大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

年齢が気になりますか?〜チャンスはいつもフィフティ、フィフティ〜

      2015/07/29

なかなか将来の見えなかったアマチュア時代。
周りの友人たちは次から次へとお仕事をゲットしたり、デビューを決めたりする中、
私はといえば、特定のバンドもない、業界に知り合いもいない、
自分の歌を褒めてくれる人もいない・・・
プロの世界ははるか彼方。

いたずらに時ばかりが過ぎ、自分自身は、
「重い重い鉛の玉を引きずりながら、
先の見えない荒野を、ひとり、とぼとぼと歩き続けているようだ」と感じていました。

そんなとき、気になったのは、
デビューした人、成功した人たちの年齢。

何才で見出されたか?
何才で成功したのか?

そんなことを知ることで、自分にはまだまだ時間がある、
まだまだチャンスはあると、思いたかったのでしょう。

シェリル・クロウがブレイクしたのは31才。
ティナ・ターナーがソロで成功したのは43才。
ベット・ミドラーがローズに主演したのが34才
シュワルツネッガーがブレイクしたのは44才。。。。
ネットのない時代。
それでも、必死にそんなことを知りたくて、
ラジオに耳を澄まし、雑誌を立ち読みしていた気がします。

 

そして、そうしたことを気にする癖は、
今現在も変わらずに、私の中に染み込んでいます。
まだまだやれる。
まだチャンスはある。

そんな勇気をくれる人たちに、心から敬意を表し、憧れを抱いています。

ピカソは91才で亡くなるまで作品を作り続けた。
つまり、彼にとって、30代、40代の頃の作品は、まだ中期にもならない。

レイ・クロックがマクドナルドを設立したは52才。
最年長で合衆国大統領になったのはレーガンで69才。

ジーナ・ローランズが代表作『グロリア』に主演したのは50才のときで、
メリル・ストリープは66才にして、未だに、若手名女優を抑え、
毎年のようにアカデミーにノミネートされている。。。

雲の上の話でしょうか?
不毛な数字のゲームでしょうか?

寿命も運命も、わからないのに、そんな話をするのは意味がないでしょうか?
「可能性はいつもフィフティ、フィフティ」というのが私の持論です。

自分自身にとっては、「当たるか、はずれるか」どちらかしかありません。

確率で何かを語るのは、無意味なのです。

最善を期待しても、最悪を恐れても、結果は変えられないなら、
なぜ、死刑宣告を受けたかのように、悶々鬱々と時間を過ごすのでしょう?

夢を与えてくれる先駆者達の背中を追いかけ、
可能性を信じて、ただただ明るい面だけを見つめて、駆け抜けないのでしょう?

年齢なんて関係ないと。
すべてはState of mind、心のあり方だと。

そして、信じる限り、ずっと確率はフィフティ、フィフティのままだと。

この世を去る瞬間まで、そう信じる心を失わないでいられたら、
さぞかし幸せな人生ではなかろうかと思うのです。

 

10119513_s

 

 

 

 - Life, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

誰もが、自由に歌えるカラダを持っている。

もしも、何も考えず、なんの苦痛もなく、 どんな曲でも、素晴らしい声で自由に歌えた …

「好きだから」っていう動機が一番すごい!

「キミのためなら死ねる」 『愛と誠』という漫画の脇役である岩清水くんの名セリフで …

あぁ、時は不思議に巡るのです。

「MISUMIちゃん、日本にもいい音楽いっぱいあるよ。 たまには、日本の音楽聴い …

「やりたい」と「やる気がある」は月とスッポンほど違うんだ。

先日、著名なアーティストの方と、 その方のお子さんが、 「音楽に興味があると言っ …

「あなたのアイドルは誰ですか?」

「あなたのアイドルは誰ですか?」   いえいえ。 今日は、「ルックスが …

まず、やれ。文句を言うのはそれからだ。

「あの程度のコード進行の曲なら、その気になれば何曲でも書けるぜ。」 「こいつ、こ …

「人生のピーク」なんて、死ぬまでわからない

世界的に活躍し、海外の大きなホールでコンサートなども行ったことのある、 ミュージ …

シンプルでもいい。複雑でもいい。「生きる」を楽しむ。

学生時代、小笠原の父島という島を、 友人たちと共に自転車を担いで訪れたことがあり …

限りない偶然に選ばれてきた「特別な自分」

一瞬の選択で人生は大きく変わります。   もしもあの時、あの瞬間にラジ …

人生で大事なことは、みんなバンドから教わった

バンドって、うまく行ってるときは、 「これほど素敵なものはない!」と思えるくらい …