大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

演奏がイケてないのは、リハを録音してないから!?

      2015/04/19

「この間のリハがうまくいかなかった。」
「なんか、うちのバンド、上達しないんですよね。。。」
「自分たちの演奏とか、自信なくって」
そんな相談を受ければ、もちろん、私はこう言います。
「リハの音源、聞かせてみて」
驚愕するのは、そういう風に言う人に限って、
リハーサルを録音していないということ。

「え?だって、録音して聞いてみなくちゃ、
どこがどうイケてないか、何が原因なのか、
実際に自分の演奏がどうなのか、わからないじゃないの〜〜!?」

そうなのです。

イケてない人に限って、リハーサルや自分の練習を録音していないのです。

アマチュアバンドでも同じ。
学生たちのアンサンブル授業でも同じ。

なんでやねんっ!

プロでも、一流どころは、みな、自分たちの演奏を録音してチェックしています。
これをやっているか、やっていないかは、
本番の演奏に大きく関わってくるからです。
理由は・・・

1. リハーサル中は自分が演奏することに忙しくて、またはPA等の状況のせいで、 まわりの音を聞けない

自分の演奏でいっぱいいっぱいの状況では、
まわりの人の音は耳に入ってきません。

また、たとえ、ベテランでも、長年一緒に演奏をしているバンドでも、
慣れない環境で音出しをしながら、細かい音まで聞くことは不可能です。

また、リハスタなどはPA等が充実していないことがほとんどなので、
録音する場所を変えて、自分の耳が拾えない音を聞くことも大切です。

2. 自分自身の演奏を客観的に聞けない

ゴルフや野球のスイングはじめ、スポーツのフォームは、
後からムービーでチェックして、はじめてわかるものです。

自分自身の筋感覚と、実際のフォームが一致しているとは限りません。

また、特にボーカリストや管楽器奏者のように、
楽器がカラダの一部になっている場合は、自分が出しているつもりの音と、
周囲の人が聞いている音は違うのが当たり前です。

他の人が聞いている音をチェックすることなしに、いい演奏はあり得ません。

3. 全体の演奏がなんとなくしっくりこない原因は、
楽器を置いて、冷静に聞いてみないとわからない。

演奏がうまくいかない原因は、演奏家個人の腕だけとは限りません。

実際に他の人はどんな音やグルーブで演奏をしているのか、
ボイシングや音色はうまく混じっているか、
タイミングはどうか、
複数の楽器のアンサンブルはうまくいっているのか・・・
客観的に聞いてみないとわからないことはたくさんあります。

とりあえず、自分が間違えないで演奏できていればいいや、
というレベルは、一日も早く卒業して、
アンサンブルというレベルで、音楽を語れるようになりたいものです。

まずは、次回のリハから、録音して、じっくり聞いてみましょうね。

バンドメンバー全員で聞いてみるのも、緊張感があっていいものですよ。

9113292_s

 - イケてないシリーズ

  関連記事

「イケてないアンサンブル」を打破する方法(準備編)

大学や専門学校のカリキュラムの中には、 与えられた課題曲を、バンド形式で演奏する …

まず、やれ。文句を言うのはそれからだ。

「あの程度のコード進行の曲なら、その気になれば何曲でも書けるぜ。」 「こいつ、こ …

「そんなピッチで気持ち悪いと思わない自分をなんとかした方がいいよ」

「ああ〜〜、やめてぇ〜〜、気持ち悪いぃ〜〜〜っ」 音楽がなんとなくわかった気にな …

「機材がない」を言い訳にしない。

時折、アーティストの卵たちや、学生たちに、宿題を出します。   その時 …

一所懸命やりがちな、『イケてない練習』

「歌ってどうやって練習しているの?」 レッスンを担当することになったボーカリスト …

no image
「一生うまくならない人」

いろいろなところで、「歌は誰でもうまくなる」と書き続けてきました。 今でもそれを …

「はい、はい。わかった、わかった。」

「あんた、あんたって、、、んん〜〜っもう、ったくぅ〜〜。 く・・・くやしいぃいい …

「なんとなく」や「しかたなく」でキーを決めない。

作曲、作詞、アレンジ、レコーディング・・・ 作品づくりにはさまざまな過程がありま …

上達しないアマチュアに共通のマインド

最短で歌や楽器を上達する方法として、 多くのスーパープロが勧めるのは、完全コピー …

「イケてないデモ音源」の作り方?

以前、プロへの突破口『デモ音源の渡し方?』という記事を書きました。 プロになりた …