大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

くちびるに歌を持て!

   

心に太陽を持て。
くちびるには歌を持て。

ふと、こんな詩を思い出し、ググってみたところ、
ドイツの詩人、チェーザレ・フライシュレンの詩だそうです。

家に閉じこもってばかりいると、
ついつい、下ばかり向いて過ごしがちです。

食べるものがないとか、
着るものがないとか、
寒くて凍えそうだとか、
強制労働を強いられているとか、
そんな激しいことじゃないけれど、
だからなおさら難しい。

見えざる敵とか、
医療崩壊とか、
お金や生活物資の不足とか、

そんな漠然とした不安を、
世界中の人が抱えながら、
みんな、一所懸命、
少しでも普通に過ごそうとがんばってる。

一人でも多くの人命を救おうとがんばってくれている医療現場の方たちも、
(たとえ、それが後手後手だったとしても)
必死にルール作りをしている政府の人たちも、
食べ物を滞りなく届けようとしてくれている物流の人たちも、

この異常事態に現場で立ち向かってくれている人たちには、
心から敬意を払いたい。

だって、なんにもできないもん。
なんの役にも立てないもん。

私たちができるのは、
今このとき、
可能な限り、人に迷惑をかけないように行動すること。

「絶対」はない。
もちろん、ない。

でも、とにかく、自分だけは、
ウィルスを仲介するような存在にならないために、
なにができるか、とにかく、必死に、必死に考えること。

仕事が思うようにできないこととか、
友だちに会えないこととか、
食事やお買い物や美容院にいかれないこととか、
大事なイベントを中止しなくちゃいけないこととか・・・・

そんなことは、
命さえあればきっとまたすぐにできるようになる。

自分は若いから、丈夫だから、大丈夫かもしれない。
家族も元気だから大丈夫かもしれない。

今はまだ大丈夫かもしれない。
自分の住んでいる場所は大丈夫かもしれない。

・・・でも、今は、世界を俯瞰する、大きな視点が必要なのだ。

毎日、下ばかり向いていると、
どんどん気持ちが落ち込んで、ついつい極端なことをしたくなる。
誰かに文句を言いたくなる。
やけくそになったりする。
なんなら、「鬱だ」と、さらに自分を追い込みたくなる。

 

そんなときはね、くちびるに歌です。
もう、これしかない。

歌えることに感謝する。
音楽を楽しめることに感謝する。
「へたくそ」「うるせえなぁ」と文句言えることに感謝する。

カラオケなんかなくなって、歌える歌はいっくらでもありますからね。

 

 

 - A面Blog

  関連記事

「クリエイトすること」そのものに愛情を持てるか。

最近、わけあって、 Youtubeをあれこれサーフィンする機会が増えました。 今 …

台風一過。

まだまだ台風19号の爪痕に苦しんでいらっしゃる方も多いと思います。 心からお見舞 …

人生は旅である。まだまだ当分旅する予定。〜超私的振り返り記録〜

昨日、無事に今年最後のレッスンを終え、 今日は今年1年の振り返りをしています。 …

パラレルワールド

今朝、目が覚めた瞬間に、 ふと、渋谷のスクランブル交差点のようすが、 フラッシュ …

人に会うな!

「人に会うな!」 実に強烈なメッセージです。 ミュージシャンは人に会ってなんぼの …

「恐れ」ではなく「意識」を持つ。

コロナ問題が起きてから、 海外のあちこちに住む友人たちとコンタクトをとっては、 …

「奥さんのとこ、まだテレビ、白黒なんですか?」

先日、生徒さんと話していたら、 「え?先生、Youtube、まだパソコンで見てる …

悪意の不在

ニューヨーク時代、 毎日のように遊んでいたアメリカ人の友人D君が 長期の予定でブ …

12月17日 PINKS FUNK Live

*BlogをAB面統合したので、 これからはこちらにも時々ライブinfoが登場し …

世の中には、「カッコいい人」と「それ以外」しかいない。

「MISUMIぃ、お前さぁ、化粧品減って仕方ないだろぉ〜。 ハ〜ッハッハッハッハ …