …

同じ音を、同じ音色、同じ音圧で、 100発100中で出す

人間のカラダは「まったく同じ音」を2回以上出すことはできない楽器。 そんなことを …

確信だけが、人の心を動かす。

「MISUMIさん、バッチっす!OKです!」 レコーディングのお仕事では、 歌っ …