大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「運」を手に入れる方法

   

「どんなに才能があっても、どんなに努力しても、運がないヤツは成功できない」

そんなことばを聞くたびに、暗澹たる気持ちになる人も少なくないはずです。

何年もがんばってるのに、ちっともいい話がこない自分を尻目に、
後からやってきた、たいして能力があるとも思えない若造が、
ひらりと自分を飛び越えて、喉から手が出るほど欲しいポストを手に入れる。

そのたびに、激怒して、嫉妬して、自己嫌悪に陥って。
「運も実力のうち」というのなら、自分には実力なんてないのかもしれない。
もう諦めた方がいいのかな・・・なんて、ため息をつく。

運を手に入れるために、あらゆることを試す人もいます。

パワースポットをめぐり、占い師に会い、
スピリチュアルに傾倒し、なんちゃらストーンを身につけ・・・

おかげで運が開けた、ツキが回ってきた、という人もいれば、
何をやってもさっぱりだ、という人もいたりします。

本当はどうなのでしょう?
なぜ世の中には、何でもうまく行く人と、
何をやってもイマイチな人がいるのでしょう?

以前読んだ『たまたま』という本に、
「物事が起こる確率は、常に一定である」というような記述がありました。

(少々うろ覚えで申し訳ないのですが・・・)

つまり、ツイテるAさんにいいことが起きる確率も、
ツイテないBさんにいいことが起きる確率も、統計的には同じだというのです。

たとえば、くじ引きで大当たりを引く確率を1%とするなら、
はじめて引いたくじで、いきなり大当たりを引くAさんは、
ただ、「ツイテいるように見える」だけ。

「ツイテないように見える」Bさんも、
しかし、後99回くじを引けば、必ず1度は当たる。
その1度が何回目にくるかの違いだけだ。

ということだそうです。
「な〜んだ、じゃ、1回目に当たりがくるやつは、やっぱりツイテるんじゃん」
と思うかもしれませんが、
この考え方は、「当たりくじはツイテる人にしか出ない」
という悲観的な考え方と大きく違います。

100回引けば、誰でも大当たりが出るなら、
ひたすら、当たりが出るまで引き続ければいいだけだからです。

たいがいの人は、10回も引かないうちに、あきらめます。
30回引いてもダメなら、他のくじ引きを試そうとします。
50回越える頃には、自分には才能がないのだ、と心が折れます。
70回あたりで、もう潮時だ、と悟ります。

ちなみに、当たりが出る前に他のくじ引きに乗り換えれば、
新たに100回の1回目から引き直すことになるわけで、
これでは、一生当たりくじは出ないことになります。

そう考えると、
自分の未来をひたすら信じて、
淡々と、結果が出るまでひとつのことを続けられるかどうかが、
運を開くカギを握っているのかもしれません。

同時に、くじを引く頻度とスピードを上げることもポイントでしょう。

心が折れるのは、体力や情熱が衰えるから。
丁寧に取り組むことは大切だけど、
ぐずぐずしたり、時間をかけすぎたり、躊躇したりするほどに、
1%を手に入れるまでの時間は遠ざかっていくのです。

信じること。続けること。可能な限り急ぐこと。
運を手に入れるには、それしかない。

そして、一日でも、1回でも早く、大当たりが出るように、
・・・祈りましょう(^^))

31054479_s

 - 未分類

  関連記事

no image
夢のチカラ

「こんなことができたらいいな。」 「こんな風になれたらいいな。。」 毎日のように …

no image
技術によって人間は進歩するのか、退化するのか?

技術によって人間は進歩するのか、退化するのか? はじめてレコーディングのお仕事を …

no image
見せ方のうまい人の共通点

自分をどう見せたいか。どう見せるべきか。 人前に立つときのスタイルは誰もが気にす …

no image
「からだレベル」でグルーブを感じる

8ビートは4分の4拍子の8分音符が8つで、16ビートはその倍で・・・ アクセント …

「あきらめない」というチカラ

年越しに寄せて。 今年、私が学んだ一番大切なこと。 それは、「あきらめない」とい …

no image
ショービジネスの世界で生きるということ

昨夜はレッスンを受け持っているアーティストのライブに行ってきました。 初めての大 …

no image
疑問、質問、聞きたい話、ありますか?

脳内にどんどんわき上がってくる、ことばの断捨離の目的で、 ブログを可能な限り毎日 …

no image
オトナなんて怖くない。〜アーティストたちの「大物」エピソード〜

これまで、たくさんのアーティストやその卵たちの指導をしてきました。 関係者の方た …

no image
話す発声と歌う発声?

「話す発声と歌う発声って違うんですよね?」 よく耳にする、不思議な疑問文です。 …

「仕事を舐めれば、仕事に舐められる。」

少し前のこと。 生徒のひとりが、 「先輩にデモの仮歌を頼まれて、 昨日レコーディ …