大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ボイトレにストレッチって、必要ですか?

      2017/10/10

ボイトレをはじめると、必ずと言っていいほどやらされるのがストレッチです。

やれ「股関節を柔らかく」とか、「大腰筋が硬直しているとなんちゃら」とか、
いろいろ説明されるわけですが、
じゃあ、声を出すのにストレッチとか柔軟性ってMUSTレベルで必要なんでしょうか?

はい。答えはもちろん、”NO”です。

ガッチンゴッチンにカラダの硬い人にも美声の人、
歌が強烈にうまい人はもちろんいますし、
ストレッチなんか生まれてこのかたやったこともない人でも、
見事ないい声でスピーチを決めてくれる人もいますよね?

だから、やりたくなかったらやる必要はないし、
カラダが硬いくらいで「歌の才能がないかも」とか、
思っちゃうのも全然違うわけです。

これがおなじみ、MISUMIの「なんでもあり理論」です。

「え?でも、MISUMIさん、めっちゃ毎回ストレッチとかやらせるじゃないですか〜」

はい。そーなんです。
こんなこと言っている私ですが、
私のレッスンでは、ストレッチはもれなくやっていただきます。

理由は以下の5つです。

1.カラダの細部と繋がっている感覚を得ることで、より気持ちよく声が出せる
2.硬直している筋肉をほぐし、リラックスすることで、
カラダの各部分が、それぞれの最大限のパフォーマンスを実現しやすくなる

3.発声も運動と同じで、ウォーミングアップをすることでレッスン効率がアップする

4.自分のカラダの状態やクセを知ることで、結果が早く出る

5.ゆったりとした呼吸とカラダのムーブメントを連動させることで、
よりよい発声のコツやタイミングがつかみやすくなる
つまり、トレーニングの効率や効果を上げ、よりよい結果を、一日も早く出すためには、
「ストレッチしっかりやって、カラダ、柔らかくしておいた方がいいと思いますよ」
ということなのです。

というわけで、みなさんも、やりたくないなら無理にとは申しません。

でもね。やった方がいいと思いますよ〜〜(^^)

 

 - カラダとノドのお話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

いつもベストな状態でパフォーマンスしたいなら

声の調子が悪いというと、のど飴をなめる。 目の調子が悪いといえば、目薬をつける。 …

地上で最も完璧な楽器

ピアノ。アコースティックギターやヴァイオリン。 管楽器たち・・・ 歴史ある楽器た …

音楽家なら、カラダの不調を「職業病」で片付けない 

演奏や歌唱はカラダをつかうお仕事ですから、 ミュージシャンはいわば肉体労働者。 …

ネックの曲がったギター vs. 姿勢の悪いヴォーカリスト

姿勢やフォームが悪いヴォーカリストは、 ネックの曲がったギターに例えるのがもっと …

声の変化の分岐点を探す

今日のA面ではダイエットの話を書きました。 自分のカラダの変化の分岐点を見つける …

no image
めんどくさいけど大事な「呼吸の話」

今日はちょっとマニアックに呼吸のお話をしましょう。 肺はあばら骨の中いっぱい、左 …

no image
声帯さまってすごいんです

声帯ってどんなものか知っていますか? 声にトラブルを持ってお医者さんに行ったとい …

声が不調な時に自分にする12の質問

「なんか、ここ1ヶ月くらい、ノドの調子が悪くって、声がよく出ないんです。 練習し …

声帯様、ごめんなさい。

“鉄のノド”、MISUMIです。 いや、”鉄 …

無駄な力を抜く!〜そんな筋肉つかいません!〜

「力を抜いて!」 「リラックスして!」 「力まないで!」   このこと …