大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

あなたの楽器、いい音出てますか?

   

楽器は音色がすべて。

ピッチを正確にとか、
リズムをしっかりとか、
ダイナミクスをいい感じにとか、
・・・そんなことばかり気にしているうちは、まだまだで。

とにかく、どうやったらいい音色が出せるのか、
プレイヤーたちは日夜研究と練習を重ねているわけです。

 

ギターリストがやたらギターを集めたがるのも、
アンプを並べたがるのも、
エフェクターを買いあさるのも、
「これ!」という音色を求めてのこと。
(と、言い聞かされている)

弦は一瞬で死ぬからと、
1曲弾くたびにギターの弦を変えさせるという、
伝説のスタジオミュージシャンもいます。

腕利きのドラマーほど、
チューニングにこだわるのを、
何度も目撃しています。
 

ピアノだって、管楽器だって、弦楽器だって、
「いい楽器」と言われるものは、
まぁ、びっくりするようなお値段で。

「正確な音が出る楽器」なら、
いくらでも、お手頃なお値段で売っているのに、

それでもみんながこぞって、
「いい楽器」を求めるのは、
やっぱり「いい音色」を出したいから。

楽器は音色。
これに尽きるのです。

 

ところがです。

ヴォーカリストで、
この「音色」に行き着いている人は、まだまだ少ない。

多くの人が、「高い声」とか、「大きい声」とか、
「ピッチやリズムを正確に」とか、
そういう当たり前のところで、ひっかかっている。

 

「安定した声」や「ビブラートのバリエーション」や、
その他、細々したテクニックを習得したり、
「歌は心」と精神論に走ったり・・・

もちろん、どれもこれも外してはいけない大切なことです。

そうやって練習していくうちに、
それなりの音色は出せるようにはなるでしょう。

しかし、プレイヤーなら、
このレベルに至るまでに、
楽器を買い替えたり、
エフェクターをいじったりと、
試行錯誤を繰り返して、
自分なりのいい音色というものに出会っているはずです。

 

ヴォーカリストが音色にこだわれない大きな理由として、
「どうせ声は変えられない」があります。

「いい声」は持って生まれるもの。
音色は変えようがない、と考えている人もたくさんいます。
 

しかし、音色とはさまざまな周波数の組み合わせ。
ちょっとした条件、
厳密に言えば、歯が一本欠けるだけでも、
声の音色は変わります。

ちょっとした条件の違いで、声は変わるのです。
 
生涯たった一つしかもらえない楽器だからこそ、
その音色のポテンシャルを最大限に引き出す努力を、
すべきなのではないか?
 
ライフスタイルや準備の悪さも、
「キャラだから」で片付けて、
勘と気分で声を出していたのでは、
日夜音色と向かいあう、
プレイヤーたちに申し訳ないのではないか?

 

すっごくいい楽器を神様からもらっているのに、
そのポテンシャルを引き出せていない人を、
「フェンダー持ってる小学生」と呼んでいます。
(最近は小学生でも、驚愕の演奏をする子がいますが・・・)
 
あなたのフェンダー、ちゃんと鳴らせていますか?

【第4期 MTLヴォイス & ヴォーカル レッスン12】お申し込み終了間近!
◆通えないという理由でレッスンをあきらめていた方のために【MTL Online Lesson12 10月生受付中!】
◆本日発行予定のヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』ではオンライン12の107シーンの映像より”日本語の子音と母音のトレーニング”を限定公開。ひそかに練習してカツゼツ力をアップしてくださいね。購読はこちらから。

 - The プロフェッショナル, 声のはなし

  関連記事

セルフイメージは声に出る

歌のレッスンをしていると, 歌う前から、「歌えない」「失敗する」と決めている人に …

「シンガー」というキャリアのゴールを描く

プロを目差すシンガーたちには、それぞれのゴールがあります。 ゴールが違えば、歩む …

お金、時間、労力、そして愛情をかける

楽器の人たちが機材をそろえるのに使っているお金、時間、労力は、 並大抵ではありま …

誰も「いい声」になんか、興味ない。

『アラジンと魔法のランプ』の実写版、 『アラジン』が話題です。 こどもの頃、 3 …

「仕事ができない」と言われる人にはワケがある

どんな人が「仕事ができる人」と呼ばれるかは、 業界によって、少しずつ違います。 …

人は生涯に、何曲、覚えられるのか?

優れた作曲家、アレンジャー、プレイヤー、 そして、ヴォーカリストの多くが、 びっ …

「髪の毛一本」レベルで、音の長さにこだわる。~Singer’s Tips #18~

歌の印象を大きく変えるポイントのひとつに、 「音の長さ」があります。 歌い出しの …

「声が低けりゃ威厳を感じるのか問題」を考える。

ヴォーカリストの悩みで一番多いのは、 「高い声が出ない」。 一方で、ビジネスパー …

「送り手」になりたかったら、「受け手」と同じことをしていたのではダメです。

「歌が好きだから、毎日歌っているんですよ」という人は、たくさんいます。 毎週のよ …

「ボイストレーナーなんかいらない人」になるための3つのポイント

昨日、『MTL ヴォイス&ヴォーカル オープンレッスン12』初日、 Unit1と …