大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

年齢が気になりますか?〜チャンスはいつもフィフティ、フィフティ〜

      2015/07/29

なかなか将来の見えなかったアマチュア時代。
周りの友人たちは次から次へとお仕事をゲットしたり、デビューを決めたりする中、
私はといえば、特定のバンドもない、業界に知り合いもいない、
自分の歌を褒めてくれる人もいない・・・
プロの世界ははるか彼方。

いたずらに時ばかりが過ぎ、自分自身は、
「重い重い鉛の玉を引きずりながら、
先の見えない荒野を、ひとり、とぼとぼと歩き続けているようだ」と感じていました。

そんなとき、気になったのは、
デビューした人、成功した人たちの年齢。

何才で見出されたか?
何才で成功したのか?

そんなことを知ることで、自分にはまだまだ時間がある、
まだまだチャンスはあると、思いたかったのでしょう。

シェリル・クロウがブレイクしたのは31才。
ティナ・ターナーがソロで成功したのは43才。
ベット・ミドラーがローズに主演したのが34才
シュワルツネッガーがブレイクしたのは44才。。。。
ネットのない時代。
それでも、必死にそんなことを知りたくて、
ラジオに耳を澄まし、雑誌を立ち読みしていた気がします。

 

そして、そうしたことを気にする癖は、
今現在も変わらずに、私の中に染み込んでいます。
まだまだやれる。
まだチャンスはある。

そんな勇気をくれる人たちに、心から敬意を表し、憧れを抱いています。

ピカソは91才で亡くなるまで作品を作り続けた。
つまり、彼にとって、30代、40代の頃の作品は、まだ中期にもならない。

レイ・クロックがマクドナルドを設立したは52才。
最年長で合衆国大統領になったのはレーガンで69才。

ジーナ・ローランズが代表作『グロリア』に主演したのは50才のときで、
メリル・ストリープは66才にして、未だに、若手名女優を抑え、
毎年のようにアカデミーにノミネートされている。。。

雲の上の話でしょうか?
不毛な数字のゲームでしょうか?

寿命も運命も、わからないのに、そんな話をするのは意味がないでしょうか?
「可能性はいつもフィフティ、フィフティ」というのが私の持論です。

自分自身にとっては、「当たるか、はずれるか」どちらかしかありません。

確率で何かを語るのは、無意味なのです。

最善を期待しても、最悪を恐れても、結果は変えられないなら、
なぜ、死刑宣告を受けたかのように、悶々鬱々と時間を過ごすのでしょう?

夢を与えてくれる先駆者達の背中を追いかけ、
可能性を信じて、ただただ明るい面だけを見つめて、駆け抜けないのでしょう?

年齢なんて関係ないと。
すべてはState of mind、心のあり方だと。

そして、信じる限り、ずっと確率はフィフティ、フィフティのままだと。

この世を去る瞬間まで、そう信じる心を失わないでいられたら、
さぞかし幸せな人生ではなかろうかと思うのです。

 

10119513_s

 

 

 

 - Life, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

バンド仲間の悪口は言わない

もう何十年も前のこと。   大好きなメンバーと、かなり楽しくやっていた …

「○○っぽくないね。」と言われたときこそ、チャンス。

ハードなロックシンガーを目指しているのに、 「癒やし系だね」などと言われたら、 …

声の変化と向き合う vol.2〜変化を受け入れ、味わい、楽しんだものが勝ち

「声の老化」についての第2回です。   第1回は、年齢を免罪符にせず、 …

何を言われても、自分がぶれなきゃよくないですか?

少し前まで海外には、 「日本人はいまだにちょんまげ結って、着物着ている」 と思っ …

「可能」を生きる

「一体いつから、できない理由を先に数えるようになったんだろう。 可能性に胸躍らせ …

オーディション詐欺!?・・・久々にぶち切れました

まず、ハッキリと言っておきたい。   オーディションというのは、 事務 …

変化することは人間らしさ、自分らしさの一部

すべては、時と共に変化します。 変化しないものは、死んでいるもの。 後は腐敗する …

あなたが結婚式で歌って欲しい洋楽曲、なんですか?

職業柄、 結婚式などの余興で歌を頼まれることがよくあります。 2人の若者にとって …

鈍才は総合力で勝負なのだ

【生まれてこの方、真面目に練習なんかしたことがない」という天才がいます。 こども …

「会いたい」というエネルギー

卒業式で「じゃ、またね」と別れて、 それきり一度も会っていない友達、何人くらいい …